« AF-S DX NIKKOR 18-140 F3.5-5.6G ED VR | トップページ | 桜が咲かない »

2017年3月23日 (木)

レンズのフィールドテスト

2017032301 一昨日入手した AF-S DX NIKKOR 18-140 F3.5-5.6G ED VR のフィールドテスト。D500 に取り付けて、公園を散歩してみた。実は D500 を屋外に持ち出すのも久しぶりである。今回は主に望遠端付近での撮影が中心。まずは池のアヒルから。アヒルが流れ落ちてくる水を飲んでいるという、珍しい光景である。コントラストが強い構図となったが、ギリギリ白飛びしていない。

2017032302 人間を警戒せず、かといって落ち着くこともなく、あちこちに歩き廻っているハトを、ピントぴったりでとらえることができた。D500 の爆速 AF に十分ついてこられるだけの AF モーターを内蔵しているようだ。

2017032303 残念ながら一番の友人である、この腕白クジャク。鳥インフルエンザ対策で、未だ広いケージには出られず。隣のオオヅルと一緒に自分の部屋に入れられたまま。私が声をかけると、気付いてはいるのに返事をしない。しかし私がこの場所を離れようとすると、大声で鳴く。

2017032304 公園内をくまなく探したが、桜はまだ一つも開花していないようだった。しかしつぼみは大きく膨らんで、今にも咲きそうなものがいくつもあった。

|

« AF-S DX NIKKOR 18-140 F3.5-5.6G ED VR | トップページ | 桜が咲かない »

コメント

カメラを買ってもそんなに撮らないと思うのでスマホで撮影したいのですが、太陽光の下だと画面が真っ暗で操作出来ません。なんとか明るさに合わせて画面を調節するという選択を発見して、これで解決したと思っていたのにバス停で時間を確認することさえできないのです。雪柳が咲いてるところやふくらみかけてきた桜の蕾なども撮りたいのにどうしていいのかわかりません。ポケモンGOも自宅で一匹捕まえた時点で止まってます。

投稿: ちろ | 2017年3月31日 (金) 16時44分

ちろちゃん

コンパクトカメラや、スマートフォンなど、液晶モニタを見ながら撮影するスタイルの欠点は、屋外で太陽光が入ると、ほとんど画面が見えなくなってしまうことですね。
構造上の問題でどうにもならないので、やはり本格的に写真を撮るなら、ファインダーを覗いて撮るタイプのカメラを買うしかないでしょう。

投稿: 内藤敦司 | 2017年3月31日 (金) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AF-S DX NIKKOR 18-140 F3.5-5.6G ED VR | トップページ | 桜が咲かない »