« 入院10日目 | トップページ | 入院12日目 »

2017年2月 8日 (水)

入院11日目

2017020801 ワイヤレス人間翌日の朝食はまたもや赤だし味噌汁。あとは白菜と焼き海苔だけ。しかし身軽になったことの方がうれしくて、食事のことは割とどうでもよくなってきた。売店に飲み物などを買いに行くのも楽だし。ただし点滴をぶら下げていないと、エレベータに乗った時に周りの人が気を遣って、開延長ボタンを押したりしてくれないのだ。やっぱり人間外見が重要である。
2017020802 昼食は、またおいしい煮豆腐。しかしここで今回の入院で最大の難関が。キュウリとニンジンのサラダである。つまり生のニンジン。小学生の時にニンジン嫌いになって以来、生のニンジンだけは何があっても避けてきたのだが、果たして食べられるだろうか。幸いなことに青じそドレッシングがたっぷりあったので、これを全部かけて、まずニンジンを下のほうに沈め、よ~くドレッシングをなじませて、キュウリに間に挟んで食べることで、なんとかニンジンの風味をごまかして乗り切った。オイラ生のニンジンを食べられたよ。
昼食後しばらくして、以前職場で一緒だった人がお見舞いに来てくれた。うれしいことに地元の名物と称して、高級な最中をいただいた。脂質制限を受けていて、甘いものが食べたいとなると、やはりあんこしかない。普段あんこはめったに食べないが、クリームたっぷりのケーキや、バターたっぷりのパイを食べるわけにはいかないので、今回ばかりはこの最中に感謝である。
ドレインコックを止めて1日、何も異常なかったので、今日はついに胆嚢に刺さった針を抜くことになった。内科処置はこれで終わりなので、明日退院できるらしいが、3月上旬に別の病院で外科手術をするように紹介状を書いてもらうことになり、手術前検査を明日ここでやっていくことにしたので、退院は1日延びて金曜日の午前中になりそうだ。針を抜く時は麻酔はなし。当然のことだが、刺さっていた針を引っ張るから、胆嚢もそれに合わせて、少し引っ張られる。、刺す時ほどではないがまさにはらわたがよじれるような痛さだった。
2017020803 針を抜いた後はかなり痛みが続いたが、それでも空腹には勝てない。わき腹を抑えつつ食堂に行ったら、ついに私の大嫌いな煮魚に遭遇してしまった。いつもは果物を先に食べるのだが(消化酵素の多いメロン系やキウイなどは、食事の前に食べるのが原則、デザートではないのだ)、今日は口直しのために、果物は最後にした。
夜寝るまでにはわき腹の痛みも治まり、鎮痛剤なしで眠ることができた。

|

« 入院10日目 | トップページ | 入院12日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入院10日目 | トップページ | 入院12日目 »