2017年8月16日 (水)

駅前のブロンズ像が復活

2017081601 先々週の七夕祭りの時に、駅前駐車場で見慣れぬブロンズ像を発見した。七夕ではこの駐車場は屋外ステージになっていて、人がいっぱいだったので、ちゃんと写真が撮れず、今日もう一度撮り直してきたのだ。
2017081602 見慣れぬというより、安城市民なら過去に見慣れたブロンズ像である。裏の銘板を見ると1969年に青年会議所から寄贈されたもののようだが、1980年に現在の駅舎が新築され、駅前が完全に作りなおされた際に撤去されたはず。そう言えば少し前にこの駐車場を改修工事していたので、おそらくその時にここに戻されたのだろう。最初に設置された時とは駅前がまったく変わってしまっているので、以前の設置場所は正確にはわからないが、当時の駅前ロータリーはこんなに広くなかったので、ブロンズ像はもう少し後ろにあったと思われる。
2017081603 私が過去に撮った写真でこのブロンズ像が写っているものはないかと探してみたら、1976年の七夕祭りの写真が見つかった。確かにこのブロンズ像だ。この写真に写っている建物で現在も残っているのは右側の東海銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)のビルだけであるが、ちょうどその位置までが現在のロータリーである。今日私はその三菱東京UFJ銀行の前で1枚目の写真を撮ったので、このブロンズ像は当時の場所より10メートルほど前に移動したということだろう。

| | コメント (0)

2017年8月 4日 (金)

安城七夕祭り

2017080401 今年も我が愛知県安城市の名物、安城七夕祭りが始まった。三河地方の愛知県民は、仙台、平塚、安城の七夕祭りを「日本三大七夕祭り」と言い、尾張地方の愛知県民は、仙台、平塚、一宮の七夕祭りを「日本三大七夕祭り」と言うが、私は子供の頃から、なんで仙台、平塚、安城、一宮を合わせて「日本四大七夕祭り」と言わないのか不思議でならなかった。因みに平塚の七夕祭りは見たことがあるが、安城も一宮もまあだいたいあんな感じである。今日は開催初日で平日ということもあって、駅前の飾りつけはまだこれからという感じで、人も露店もまばらだったので、ちょっと早く来すぎたかなと思った。
2017080402 しかし街の中心まで来ると、もう身動きできないほどの人出だし、ほとんどの露店が営業を始めていた。この暑さだから、飲み物やかき氷などは、少しでも早く準備して、売れるうちに売っておかないといけないだろう。
2017080403 1970年代の都市計画で、市街地は大きく変化し道路も広くなったが、30年も経つとなんでこんなに狭い道路を作ったのかと思ってしまう。というわけで十数年前から新たな都市計画が始まり、今後数年でさらに道路が広げられるだろうが、飾りつけは狭い道路の方がごちゃごちゃして風情があるかも。
 

| | コメント (0)

2017年7月28日 (金)

市内展望

2017072801 図書情報館の駐車場最上階から我が街を撮ってみた。いったいいつの間にこんな高層ビル街になってしまったのだろう。30年前には10階建て以上のビルなんてほとんどなかったのに。
画面右下の何もないあたりは今回の整備区域で、前回の都市計画から外れて昭和中期の街並みをとどめていた部分。いよいよ何もなくなってしまった。
画面中央よりやや右に見える、遠くの方に霞んでいる大きな建物は、半年前に入院していた病院。この病院が元々あった場所がここである。病院が移転してしばらく空き地になっていたところに、今年図書情報館ができたのだ。
 

| | コメント (0)

2017年7月16日 (日)

週末はいつも図書館

2017071601 先月1日に、徒歩10分ほどで行ける距離に図書情報館ができたおかげで、週末はいつも図書館通いである。市街地の再開発で、我が家から図書情報館までの間の景色も日々変化しているが、地域の童話作家、新美南吉の作品にちなんだ壁画があちこちに描かれている。まずは駅前駐車場の壁画。向こうの方に図書情報館。
2017071602 横断歩道を渡って、振り返ってみると、日通の倉庫に描かれた巨大壁画が目に留まる。おそらく市内の壁画では一番大きな面積だろう。いくつもの作品と南吉の肖像、安城七夕祭りの風景が折り込まれている。
2017071603 図書情報館の中、今日は屋外でイベントが行われていなかったので、比較的空いていた。ここで2時間ほど本を読んで、コーヒーを飲んで帰る。

| | コメント (0)

2017年6月24日 (土)

気になるパン屋さん

2017062401 ちょっと前に市内にできたパン屋さんが、以前から気になっていたので、今日行ってみることにした。場所は新幹線駅前なのだが、我が家からは在来線で一駅離れているし、お店に駐車場がないようなので、駅前の市営駐車場に車を止めて、そこから歩いてみた。このあたりを歩くのは久しぶりだが、新幹線駅ができてから間もなく30年。それまで何もなかったことが幸いして、どんどん整備されている。
2017062402 駅前の交差点を越えると、目の前にある奇妙なビルの1階に、そのパン屋さんが入っている。三河安城駅が開業したのが1988年。当時はまだ電線の地中化が一般的ではなかったため、開業と同時期にできた駅前は、まだ電柱が立っている。新たに区画整理された、駅からちょっと離れた場所だと、最初から電線が地中化されているのだが。
2017062403 BAKERY & CAFE ということで、外から見るといたって普通のパン屋さんとカフェなのだが、実はこの店は「まちの駅」なのである。普通の店とどう違うのかというと、地域の観光案内パンフレットが置いてあったり、基本的に休憩やトイレが無料で使えるらしいのだ。まあ駅前なので、トイレだけ使いたい人は駅に行くだろうけど。
2017062404 パンの値段は100円から200円くらいが中心で、普通のベーカリーと同じ。飲み物は300円前後で、喫茶店よりは安くて良心的。パンはとてもおいしかったし、無料 Wi-Fi が使えて、雑貨も扱っている。店内は狭いが気軽に入って軽く食事をするのにピッタリだと思った。残念ながらここ数年は新幹線で出張するような仕事がないので、なかなかここまで来る機会がないのだが。

| | コメント (0)

2017年6月11日 (日)

雨が降る前に初夏を撮る

2017061101 我が家の庭に出てみたら、いつの間にかアジサイが満開。薄い水色一色しかないので、鮮やかさはないが、梅雨の季節に庭がパッと明るくなっていい。この後散歩に出かけたら、町内のあちこちの家の庭にアジサイが咲いていた。
2017061102 軽く曇っていて、それほど日差しが強くなく涼しかったので、あちこち歩いた後、近所の神社へ。しばらくは雨が続くだろうから、今のうちに初夏らしい写真を、できるだけ撮っておかないと。子供の頃はよくこの狛犬にまたがって遊んだものだ。
2017061103 近所のおばさんがワンコを連れてきたので、写真を撮らせてもらう。「この子はカメラが嫌いだから、写真はダメなんですよ。」なんて言われたけど、しっかりカメラ目線でポーズをとってるぞ。町内でも有名な人懐っこいイヌで、知り合いみんなに撫でてもらったり、抱っこされたりしてる。

| | コメント (0)

2017年6月 9日 (金)

ビーチランドでレンズのテスト

2017060901 3月に入手したレンズ、AF-S DX NIKKOR 18-140 F3.5-5.6G ED VR の活躍する日がようやく来た。日差しは強かったが、気温はそれほど高くなかったので、南知多ビーチランドに行って、イルカたちを撮ってきたのだ。イルカのふれあいプールでは、目の前でイルカを撮ることができる。まあここまで近寄ってくれるかどうかは、イルカの気分次第だが。

2017060902 このビーチランドくらいの大きさの水族館では、35mmライカ判換算で200mm域以上はほとんど必要ないし、最前列で撮っていると、それなりに広角域が必要になるので、70-300mmクラスでは広角端が長すぎる。18-140mm という焦点域が実にピッタリなのである。

2017060903 そして今日は D500 のグループエリア AF を初めて本格的に使ってみた。中心の測距点から被写体が外れても、その周りの測距点が補足してくれるので、こういう動きの大きな被写体では、ピントを外す危険性が大幅に減る。18-140 は AF 速度はそれほど早いわけではないが、AF-C にしておけば、イルカくらいなら十分追尾できることもわかった。

 

| | コメント (0)

2017年5月27日 (土)

土曜の午後の散歩

2017052701 天気がいい割には空気が冷たくて涼しいので、市内をぐるっと散歩することにした。まずは6月1日に開館予定の図書情報館。今週末は内覧会をやっているので、様子を見てきた。最初にこのブログに書いた2月22日には「オープンまであと99日」と表示されていたのに、もう「あと5日」だ。周りの電線も地中化が完了し、あたりに電柱がなくなった。
2017052702 エントランスには、巨大なマルチディスプレイ。そして市の施設としては初めてのエスカレータらしい。4階まで吹き抜けになっていて、明るく広々としている。今の中央図書館ができたときには、まだネット予約も市内各所の公民館での貸し出しもなかったので、大きさだけでなく、システム的にいろいろと無理が生じてきていたのだろう。
2017052703 入ってすぐのところにあるカフェも開店に向けて準備中。図書館だけではなく、いろいろな市の窓口がある複合施設なので、こういう設備も必要だろう。1階は書庫がなく、あちこちにテーブルが設置してあるので、ここで飲み物を買ってゆっくりできそうだ。もちろん館内は無料の無線LANが完備してある。
2017052704 今年2月に中央図書館が閉鎖され、すでにほとんどの書籍がこちらに移動している。それでもまだ書架はガラガラなので、キャパシティは十分余裕がありそうだ。児童書や専門書ごとにフロアが分けられ、フロアごとに配色も変えられている。
2017052705 併設される公園もほぼ整備が整ったようだ。市街地の真ん中にあるので、今年の七夕祭りはこの公園でいろいろなイベントが開催される予定。中央の建物が駐車場で、これだけの大きさがあれば、急いで本を返しに来ても、車を止める場所がない、などということもなくなりそう。
2017052706 図書情報館の後はいつもの公園へ。この公園も先日市役所の立体駐車場が完成したので、車で来た人がなかなか止められないということもなくなるだろう。まあこれもみんな郊外に大型ショッピングモールがいくつもできて、市街地の商店街がどんどん閉店してしまったおかげなのだが。
2017052707 ようやく鳥インフルエンザの予防が解除されたようで、クジャクとオオヅルがバードケージに戻されていた。ここなら好きなだけ走り回れるし、オオヅツは時々飛ぶことだってできる。久しぶりに私に会えたのがうれしかったのかどうか、指を噛みまくってくれた。
2017052708 ポニーも走り寄ってきてくれた。昨日1日中降った雨のおかげで、足もとがぬかるんでいるから、泥を撥ねられないように、あまりそばには寄らなかったので、今度はこのウマヅラの鼻先をナデナデしてあげよう。
2017052709 シカたちは相変わらず何にも考えていないようで、人が来れば寄ってくるけど、餌をもらえないとわかると、すぐに離れていってしまう。まあこっちも数が多くて、誰が誰だかぜんぜん認識できていないので、相手を区別する能力は似たようなものかもしれない。
2017052710 そういえば、カモやアヒルが見当たらないなと思っていたら、池のほとりの日陰でのんびりしていた。普段何も考えていないようで、ちゃんと居心地のいい場所は見つけているようだ。

| | コメント (0)

2017年5月19日 (金)

午後のゴンドラから市街を一望

2017051901 快晴でそれほど暑くもなく、さわやかな天気だったので、陽が傾く前にカメラを持って公園へ。実は Nikon D500 に Tokina 12-24mm F4 を付けて出かけるのは初めてなのである。安いレンズなのに、相変わらずシャープネスもコントラストも抜群。太陽が画面外ギリギリのところにあるので、フレアがちょっとだけ出てしまったが(観覧車の中心部)。
2017051902 高所恐怖症だから、怖いのはわかっているのに、もちろんこの観覧車に乗った。カメラを持っていると、乗らずにおれないのだ。ゴンドラ内で立ち上がるなんて、とんでもない話なのだが、ファインダーを覗いている限りは恐怖を感じないので、終始カメラを構え続ける。
2017051903 ゴンドラが頂点に達した恐怖の瞬間。しかし市街が一望できる瞬間でもあるので、カメラを構えたまま、新幹線が通過するタイミングを待ち続ける。恐怖は観覧車を降りてから、ゆっくり味わえばいいのだ。
 

| | コメント (0)

2017年5月 7日 (日)

連休最終日は歴史博物館

2017050701 今年のゴールデンウィークもいよいよ最終日。高速道路も新幹線も混雑しているし、近所のショッピングモールですらかなりの人出で駐車場を探すのが大変なので、そういうところには行かず、市の歴史博物館へ。何ともいい天気で、中庭からの眺めが美しい。
2017050702 小さな池には鯉が泳いでいる。昔は PL フィルターを持ち歩いて、こういうシーンでは水面反射を除去して撮ったものだが、学術的な観察でもない限り、水中をクッキリ見渡せる写真を撮ったところで、あまり面白みはない。まあコンパクトカメラでは PL フィルターを直接つけられないので、そもそも持ち歩いたりはしていないのだが。
2017050703 よく手入れされた正面の庭もきれいだが、日差しが強すぎて、輝度差が大きく、カメラのダイナミックレンジに収まりきらない。なんとか直射日光の当たる地面を避けて撮影。
今日はそれほど興味のある展示がなかったので、軽く館内を1周した後、雑誌の閲覧コーナーでのんびりと、閉館時間になる直前まで美術雑誌や写真雑誌を読んでいた。
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧