2017年9月17日 (日)

フトアゴヒゲトカゲ

2017091701 ホームセンターに併設されたペットショップで、超絶カワイイ爬虫類が触り放題だったので、しばし戯れる。尻尾の先までは30cm以上あったが、まだ若いらしい。とにかく人懐っこいし、動作がかわいい。お客さんには子供でも大人でも抱っこされまくっていた。
小さい頃はたんぱく質の補給のためにコオロギやミルワームを食べさせる必要があるが、大人になれば野菜や果物だけでいいらしい。ただし温度管理は注意しないといけないので、ヒーターやクーラーは必需品だろう。もっともネコなんか飼っていたら、あっという間に食われちゃうだろうから、我が家では絶対に無理だけど。
 

| | コメント (0)

2014年12月14日 (日)

クマゴロウ逝く

ふたばちゃんねるのネコ掲示板の名物ネコ、クマゴロウの訃報が、飼い主であるとうちゃん氏から伝えられていた。海外でも bike cat の愛称で親しまれていた、超人気者の巨大ネコである。享年18歳5か月だったらしい。

10年ほど前、当時私がよく見ていた掲示板に、たびたび登場していた、愛嬌のある巨大ネコ。いつも飼い主さんの自転車のカゴに乗って、名古屋の街を散歩する不思議なネコ。そんな写真が気になって、その掲示板で「この子にはどこで会える?」と質問したところ、ふたばちゃんねるを教えてもらったのが、クマとの出会いであった。

やがてふたばちゃんねるには、私も我が家のネコたちの写真を載せるようになり、我が家のロドリゲスも、あちこちのサイトに転載されるほど有名になったが、クマとの出会いがなかったら、おそらく私はふたばちゃんねるを知らなかっただろう。

今年の春にはトラゴロウというかわいい弟もできて、2匹の仲のいい写真もアップされるようになり、2年後にはネットで盛大にクマの成人式のお祝いができると思っていたのに、本当に残念でならない。実際には1度も会ったことのないネコだけど、私にとっては永遠のアイドルネコである。虹の橋の向こうで、幼い頃のクマを育ててくれたという、今は亡きビー姉ちゃん(ミケの女の子)と一緒に、また仲良く散歩していることを祈って、お別れを告げたい。

| | コメント (4)

2010年8月21日 (土)

黒幕が来た

2010082101野良ネコ界の黒幕こと、マイミクのじんざ氏が、はるばる我が家にやってきた。やってきたというより、甲子園の帰りに立ち寄ったらしい。神奈川県から甲子園まで行って、昨夜は mixi 仲間のとらにゃんさんのところで、とらおをもふって、今日は我が家。明日はどこへ行くのやら。全行程自転車ではないはずだが、1日300km走破することもあるらしいので、日本全国ネコのいる所なら、どこにでも自転車で出現する。

2010082102部屋に入ってくるなり、いきなりネコ目線。ネコ好きさん大好きなちろは、すぐさまネコ好き特有のまたたび光線を察知して、自分からすり寄っていき、さっそく可愛がられて、大満足。

2010082103お客さんに可愛がられるのが面倒でたまらないロドリゲスは、いつものように最初はめんどくさそうに逃げ回っていたのだが、みんなでお茶を飲み、お菓子を食べ、ネコたちはミルクをもらって満足すると、いきなり態度を変えて、好きなだけ可愛がれと言わんばかり。この変貌ぶりには、さすがの黒幕も驚きを隠せない様子。

ネコ成分を全身で吸収して、旅の疲れを癒した黒幕は、再び自転車にまたがって、颯爽と帰って行った。

| | コメント (8)

2009年9月26日 (土)

日没ネコ II

2009092601午後6時の晩ご飯前でないと、写真を撮れなくなってしまったので、ロドリゲスは無理。(食事の30分前からは、お皿の前から動こうとしない)

なんとかちろをベランダに連れ出して、しばらく抱っこしてやり、晩ご飯のことを忘れさせて、ようやく撮れた1枚である。

ロドリゲスが、まるで人間のように話しかけてきそうなのに対し、この子はネコそのものである。表情も、姿勢も、身体のバランスも、間違いなくトラやライオンと同じ、ネコ科であると確信させられる。

| | コメント (2)

2009年9月12日 (土)

日没ネコ

2009091201最近、日没時のネコ写真に凝っているのだ。

コイツらが午後6時の晩ご飯を食べた後、暗くなるまでの数十分間に勝負を決めるのである。明るさは足りないし、ホワイトバランスは難しいが、大きく開いたネコの瞳孔が、日中の写真では表現できない表情をもたらす。

真夏だと夕方になっても暑くてベランダに出てこないし、あと何日かして、日没が早くなってしまうと、ネコの晩ご飯前に撮らなければならないが、ご飯前だとおなかがすいて写真どころではないので、日没ネコ写真は、この時期にしか撮れないのである。

今日は夕方大雨になり、日没前に晴れてきたので、水溜りの残ったベランダをバックに、物思いにふけっている、いい女に撮れた(実は何も考えていないんだけど)。

| | コメント (2)

2009年9月10日 (木)

お前、ホントは話せるだろ

2009091001と、思う瞬間である。

いや、確かに人間の話は大抵理解しているのだが、こういう表情を見ると、理解しているだけじゃなく、その気になればいつだって話せるんじゃないかと、思わずにいられない。

もっともコイツが話せたら、奥さんに何もかも全部バラされちゃって大変なんだけど。

あ、でも俺もママに話してないお前の秘密をたくさん知ってるぞ。

| | コメント (2)

2009年8月15日 (土)

雅子初盆

2009081501昨年12月14日、雅子が亡くなって、はや8か月である。彼女の初盆でもあるので、COOLPIX S620 を持って、お墓参りに行ってきた。霊園の中で、相変わらずここだけは花とお供えが絶えない。園内には、無縁仏として積み上げられた、大量の墓石があるのだが。

2009081502上の写真の、動物のお墓の裏で、誰かが用意してくれたキャットフードを食べていたネコ。初めて見る顔だが、近づいても小さな声で鳴くだけで、全く逃げない。初対面なのに、もふもふしてやっても平気である。

2009081503そして相変わらず人懐っこいクッキー柄ネコ。お墓参りに来ていた子供たちと遊んでいたようだが、私が声を掛けると、自分からスリスリしてきた。すっかり顔を覚えられてしまったようだ。腹を上に向けて、両手両足を広げてお腹までもふらせてくれるし、私の腕にしがみついてくる。

というわけで、この COOLPIX S620、今までのニコンのコンパクトカメラとだいたい同じ発色傾向である。デフォルトでは明るく写りすぎるのも同じなので、常時 -2/3EV の露出補正をかけておいた方がよさそうだ。ただし、残念ながら、P50 にはあった、調光補正ができない。露出補正がフラッシュ発光にまで適用されるのかどうかは、まだ未検証である。

| | コメント (2)

2009年6月 6日 (土)

梅雨になる前に

ホームページのロドリゲス成長記録は、容量の制限であまり大きな写真をアップできないので、我が家のネコたちのいい写真が撮れた時には、こちらに載せることもある。

このところずっと雨模様だったのだが、今日は久しぶりに快晴だったので、ようやくベランダで遊べるようになったロドリゲスとちろ。

2009060601ロドリゲスは部屋の中と外では顔が違いすぎるのだ。部屋の中では過保護なお坊ちゃんの顔なのに、なぜか外に出ると急に引き締まって、獲物を狙う野生の顔になる。モコモコの身体に似合わず動きが俊敏で、狙った獲物は絶対に逃さない。蚊でもセミでも、ベランダに飛んできた昆虫は何でも捕まえるし、1メートルもジャンプして、飛んでいるトンボを捕まえたこともあるのだ。

2009060602ちろはベランダでゴロゴロするのが大好き。ロドリゲスのように表情のある顔ではないので、雰囲気はあまり変化しないが、ひとりで何時間も外の景色を眺めていたりする。やはり女の子の方が落ち着いているようだ。しかし獲物を捕まえるときには容赦ない。ロドリゲスが、動きの早い昆虫を捕まえるのに対し、ちろはヘビ、トカゲ、スズメなどの大物狙いである。

| | コメント (2)

2009年2月17日 (火)

上から見下ろす

2009021701そうやって、箪笥の上からベッドを見下ろすと、寝ぼけた飼い主のバカ面がよく見えるだろうな。

ネコっていうのは、ご飯をねだるときには、思いっきり下から目線で、スリスリしながら甘えるくせに、お腹がいっぱいになると、なんでこうも偉そうに、上から目線になるのか。

| | コメント (2)

2009年1月30日 (金)

それでもやめられない

2009013001写真では分からないが、またロドリゲスの右目の下に傷跡を発見。ロドリゲスに怪我をさせる相手はちろしかいないので、戯れ合いが喧嘩にエスカレートして、本気になったちろが反撃に出たのである。それでもロドリゲスがちろに怪我をさせることだけは、絶対にないのは感心だが。

普段はこんなに仲がいいのだから、怪我をするような喧嘩はするなよと思うのだが、まあそこは人間の兄妹と同じで、妹が本気で怒ると、初めてお兄ちゃんがやりすぎに気付く、というパターンだろうか。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧