« 2017年7月 | トップページ

2017年8月17日 (木)

D7500 でデンパーク

2017081701 新しいカメラやレンズを買ったら、まずここでテストするのだが、今回は私の都合とか天候とか、いろいろと重なって、D7500 と AF-P 10-20mm のテストがなかなかできなかったので、今日、その二つの組み合わせで撮ってきた。まずは定番のデンパーク館前。いつもの写真とまるで画角が違うが、立ち位置はほぼ同じである。ほとんどの会社はお盆休みも終わってしまったようで、園内は閑散としていた。
2017081702 温室内でも、ローアングルで撮ると、バックに建物が覆いかぶさるように写る。このレンズの対逆光性能はかなりいいようだ。中心部はもちろん、周辺画質も申し分ないので、配光を気にせず、安心して四隅まで対象物を入れられる。
2017081703 望遠端は20mmなので、一般的な標準ズームの広角端より狭い。ここまで伸ばせば、いわゆる普通のスナップも可能だ。ただし解放F値が5.6まで落ちてしまうので、シャッター速度に気を付けないと、思いの外スローシャッタになってしまう。
D7500 は画面内を不規則に動き廻るような被写体を追いかけない限りは、D500 と全く遜色のない写真が撮れるし、性能に対して驚くほど小型軽量なので、こうして小さめのレンズを付けて、日中の屋外を中心に撮るなら、最強のカメラである。

| | コメント (0)

2017年8月16日 (水)

駅前のブロンズ像が復活

2017081601 先々週の七夕祭りの時に、駅前駐車場で見慣れぬブロンズ像を発見した。七夕ではこの駐車場は屋外ステージになっていて、人がいっぱいだったので、ちゃんと写真が撮れず、今日もう一度撮り直してきたのだ。
2017081602 見慣れぬというより、安城市民なら過去に見慣れたブロンズ像である。裏の銘板を見ると1969年に青年会議所から寄贈されたもののようだが、1980年に現在の駅舎が新築され、駅前が完全に作りなおされた際に撤去されたはず。そう言えば少し前にこの駐車場を改修工事していたので、おそらくその時にここに戻されたのだろう。最初に設置された時とは駅前がまったく変わってしまっているので、以前の設置場所は正確にはわからないが、当時の駅前ロータリーはこんなに広くなかったので、ブロンズ像はもう少し後ろにあったと思われる。
2017081603 私が過去に撮った写真でこのブロンズ像が写っているものはないかと探してみたら、1976年の七夕祭りの写真が見つかった。確かにこのブロンズ像だ。この写真に写っている建物で現在も残っているのは右側の東海銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)のビルだけであるが、ちょうどその位置までが現在のロータリーである。今日私はその三菱東京UFJ銀行の前で1枚目の写真を撮ったので、このブロンズ像は当時の場所より10メートルほど前に移動したということだろう。

| | コメント (0)

2017年8月 4日 (金)

安城七夕祭り

2017080401 今年も我が愛知県安城市の名物、安城七夕祭りが始まった。三河地方の愛知県民は、仙台、平塚、安城の七夕祭りを「日本三大七夕祭り」と言い、尾張地方の愛知県民は、仙台、平塚、一宮の七夕祭りを「日本三大七夕祭り」と言うが、私は子供の頃から、なんで仙台、平塚、安城、一宮を合わせて「日本四大七夕祭り」と言わないのか不思議でならなかった。因みに平塚の七夕祭りは見たことがあるが、安城も一宮もまあだいたいあんな感じである。今日は開催初日で平日ということもあって、駅前の飾りつけはまだこれからという感じで、人も露店もまばらだったので、ちょっと早く来すぎたかなと思った。
2017080402 しかし街の中心まで来ると、もう身動きできないほどの人出だし、ほとんどの露店が営業を始めていた。この暑さだから、飲み物やかき氷などは、少しでも早く準備して、売れるうちに売っておかないといけないだろう。
2017080403 1970年代の都市計画で、市街地は大きく変化し道路も広くなったが、30年も経つとなんでこんなに狭い道路を作ったのかと思ってしまう。というわけで十数年前から新たな都市計画が始まり、今後数年でさらに道路が広げられるだろうが、飾りつけは狭い道路の方がごちゃごちゃして風情があるかも。
 

| | コメント (0)

2017年8月 1日 (火)

JETSTREAM に SMART-GRIP

2017080101 社会人や大学生なら、一人1本は持っているんじゃないかというほど売れまくっている多色ボールペン、JETSTREAM 4&1。私も限定色のダークグレーと頂き物のピンクの2本持っていて、ダークグレーの方は0.7mm、ピンクは0.5mmである。しかしこのボールペン、書きやすさとは裏腹にゴム製のグリップが気持ち悪くていけない。Dr. Grip のようなぷにぷにのシリコンゴムではないが、微妙に柔らかくて表面がねちょっとしている。そこで話題になっているのが、UNUS というブランドのアルミ削り出しのグリップ SMART-GRIP である。ローレット加工のものとぐるぐるの溝タイプのものがあるが、私はローレットタイプのものを入手した。既製のグリップと交換するだけである。
2017080102 ダークグレーの方は三菱鉛筆から直接取り寄せた PUREMALT のグリップを付けているので、今回はピンクの方に SMART-GRIP をつけてみた。高級な工具のような触り心地でとても気持ちいい。それに既製品がおそらく真鍮製なのに対し、こちらはアルミ製なのでわずかに軽くなって、重量バランスがさらに良くなった感じ。さらにペン先のテーパーが既製品よりもシャープになっていて、私はこちらのデザインの方が好きだ。
ちょっと値段は高いけど、輸入品のボッタクリ価格に比べれば納得できる値段だし、アルミの切削加工やアルマイト処理などの工数を考えたら、決して高い値段ではないだろう。ゴムグリップ嫌いには、これは絶対にお勧めである。因みにこの SMART-GRIP はもう一つのベストセラーボールペン、PILOT FRIXION BALL の多色ペンにも使える。

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ