« 携帯電話を解約 | トップページ | 遅いツバメ »

2018年8月 3日 (金)

ジェットストリーム以外の選択肢

2018080301 10年前に初めて三菱鉛筆のジェットストリームを買って以来、自分で買ったボールペンはほぼすべてジェットストリームである。単色の黒、青、赤、太さは0.38mmから1.0mmまで、多色もスタイルフィットのリフィルも、プライム以外のあらゆるジェットストリームを使った。プライムはそもそも高級文具に興味がないのと、実際に店頭で手に取ってみると、ノックの感触や重量バランスがどうにもしっくりこないので、今のところあの金額を払う気にはならない。というわけで、一番の悩みは多色ペンや多機能ペンの選択である。もちろんベストセラーの 4&1 は持っているが、ちょっと軸が太すぎるのだ。2色か3色+シャープペンシルで、もう少し細いものはないかなと。ただしプラスチック軸+ラバーグリップだとちょっと貧乏くさい(4&1は以前このブログに書いたように、グリップをピュアモルト化してある)。ということで久しぶりにジェットストリーム以外のボールペンに目を向けてみた。そういう気持ちになって探してみると、案外運に恵まれるもので、よく行く書店の文具コーナーに在庫処分で半額になっていた、パイロットのエボルト 2+1 を発見。試しに買ってみたら大正解だったのである。
ジェットストリーム以来、各メーカが油性ボールペンインクの低粘度化に取り組み、各社個性的な低粘度インクを販売している。それぞれいくつか使ってみたが、やっぱりジェットストリームが一番自分に合っていると思っていたのだが、パイロットのアクロインキはなぜか今まで見落としていた。私がジェットストリームを気に入っている理由は、低粘度の書きやすさだけでなく、インクの発色のよさである。ジェットストリームはどの色も濃くて鮮やかなのだ。他社の低粘度インクはその点でどれもジェットストリームに及ばないと思っていた。しかし今回初めて使ったアクロインキはまず黒が非常に濃い。赤はジェットストリームと同じくらい濃くて明るい。そして追加で買った青は、ジェットストリームよりはるかに明るく鮮やかなのだ。ジェットストリームの青も、従来の油性ボールペンの青より明るく少し紫がかって鮮やかだったのが気に入って使い始めたのだが、アクロインキの青はもう本当に純粋な青と言う感じ。青インクがきれいだと、文字を書くのが楽しくなるのだ。
今回は2色のボールペンの黒インクを青に換えて、しばらく使ってみることにする。それにこの軸のデザインもかなりお気に入りである。先端のテーパーがまさに私の好みの角度なのがいい。それにアルミボディは真鍮ほど重くなく、プラスチックほど軽くない、適度な重みがあって手になじむ。これで定価1,000円(税別)は、ちょっと驚き。三菱鉛筆は鉛筆やボールペンチップを作る技術は凄いが、事務用品以上のペン軸をほとんど作ったことがないので、なんとなくデザインが野暮ったいが、さすがに高級万年筆を作り続けているパイロットは、安いボールペンのデザインも美しい。

|

« 携帯電話を解約 | トップページ | 遅いツバメ »

コメント

パイロットの万年筆を使ってましたよ。インクの色が綺麗だと書いてて楽しいですよね。ちょっと文房具屋さんで試してみようかな。

投稿: ちろ | 2018年8月17日 (金) 07時57分

ちろちゃん

最近の低粘度油性インクやゲルインクのボールペンは、染料と顔料の混合のものが多いので、色が濃くて鮮やかですね。
今文房具の売り上げがすごく伸びているそうです。

投稿: 内藤敦司 | 2018年8月17日 (金) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 携帯電話を解約 | トップページ | 遅いツバメ »