« 駅前のブロンズ像が復活 | トップページ | 真夏の動物たちを見に行く »

2017年8月17日 (木)

D7500 でデンパーク

2017081701 新しいカメラやレンズを買ったら、まずここでテストするのだが、今回は私の都合とか天候とか、いろいろと重なって、D7500 と AF-P 10-20mm のテストがなかなかできなかったので、今日、その二つの組み合わせで撮ってきた。まずは定番のデンパーク館前。いつもの写真とまるで画角が違うが、立ち位置はほぼ同じである。ほとんどの会社はお盆休みも終わってしまったようで、園内は閑散としていた。
2017081702 温室内でも、ローアングルで撮ると、バックに建物が覆いかぶさるように写る。このレンズの対逆光性能はかなりいいようだ。中心部はもちろん、周辺画質も申し分ないので、配光を気にせず、安心して四隅まで対象物を入れられる。
2017081703 望遠端は20mmなので、一般的な標準ズームの広角端より狭い。ここまで伸ばせば、いわゆる普通のスナップも可能だ。ただし解放F値が5.6まで落ちてしまうので、シャッター速度に気を付けないと、思いの外スローシャッタになってしまう。
D7500 は画面内を不規則に動き廻るような被写体を追いかけない限りは、D500 と全く遜色のない写真が撮れるし、性能に対して驚くほど小型軽量なので、こうして小さめのレンズを付けて、日中の屋外を中心に撮るなら、最強のカメラである。

|

« 駅前のブロンズ像が復活 | トップページ | 真夏の動物たちを見に行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 駅前のブロンズ像が復活 | トップページ | 真夏の動物たちを見に行く »