« 母ネコボロボロ | トップページ | 携帯電話を解約 »

2018年7月14日 (土)

SUNTORY BIG BOSS

2018071401 缶コーヒーというものは、普段滅多に飲まないのだが、1年に数回、真夏の暑い日に、自販機でキンキンに冷えた、ミルク砂糖入りの缶コーヒーを飲みたくなることがある。なぜだか缶コーヒーの安っぽい苦みが中学生の夏休みの頃を思い出させるのだ。
そして今年の夏初めての缶コーヒー。駅前の自販機で見つけた、サントリーの「ビッグボス」と名付けられた商品である。写真では190ml缶のように見えるが、実は350ml缶である。しかも品名はコーヒー飲料ではなく、コーヒーだ。つまり規定量以上のコーヒー豆を使用しているということ。一口飲むと軽い甘みと強い苦みが口の中に広がる。気分は一気に中学生時代にトリップである。砂糖少なめで人工甘味料を使っていないのもいい。特徴はないが結構うまいのだ。しかも真夏の炎天下で十分喉の渇きを潤す量がある。もしかしたら今シーズンあと2~3回飲んでしまうかも。
ところで、なぜ缶コーヒーを飲むと中学時代の夏休みにトリップしてしまうのだろう。日本で初めて(つまり世界で初めて)缶コーヒーが発売されたのは1970年。世界初の缶コーヒーは UCC のミルクコーヒーである。あれはいわゆる瓶入りのコーヒー牛乳を、保存の効く缶詰にしたもので、コーヒーという感じではない。それから数年後、各社から様々な缶コーヒーが発売され、コーヒーらしい苦みのあるものも増えてきた。それがちょうど私の中学生時代に重なる。おそらく中学生の夏休み、プール帰りなどに何度か缶コーヒーを買って飲んだのだろう。もちろんまだコンビニなどない時代なので、買ったのは間違いなく自販機である。私自身の記憶では、コーヒーよりもコーラの方をはるかに多く飲んだはずなのだが、おそらくずっと飲み続けているコーラに比べて、中学生の頃初めて飲んで、それから滅多に飲んでいない缶コーヒーの味の印象が、子供の頃の記憶に深く刻み込まれているのだろう。

|

« 母ネコボロボロ | トップページ | 携帯電話を解約 »

コメント

確かに滅多に飲まない割には記憶に残ってますね。茨城出身なのでマックスコーヒーの甘さを思い出します。マックスコーヒーは千葉県と茨城県でしか売っていない、ローカルな缶コーヒーと知って驚きました。今は全国で販売してるのでしょうか。

投稿: ちろ | 2018年8月17日 (金) 08時14分

ちろちゃん

マックスコーヒーの甘さは強烈ですね。練乳と砂糖が入っていますから。
今はコカ・コーラが買収してジョージアブランドで全国的に売ってますよ。

投稿: 内藤敦司 | 2018年8月17日 (金) 19時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母ネコボロボロ | トップページ | 携帯電話を解約 »