« 雨が降る前に初夏を撮る | トップページ | 裏庭で見つけたもの »

2017年6月24日 (土)

気になるパン屋さん

2017062401 ちょっと前に市内にできたパン屋さんが、以前から気になっていたので、今日行ってみることにした。場所は新幹線駅前なのだが、我が家からは在来線で一駅離れているし、お店に駐車場がないようなので、駅前の市営駐車場に車を止めて、そこから歩いてみた。このあたりを歩くのは久しぶりだが、新幹線駅ができてから間もなく30年。それまで何もなかったことが幸いして、どんどん整備されている。
2017062402 駅前の交差点を越えると、目の前にある奇妙なビルの1階に、そのパン屋さんが入っている。三河安城駅が開業したのが1988年。当時はまだ電線の地中化が一般的ではなかったため、開業と同時期にできた駅前は、まだ電柱が立っている。新たに区画整理された、駅からちょっと離れた場所だと、最初から電線が地中化されているのだが。
2017062403 BAKERY & CAFE ということで、外から見るといたって普通のパン屋さんとカフェなのだが、実はこの店は「まちの駅」なのである。普通の店とどう違うのかというと、地域の観光案内パンフレットが置いてあったり、基本的に休憩やトイレが無料で使えるらしいのだ。まあ駅前なので、トイレだけ使いたい人は駅に行くだろうけど。
2017062404 パンの値段は100円から200円くらいが中心で、普通のベーカリーと同じ。飲み物は300円前後で、喫茶店よりは安くて良心的。パンはとてもおいしかったし、無料 Wi-Fi が使えて、雑貨も扱っている。店内は狭いが気軽に入って軽く食事をするのにピッタリだと思った。残念ながらここ数年は新幹線で出張するような仕事がないので、なかなかここまで来る機会がないのだが。

|

« 雨が降る前に初夏を撮る | トップページ | 裏庭で見つけたもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨が降る前に初夏を撮る | トップページ | 裏庭で見つけたもの »