« 真夏の動物たちを見に行く | トップページ | フトアゴヒゲトカゲ »

2017年9月 8日 (金)

今日は撮り鉄

2017090801 三河安城駅に新幹線を撮りに行ってきた。最近新幹線に乗る機会がなく、実は N700 系は一度も近くで見たことがなかったのだ。もうそろそろ N700A に世代交代なのだが、形は同じなのでマニアでない私には、N700 と N700A の違いはあまり気にならない。
それにしても毎回この車両前端の汚れを見ると、新幹線が東京から博多まで走る間に、いったい何匹の虫や鳥が死んでいるのだろうかと思ってしまう。もっとも車で高速道路をちょっと走るだけでも、フロントウィンドウが虫の残骸だらけになるので、まあ仕方のないことではあるが。
2017090802 700 系はそろそろ引退だろうか。この型は 0 系以来の、まったくプレスラインのないぬるっとした形が好きだったのだが(そういう意味では 500 系もだな)。今度の N700S はまるでレーシングカーみたいにプレスラインだらけで、ちょっと美しくない。まあ空力を突き詰めると車も電車も似たような形になるのは仕方ないのだろうが。
2017090803 この写真は1991年に、ほぼ同じ場所から撮ったもの。すでに 100 系が中心だったので、0 系末期の写真である。0 系というと、丸っこいスタイルが印象的だが、運転席に曲面ガラスを使っていないので、こうして見るとボディとのつながりがちぐはぐなのだ。この辺りも当時の自動車も同様に今のようにフラッシュサーフェス化されていなくて、ウィンドウとボディのつながりがかなりちぐはぐだった。

|

« 真夏の動物たちを見に行く | トップページ | フトアゴヒゲトカゲ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真夏の動物たちを見に行く | トップページ | フトアゴヒゲトカゲ »