2018年4月 4日 (水)

N700系に乗って浜松へ

ここ数年新幹線に乗っていないので、最後に乗ったのが 700 系車両。実はまだ N700 系は未体験なのだ。と言っているうちに N700A が就役し、既存の N700 系も、ほぼすべて N700A に改装されてしまった。そして今年 N700S がロールアウトしたので、間もなく N700A も順次 N700S に切り替わるだろう。というわけで、旧 N700 は逃したが、スタイルの同じ N700A には今のうちに乗っておきたいと思って、今日は地元の三河安城駅から学生時代に暮らした浜松まで行くことにした。我が家の最寄り駅は JR 安城駅なので、まずはそこから一駅東海道本線に乗り、三河安城で新幹線に乗り換えて、浜松に向かうことにする。こだまではまだ 700 系が運用されているので、事前に時刻表で調べて、間違えないように N700 で運行される列車に乗る。N700A は新型のラージ A か、旧型の改装スモール A かは、時刻表ではわからないが、こだまはまだほぼすべてスモール A のようだ。安城駅から浜松駅までの動画はこちら。
2018040401 午前中に浜松に着いたので、まずは徒歩で浜松城公園に向かう。1週間前なら満開の桜に囲まれた浜松城が見えただろうが、残念ながら今日はほぼ葉桜状態。浜松城は浜松市の中心部、市役所の隣に建つ小さな城であるが、高台の上に築城されているので、天守閣からの眺めは素晴らしい。浜松に住んでいるときにここに来たのは1度だけで、それ以来一度も来ていないので、実に35年ぶりとなる。
2018040402 更に徒歩で北に向かい、わが母校に到着。学生時代でも何度かは駅から大学まで歩いたことはあるが、ほとんどはバスを利用した。さすがにこれだけ歩くと疲れるので、帰りはバスにしよう。校舎がかなり増築され、古い校舎も耐震工事や改装が重ねられ、もはやまったく別の風景である。
2018040403 3階の角部屋に私の研究室があった校舎も、そのまま残ってはいるが、見違えるほどきれいになってしまった。壁も窓もピカピカで、ブラインドも壊れていないし、換気扇周りも汚れていない。昔は国立大学と言えば、ボロくて汚いと決まっていたのに。
2018040404 さて、大学を後にしてバスで浜松駅まで戻る。驚いたのは遠鉄バスの料金が、35年前とほとんど変わっていなかったこと。そして次に向かったのが、以前から一度行ってみたかった、楽器博物館。ここには世界中の古今東西あらゆる楽器が展示されている。私が大学を卒業して浜松を離れてからできたので、なかなか来る機会がなかったのだ。
2018040405 なにやらよくわからない民族楽器もあれば、ピアノやチェンバロがずらっと並んだフロアもある。2段鍵盤の大型チェンバロなんて、今ではなかなか見られるものではないし、現在の大量生産の工業製品ではない、凝った手作りのピアノもたくさんある。
2018040406 しかし今回私が一番見たかったのはこれ。トーンホイールのハモンド C-3 である。B-3 は何度か見たことがあるし、ちょっとだけ弾いたこともあるが、C-3 の実物を見るのはこれが初めて。ジョン・ロードやキース・エマーソンがゴリゴリ弾いていた、あの C-3 である。
2018040407 こちらはもちろん定番の B-3。ジミー・スミスがガリガリ弾いていたやつ。レスリー 122 も並べて展示してある。B-3 スタイルのオルガンは電子化された物が、B-3000、XB-3 そして New B-3 と、現在にわたって継続して生産されている。
2018040408 そしてこれも日本では非常に珍しい A-100。上記の C-3 と B-3 と A-100 は中身は同じであるが、キャビネットの違いによって、それぞれ販売先が分けられていた。B-3 は主にアメリカでジャズミュージシャンを中心に、C-3 は主にヨーロッパでホールや教会等に、スピーカ内蔵の A-100 は学校や家庭用に。
2018040409 浜松にはヤマハ、カワイ、スズキ、ローランドといった電子楽器の世界的メーカーがそろっているので、ここには LM 系の電子楽器や電気楽器も豊富に展示されている。ハモンドだけでなく、あの名機やあの名機がずらり。どれもデジタル楽器で代用できるものではないのだ。
 

| | コメント (2)

2018年3月24日 (土)

近所の神社に春が来た

2018032301_2 まだまだ咲いているのは1割以下だし、大きく開いている花はもっと少なく、まだ開きかけたボールのような花がほとんど。しかし膨らんで破裂しそうなピンクのつぼみがいっぱい。毎日通る道だから、これからは毎日じっくり観察して、できるだけ写真を撮ろうと思う。
2018032302 ソメイヨシノは完全に開花してしまうと、ほとんど真っ白だが、こうしてつぼみと花が混ざっているときは、ちょっと遠くから見ても鮮やかなピンクが美しい。1週間後には花見ができるほど開花しているだろうが、今が一番春の訪れを感じさせる時かもしれない。

| | コメント (0)

2018年3月14日 (水)

デンパークで河津桜を撮る

2018031401 ソメイヨシノやほかの桜より一足先に咲く河津桜。今年もデンパークに撮りに行ってきた。まだ満開ではなかったが、十分見頃だ。正面ゲートから園内に入ってしばらく歩くと、鮮やかなピンクが目を引く。今日は快晴で蒸し暑ささえ感じるほどだったので、上着もなしで、のんびりと撮影を楽しむことができた。
2018031402 桜の中でも特に色が濃いので、こうしてアップで撮っても、花びらはくっきりとピンク色だ。これとは反対のほぼ白に近い薄墨桜ももうそろそろ咲く頃だが、残念ながら17日まで園内の改装工事で、ちょうど薄墨桜のあるところには入れなかった。おそらく工事が終わる頃に咲き始めるだろう。
 
 

| | コメント (0)

2018年3月 7日 (水)

公園の梅を観察

2018030701 いつもの公園にそろそろ梅が咲いているだろうと、様子を見に行ってきた。あいにくの曇り空だったが、おかげでコントラストが弱く、画像処理しやすい絵が撮れた。見ての通り、まだ満開というわけにはいかないが、濃い色のつぼみから、白く開いた花まで、色とりどりで美しい。
2018030702 紅梅はかなり咲いているので、三分咲きの白梅をバックに撮ってみた。ここの梅はかなり高い位置に咲くので、カメラをファインダーから液晶モニタに切り替えて、両手で持ち上げて、更に背伸びして撮るしかない。長時間続けていると、腕や足がプルプルしてくるので、リズミカルにどんどん撮らないといけないのだ。
2018030703 梅を見終わったら、いつも通り動物園の方に移動。女の子クジャクが、初めて檻の前まで来てじっとしていた。今まではカメラを持って近づくと逃げてしまったのに、ようやくこの環境に慣れてきたのだろう。もちろん男の子クジャクのように攻撃的ではないので、カメラをくちばしでつつかれることもなかった。
2018030704 コイツは相変わらずだ。この目つきからして、こちらの隙を狙っている。この後、いつも通り飛び蹴りを食らい、差し出した指を噛まれて遊ばれる。
 

| | コメント (0)

2018年3月 4日 (日)

東海道松並木を散策

2018030401 我が愛知県安城市の北東の外れ、岡崎市に隣接するところで、旧東海道が国道1号線と分岐する。その三角地帯にちょうどマクドナルドがあって、我が家からは少し離れているが、仕事帰りにちょっと寄り道する程度なので、よくここでコーヒーを飲んで休憩する。写真では見えないが、マクドナルドの向こう側が国道1号線である。そしてこの旧東海道こそ江戸時代から続く松並木が保存された場所なのだ。つまりこのマクドナルドは、1号線を走る長距離トラックの運転手も、江戸に向かう大名も、どちらも利用できるというわけである。
今までこの由緒ある場所で写真を撮ったことがなかったので、マクドナルドに入る前に記念の1枚。

| | コメント (0)

2018年1月 3日 (水)

三河湾スカイラインを走る

2018010301 数年前に大規模な落石があって、しばらく閉鎖されていたのだが、ネットで去年開通したらしいとの情報を得て、今日は久しぶりに三河湾スカイラインを走って来た。愛知県幸田町から遠望峰山(とぼねやま)を越えて蒲郡市に抜ける16kmのドライブウェイである。以前は有料道路で整備が行き届いていたのだが、無料化されてから舗装も荒れ放題で、もう走り屋の聖地ではなくなってしまったので、すれ違うバイクもかなり少ない。しかし今日走ってみたら、NDロードスターの遭遇率が50%超えでびっくり。まあ確かにこの辺りでロードスターに乗っていたら、必ず走りたくはなるのだが。私もずっと昔に TE55 レビンに乗っていた頃は、毎週通っていたし。

2018010302 舗装が荒れて以前ほど速くは走れないとはいえ、ここを全工程走ると、やはりかなり疲れる。トラクションコントロールを装備した現代の車だと、登りはアクセルを踏んでいれば、それなりに速く走れてしまうが、下りはブレーキとシフトダウンが勝負なので、横Gに耐えながら、左足ブレーキを続けていると、下りきった頃には膝がガクガクしてくるのだ。蒲郡側出口のすぐ先にあるマクドナルドで一休み。汗をかいた後のチョコレートサンデーがうまい。

 

| | コメント (2)

2017年12月29日 (金)

真冬の公園で

2017122901 この地方の12月としては異例に寒い今年の冬。一昨日には雪が降ったし、今日も晴れているとはいえ、空気が重く冷え切っているような感じだ。この寒さの中で、公園の動物たちが気になったので、様子を見に来た。
2017122902 コイツは相変わらず。私の姿を見つけると、止まり木から飛び降りて一目散に走って来た。カメラを持ってケージの周りを歩くと、私の後をついてくるし、金網から指を入れると噛みついてくる。いつ見ても元気いっぱいだ。
2017122903 女の子クジャクは男の子の後について、かなり近くまで来てくれるようになったが、小さな川を越えてこちら側に来ることはないし、私から近づくと逃げてしまう。羽を広げているところを初めて見ることができたが、子供たちもいなかったし、男の子クジャクに見せているわけでもないようだ。
2017122904 ポニーのさくらちゃんは部屋の中でご飯の時間だったが、私が呼んだら「ひひぃ~んぶるるるる」と言いながら、口の周りに草をつけたまま走って来て、この後檻越しに鼻をスリスリされた。ウマヅラだけど相変わらずかわいい女の子。
2017122905 そしてシカはやっぱり無反応。食べ物を持っている素振りでも見せれば、わさわさと寄ってくるのだが、声をかけたくらいでは関心を示さない。さすがに今日は寒さを感じているのか、数匹ずつでかたまりになっていた。
 

| | コメント (0)

2017年12月17日 (日)

地域ネコ活動に参加して

2017121701 地域ネコのボランティアで今日は霊園の清掃。久しぶりにネコたちに会ったが、ちゃんと覚えていてくれて、みゃうみゃうう言いながらすり寄ってくる。まずは両足を骨折してしまった母ネコ。もう足はほとんど動かなくなってしまったが、鼻水も目ヤニも出ていなくて健康そうでひと安心。歴代のここの長老は本当に人懐っこくていい子たちばかりだ。
2017121702 続いて息子の黒ネコ。みんな元気でおいしいものをもらっているせいかコロコロに太っていたが、とても野良ネコとは思えない堂々たる体つき。毎日来るおばさんに手入れしてもらっているとはいえ、ツヤツヤである。
2017121703 牛柄子供たちの一人、ヒゲ印の雄ネコ。この子もかなり大きくて、まるまると太っている。以前は雄の野良ネコは縄張り争いで地域に1匹しか生き残れなかったのだが、地域ネコ活動で去勢するようになってからは、みんなで仲良く暮らしている。
2017121704 この子もここではずいぶん長い、キジトラの女の子。性格がおとなしいので、我先にと撫でてもらいに来たりはしないが、逃げるわけでもなく、ポーズをとって写真を撮らせてくれる。身体は男の子たちに比べると一回り小さいが、やっぱり肉付きが良くコロコロだ。
2017121705 そして野良にしておくのがもったいないくらいの美しいブルーアイ。ちょっと警戒心が強いので、なかなか触らせてくれないが、いつもカメラ目線で写真を撮らせてくれるから、過去にもいいショットがいっぱいある。
2017121706 元気よく木登りしている女の子。見て分かる通り、お腹はフサフサで真っ白である。避妊、去勢を徹底してから、本当にネコたちがきれいになった。こういう美しいネコを見ると、やっぱり地域ネコ活動は重要なんだと思う。
今回霊園の掃除に参加してハッキリわかったのは、確かに野良ネコは時々道路にフンをしたりするが、ここの霊園を汚しているのは、人間が捨てたゴミや吸い殻の方が、はるかに多かったということ。排除すべきはネコじゃなくて、質の低い人間なのは間違いない。

| | コメント (2)

2017年12月16日 (土)

いつものおもしろ動物たち

2017121601 今日は我が家の末娘ネコのめるの2度目の予防接種。獣医さんのところには相変わらずおもしろ動物たちがいっぱい。まずはいつもの大きなフクロウ。私が声をかけると、ちゃんと覚えてくれているのか、いつも小さな声で何やらうにゃうにゃしゃべってくれる。カメラを向けても驚かないし、ケージの隙間から少し指を入れてナデナデしても平気である。
2017121602 普段プールの中にいるオットセイが、今日は珍しく陸に上がってお昼寝中。イヌやネコも飼い慣らされるとお腹を見せて寝るようになるが、まさかオットセイにもそんな性質があるとは。ってことは、やっぱり哺乳類にとって、仰向けで寝るってことは気持ちいいことなのだろうか。

| | コメント (2)

2017年12月10日 (日)

屋上から観覧車が見える

2017121001 市内のショッピングモールの屋上駐車場から、近くにある公園の観覧車が、ほぼ真横から見える。この辺りは住宅と田園ばかりで高い建物がほとんどないから、ちょっと高いところに登れば遠くまで見渡せるのだ。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧