« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月28日 (金)

D500一周年

2017042800 Nikon D500 を入手してから1年が過ぎた。D500 の下取りとして D300 を手放してしまったし、D500 を購入してから D7000 もオークションで売ってしまったので、この1年間デジタル一眼レフはこれ1台しか使っていなかったのだが、このカメラの完成度があまりに高くて、ほとんどデジタル一眼レフに対する関心がなくなってしまったのだ。そこでふとこの1年間の撮影枚数を確認しようと Exif 情報を見てみたら、最後に撮った写真が4,500ほどだった。大きく重い一眼レフを平日に持ち歩くことはないし、私は連写モードでダダダーッと撮るようなことは滅多にしないが、それでも月平均400枚近く撮っていたんだなぁと驚いた(ほかに Nikon1 V3 と COOLPIX P330、それにスマートフォンもあるから、月1,000枚くらい撮っているはず)。やはりカメラの性能が絶対的に信頼できるので、ついシャッターを押してしまうのだろう。そこで今までに手放したデジタル一眼レフの最後のショットの Exif 情報を、全部確認してみることにした。
2017042802 まずは2004年3月19日に購入した D70。D300 と入れ替わりに、2008年9月に手放したので、使用期間は4年6か月。これが最後に撮った写真だが、総ショット数は9,037枚。1月あたり平均167枚撮っていたことになる。2006年9月からは D200 と2台体制だったので、そこからは利用率が半減した。

2017042803 次に2006年9月17日に購入した D200。これは D7000 を購入する直前の2011年8月に手放してしまったので、使用期間は約4年11か月。この最後の写真の総ショット数は8,589枚なので、1か月あたり146枚。前半は D70 と2台体制、後半は D300 と2台体制だったとはいえ、思ったより撮影枚数が少ない。実はこのカメラだけ故障して修理に出したことがある。内蔵フラッシュが暴発して電気系がほぼ全滅してしまったのだ。
2017042804 3台目に買ったのが、2008年9月23日の D300。メカとしてのカメラはこれ以上もう必要ないと思ったが、その後に購入した D7000 の圧倒的な高画質によって、後半は利用率がうんと下がった。2016年1月の D500 予約時に下取りに出してしまったので、使用期間は7年4か月。最後の写真の総ショット数は16,353枚で、月平均186枚。
2017042805 4台目が2011年9月10日に購入した D7000。前述の通り、D300 より圧倒的に高画質で、小さく軽いので我が家のネコ撮りの主役はこちらに移ってしまったが、日中屋外に持ち出すときには明るいところでは画質にそれほど差はなく、D300 の方がオートフォーカスの性能がはるかに高いので、2台のカメラの棲み分けができていた。さすがに利用率は高く、最後の写真の総ショット数は14,404枚。D500 と入れ替わりで2016年5月に手放してしまったので、使用期間は4年8か月で月平均257枚。
2008年まではフィルム一眼レフも使っていたが、デジタル一眼レフを使うようになってからは年間10本も撮影しなくなってしまったので、D70 によってほぼ完全にデジタル移行したといっていい。また2012年からは Nikon1 J1 を、2014年からはそれを Nikon1 V3 に換えて、日中の外出時にはそちらを持ち歩くことが多くなった。

| | コメント (0)

2017年4月21日 (金)

D7500の気になる部分

2017042101 名古屋に行ったついでにニコンプラザ名古屋に寄って、6月に発売予定の Nikon D7500 を見てきた。もちろん発売されてもすぐに買うつもりはないが、D500 と引き換えに、D300 と D7000 を手放してしまったので、現在一眼レフが1台しかなく、小型の予備機が欲しいとは思っていたところ。一番悩ましいのは、今 D7200 の在庫を底値で買うか、D7500 を値段がこなれてきたら買うかである。
カメラなんて新しい方がいいに決まっている、と言いたいところだが、ネットでも散々話題になっている通り、今回の D7500 は D7200 の後継機というより D7200 のコストダウン機。カメラのメカとしては、明らかに D7200 の方が高級だ。ボディがオールプラスチックになったとかはどうでもいいし、Ai 連動機構が省略されたというのも、すでに Ai レンズなど持っていないのでどうでもいい。絞りプレビューボタンが省略されたのはちょっとどうかと思うが、デジタルカメラにおいては撮影前に実絞りでプレビューするより、撮影後に液晶モニタで確認する方が実用的なので、まあこれもあきらめられる。問題なのは D7100 や D7200 で好評だったミラーバランサーが省略されたということである。D7000 を使っていて一番悩まされたのが、ミラー振動による微ブレ。最初はどうにも D7000 で撮影した画像が甘く、ピントがズレているのだろうかと思ったのだが、位相差 AF で合焦させたのち、ライブビューに切り替えて撮影すると、非常に鮮明な画像になるので、間違いなくミラー振動が影響していると思った。それ以降屋外で1/250秒以上の高速シャッターを切るとき以外は、D7000 はほぼライブビュー専用機になってしまった。同じくミラーバランサーのない D750 も個人のブログなどを読むと、ライブビューの方が鮮明に写るような気がすると書かれている記事を目にする。ずっと前に使っていた、D200 や D70 でミラー振動が気にならなかったのは、ライブビュー機能がないから比較できなかったからだろうか。というわけで、D300 や D500 をメインで使っていた自分としては、ミラーバランサーのないカメラはどうにも不安なのである。
そこで今回は D7500 のミラー振動を徹底的に確認してみることにした。シャッター速度をミラー振動の影響が出やすい1/60秒以下にセットして、まずはファインダーを覗いて普通に撮影し、次は同じ被写体をライブビューで撮影する。これをいろいろな被写体で何度も繰り返し比較してみたが、特にファインダー撮影が不鮮明ということはない。撮影中に感じたのは、D7500 のミラーやシャッターなどの動作部分の質量が、D7200 よりかなり軽いんじゃないかということ。手に伝わるショックが全体に少ないのだ。D750 のような不快なシャッター音もしないし、高速連写したときのファインダー像も D500 に比べて特に不安定には見えない。
2017042102 ミラー振動の問題がないのなら、D7500 のメリットはかなり多い。まずは何と言っても手に持った感じが小さく軽い。カタログスペックでは D7200 とそれほど変わらないのに、明らかに一回り小さなカメラに感じる。それに撮像素子と画像処理が D500 と同じということは、撮影後のワークフローが共通化できるから、2台同時に持ち出して撮影したときの現像処理がしやすいはず。D300 と D7000 の時は、あまりに色合いが異なるので、かなり苦労したのだ。
ネットでは明らかにコストダウンを感じさせる D7500 の発売前の評価はボロクソで、D7200 の販売価格がやや上昇しているくらいだが、これはもしかしたら発売後にかなり好評になるかもしれない。私はまだ D7500 に決めたとは言わないが、D7200 よりダメなカメラとは言えなくなってきた。
2017042103 帰りに名古屋駅まで来たので、先日開業した JR ゲートタワーの様子をちょっと見てきた。あまり時間がなかったので、1階と2階を歩いてみただけだが、昔のデパートと明らかに違うのは、とにかく空間に余裕があるということ。商品を大量に置いて見せるのは、もうスーパーマーケットだけで十分ということだろう。
2017042104 1階の奥にはさらに巨大になったバスターミナルができていた。2027年のリニア開業に向けて、これからこの下にまた大きな地下空間を作ることになるのだが、本当にそんな工事ができるのだろうか。
 

| | コメント (0)

2017年4月17日 (月)

襲来!! 宇宙人シリリ

2017041701 今年も恒例の劇場版クレヨンしんちゃんを観に行ってきた。基本的なストーリーはいつも通り地球支配をもくろむ悪の親玉がいて、それをしんちゃんたち春日部防衛隊が阻止するというパターン。今回は悪の親玉も、しんちゃんたちと一緒になって戦う友だちも宇宙人である。
まあこれ以上はネタバレになってしまうので、話の内容はこの辺で。マンネリなのに相変わらず面白いし、感動的でもある。
ところで、頭が尻の宇宙人といえば、ニコちゃん大王だろうと思ったが、よく考えてみればそれより先に登場したのはバド星人である。そう思って映画を見てみると、悪の親玉はバド星人にそっくりだ。ただし、バド星人は知的生命体を皆殺しにして宇宙の帝王に君臨するというやり方だったが、今回のお尻頭の宇宙人はそこまで卑劣ではない。むしろ地球人を直接傷つけたりはしたくないようだ。
全人類を洗脳して地球を支配するといえば、ゴーロン星人と同じやり方。つまり宇宙人の侵略モノに関しては、すでに50年前にウルトラセブンによって、ほとんどのパターンが描かれてしまっているということか。
 

| | コメント (0)

2017年4月14日 (金)

最後の桜を見に行く

2017041401 一番の見頃だと思われた先週末は、ずっと雨で見に行くことも撮影することもほとんどできなかったが、なんとか今週末まで残っている感じだったので、市内の桜の名所の中でも、比較的毎年遅くまで咲いている場所に行ってきた。
2017041402 近づいて撮ると、さすがに葉桜になりかけているが、おかげでこんな野鳥のアップを撮ることができた。どこで鳴いているかわからないが、周りからずっと鳥のさえずりが聞こえてくるのだ。野鳥マニアではないので、種類まではわからないが。
2017041403 残念ながら青空が広がっているという感じではなかったので、空をバックに桜の鮮やかさを演出するのは難しい。半逆光を利用して、キラキラした雰囲気を撮ってみる。このサイズに縮小するとわかりにくいが、すでにかなりの量の桜吹雪である。
2017041404 近所の神社でも残った桜を撮っていたのだが、そこにいた初めて見る顔。野良にしては、なんか高級そう。ノーウェジアンフォレストキャットの血が入っているような、フサフサのネコがいた。残念ながら声をかけただけで逃げられてしまったが。
 

| | コメント (0)

2017年4月 9日 (日)

桜が散ってしまう

2017040901 見頃だったはずの今週末はずっと雨。日曜日、今日の午後からようやく晴れてきたが、まもなく日が傾いてしまうので、急いで近所の神社に撮りに行ってきた。まだ散ってはいないが、すでに光線の具合が良くない。自然現象に文句を言っても始まらないので、なんとかいい角度を探す。
2017040902 今年の桜は、一斉に満開にならずに、つぼみと花が混在するような、妙な咲き方をしていたのだが、先に咲いた花が散り始めると、まだほとんどの花が残っているのに、すでに葉が出ていて、満開感を出すのが難しい。
 

| | コメント (0)

2017年4月 3日 (月)

桜が咲いた

2017040301 桜の様子を見にいつもの公園に行ってきた。昨日今日とかなり暖かかったので、一気に開花したようだ。全体としてはまだ1割というところだが、日当りのいい場所の木は、3割くらい咲いている様子。桜のぜんぜんない桜祭りにならなくてよかった。
2017040302 平日なので人はまばらだったが、早々にバーベキューをやっている家族連れもいた。まったくご苦労なことである。花見では桜を見て、食事は家に帰ってからにしろよ、と思うのだが。今週末にはそんな「花見ず客」であふれかえりそうなので、今のうちに写真を撮れるだけ撮ってしまおう。
2017040303 残念ながら、まだコイツと遊べない。相変わらず私が近づくと知らんぷりするくせに、帰ろうとすると大声で呼び止めるのだ。なんだかよくわからないけど相変わらずかわいいヤツ。
 

| | コメント (0)

2017年4月 1日 (土)

桜が咲かない

2017040101 この地方の平均的な桜の開花は3月下旬で、ほぼ毎年4月に入る頃には、満開とまではいかなくても、見頃になっていることが多いのだが、今年はまだ市内で目立って咲いているソメイヨシノを見ていない。近所の神社の桜も昨日はまだ咲いていなかった。昨日から降り続く雨のために、今日はかなり寒い1日となったが、取り敢えずカメラをぶら下げて、傘をさして神社まで行ってみると、まだこんな感じ。
2017040102 そこでちょうど反対側の一番日当りのよい、神社の南東にある桜の木を見に行ってみると、ようやく咲き始めたところだった。まだ離れて見ると咲いていることに気づかない程度で、1本の木に数個の花という感じだが、取り敢えず開花していると言っていいだろう。
2017040103 見頃は来週末くらいだろうか。例年より1週間は遅い感じである。小中学校の入学式は、5分咲きの桜の下ということになりそうだ。
 

| | コメント (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »