« Nikon D7500 | トップページ | D7500 がお気に入り »

2017年7月28日 (金)

市内展望

2017072801 図書情報館の駐車場最上階から我が街を撮ってみた。いったいいつの間にこんな高層ビル街になってしまったのだろう。30年前には10階建て以上のビルなんてほとんどなかったのに。
画面右下の何もないあたりは今回の整備区域で、前回の都市計画から外れて昭和中期の街並みをとどめていた部分。いよいよ何もなくなってしまった。
画面中央よりやや右に見える、遠くの方に霞んでいる大きな建物は、半年前に入院していた病院。この病院が元々あった場所がここである。病院が移転してしばらく空き地になっていたところに、今年図書情報館ができたのだ。
 

|

« Nikon D7500 | トップページ | D7500 がお気に入り »

コメント

都市計画から外れた地域は残念ですが、高層ビル街が出来るほど都市が栄えているのは羨ましいです。私の故郷は郊外にイオンの大型ショッピングモールがあるだけで、市街地は本当にシャッター街になってしいました。朝の連ドラ「ひよっこ」の舞台でもありますが、出演している茨城県出身者の羽田美智子さんが、何もないが東京に出ようと思えば出られる、県民自らどうにかしなければという意識がなくせっかく来た観光客にも何もないのに何をしに来たの?と言ってしまうと嘆いていました。私はジブリ村が来てくれないかと期待していたのですが、ジブリパークも愛知県に決定しましたね。愛知県は有能。

投稿: ちろ | 2017年9月13日 (水) 09時13分

ちろちゃん
安城市も駅前通りがシャッター外になってしまったので、市が再開発をしている感じです。郊外には大きなショッピングモールがいくつもあるので、もう商店街は必要ないですからね。
ただ住民の(特に高齢者の)意識改革がないと、分散した土地の利権がまとまらず、再開発がなかなか進まないのだと思います。

投稿: 内藤敦司 | 2017年9月14日 (木) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Nikon D7500 | トップページ | D7500 がお気に入り »