« 春先のデンパークを散策 | トップページ | レンズのフィールドテスト »

2017年3月21日 (火)

AF-S DX NIKKOR 18-140 F3.5-5.6G ED VR

2017032101 外出時の便利ズームとして、18-140mm を調達した。以前この機種の前身ともいえる 18-105mm を持っていたのだが、D7000 と一緒に手放してしまった。あのレンズはやや望遠が足りないし、手ぶれ補正があまり効かないし、画質も 16-85mm や D500 とセットで買った 16-80mm には大きく劣るので、途中からほとんど使わなくなってしまったのである。しかしこのレンズは発売直後から画質も非常に評判が良く、手ぶれ補正も1世代違うので、まったく性能が違うと言われていた。それに 16-80mm では、屋外でやや望遠寄りに撮りたい時には、どうしても不足するので、このクラスの高倍率ズームが欲しかったのである。もちろんさらに高倍率な 18-200mm とか、18-300mm などもあるが、私の使い方からすれば、DX フォーマットで200mm を超える焦点距離が必要な場合は、明らかに望遠主体の撮影なので、すでに所有している 70-300mm があれば十分なのだ。というわけで、まさにこの 18-140mm という焦点域は、待ち望んでいたものなのである。
2017032102 あいにく今日は1日中雨だったので、肝心の屋外での望遠撮影はできなかったが、取り敢えず室内でのテスト。AF 微調整も必要ないくらいピッタリだったし、解像度も 16-80mm に劣らない。やや口径が小さいので、今後室内で使うことはほとんどないと思うが、外出時には強い味方になりそうだ。

|

« 春先のデンパークを散策 | トップページ | レンズのフィールドテスト »

コメント

めるちゃんはかなり個性的な模様ですね。ネコって撮るのが難しいけどさすがアツジさん、綺麗に撮れてます。この子が暴れん坊なのか。洗濯物じゃなくて段ボールでもかじってくれればいいのですが。

投稿: ちろ | 2017年3月23日 (木) 10時31分

ちろちゃん

めるは白黒の牛柄ですが、ちろと同じで毛の根元は全部白いのです。だから坊主刈りにしたらウチの子はみんな白ネコになっちゃう。
瞳にぴったりとピントを合わせて撮るためには、それなりのカメラとレンズも必要になります。

投稿: 内藤敦司 | 2017年3月23日 (木) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春先のデンパークを散策 | トップページ | レンズのフィールドテスト »