« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月31日 (火)

入院3日目

2017013101 身体を動かそうとすると、ドレインチューブの入った右胸がかなり痛いが、なんとか動けるようになる。水分補給だけは解禁された。
左腕に点滴のチューブ、右わき腹からドレインチューブが伸びて、ほとんどサイボーグ状態。トイレや洗面は支障がないので、なんとか普通に生活できている。

| | コメント (0)

2017年1月30日 (月)

入院2日目

午前中に血液検査をした結果、急激に炎症マーカー(CRP)の数値が悪化して危険な状態だというので、すぐに内科手術が決定。
夕方4時頃から手術開始。胆嚢穿刺術といって、局所麻酔を打って胆嚢に針を通し、膿を出すということだったが、手術の最中に今までに経験したことのない激痛。全身から汗が噴き出した。手術はおそらく10分程度で終わって、さらに継続して膿を出すためにドレーンチューブを挿入され病室に戻るが、翌朝まで絶対安静。

| | コメント (0)

2017年1月29日 (日)

入院初日

2017012901 昨日の午後から腹痛がひどくなり、夕方にはどうにも我慢できないほどだったので、休日救急診療所へ奥さんに付き添ってもらって行ったが、そこですぐに病院への紹介状を書いてもらって、救命救急センターへ。検査の結果かなり大きな胆石があり、炎症も起こしているのでそのまま入院が決定。しばらく点滴で抗生剤を投与して様子を見ることになった。当面絶飲絶食。右腕にバーコード付きのタグをつけられる。入院中は投薬や診察のたびに、このバーコードで本人確認をするらしい。病院のシステムも進歩したものだ。入院手続きをしたときには午前零時をまわっていたので、入院は本日1月29日から。
2017012902 昨夜から投与された点滴は、1袋500mlの生理食塩水を12時間かけて1日2回と、1袋1時間の抗生剤を1日2回。生食には86kcalのブドウ糖、つまり1日172Kcalと1000mlの水分が、当面の私の生命線である。一度点滴を始めると、抗生剤や鎮痛剤などの薬品を投与するために、薬を入れないときでも生食の継続的な投与が必要になるので、これからしばらくはチューブにつながれたエヴァンゲリオン状態。
2017012903 抗生剤は胆嚢炎を抑えるためのもの。1gの薬品を100lmの生食に溶かして、点滴で投与。
2つの点滴のほかに、随時鎮痛剤を投与され、しばらくは痛みも治まっていたのだが、深夜になって、鎮痛剤も効かなくなってくる。
 

| | コメント (2)

2017年1月12日 (木)

粗大ゴミにさせないために

2017011201 正月早々に届いた2,980円プリンタ、キヤノンの PIXUS iP2700 だが、インクを抜き取ってしまえばただの粗大ゴミ。なんとかコストをかけずに使い道はないかなと考えて、詰め替えインクとリサイクルインクを買ってみた。顔料ブラックは、奥さんが使いきったカートリッジに詰め替えできるサンワサプライのもの。3色カラーはエコリカのリサイクルインク。二つ合わせて2,000円ほどだったので、純正インクの半額以下。本体より安く買ったので、なんとかギリギリ納得の値段である。カラーインクをなぜ詰め替えにしなかったかというと、過去に一度だけ詰め替えカラーインクを使って、がっかりな結果だったので、あれはもう使わないことにしたのだ。
インクを入れ替えてテスト印刷すると、まあ十分な品質である。写真を専用用紙に印刷すると、さすがに現代のカラープリンタの水準には及ばないが、文字を中心とした一般的なドキュメントなら全く問題はない。カラーはほとんど使わず文字が中心なら、詰め替え黒インクのおかげでランニングコストもかなり低く抑えられそうだ。
さらにネットでこのプリンタについて、いろいろと調べてみると、現行品では名刺サイズの用紙に直接印刷できる、数少ない機種だとわかった。そういえば手持ちの名刺が少なくなってきたなと思い、ダイソーで50枚入りの名刺用紙を買ってきた。今まではA4サイズで10枚綴りの名刺用紙を使っていたのだが、名刺サイズの用紙なら、1枚単位で印刷できるし、ダイソーで50枚入り100円で買えるので、非常に安い。
プリンタの構造が単純で、給紙から排紙まで、ほとんどストレートに紙が送られるので、こんな小さな用紙でも、非常に紙送り精度が高いのだ。10枚ほど連続して印刷したが、まったく傾くことなく、実にきれいに仕上がった。ネットではこのプリンタを名刺印刷専用に導入したという人も結構いるようで、多機能なプリンタが失ってしまった基本的な性能の良さが幸いしたといえるだろう。
 

| | コメント (0)

2017年1月 5日 (木)

インクジェットプリンタを2台まとめて買う

2017010501 6年前に買った奥さんが普段使っているプリンタ、キヤノンの MP490 という最廉価のスキャナ複合型である。コンパクトで必要十分な性能なのだが、インクカートリッジが顔料ブラックと染料カラー3色の一体型、しかも印字ヘッドがインクカートリッジ側についているので、ランニングコストが高いのが難点。二つのカートリッジをセットで買うと4,000円ほどになってしまうのだ。しかしウチの奥さんくらいの印刷量だと、インクを交換するごとに印字ヘッドが新品になるという安心感が、逆にメリットでもある。
今回も年賀状を印刷している最中にインクがなくなり、ストックしてあるものに交換したので、Amazon で新しいカートリッジを注文しようと思ったのだが、そこでふと思いとどまった。同じインクカートリッジを使う、キヤノンの超ロングセラーモデル、iP2700という機種が、3,000円以下で買えるではないか。もちろん新品のインクカートリッジが同梱されているので、インクだけ買うよりもプリンタごと買った方が1,000円以上安いのだ。
というわけで、iP2700 を2台も買ってしまった。これで奥さんのプリンタのインクは当分心配ない。問題は使いもしないプリンタ2台の置き場所がないということ。
このプリンタ、高画質な写真印刷などを要求しない限り、評価は非常に高いので、何かに使えないかと思っているのだが、そのためにはプリンタよりも高いインクカートリッジを買わなければならないという矛盾。しかもこのインクカートリッジはキヤノンの技術の粋を集めたBJヘッドが内蔵されているので、純正品とほとんど値段の変わらないリサイクルインクだけで、安価な互換インクが売られていないのである。
キヤノンさん、せめてプリンタとインクの値段を同じにしてくださいよ。そうすれば粗大ゴミを増やさずに済むのに。

| | コメント (0)

2017年1月 3日 (火)

近所のアザラシ

2017010301 近所の獣医科に住んでいる不思議動物たちの中でも、人気者のアザラシ。駐車場からでも見えるガラス張りのプールにいるので、散歩中の人たちにも親しまれている。このまん丸の目がかわいらしさの秘訣だろう。
2017010302 普段はプールにもぐっていることが多いので、なかなか顔のアップが撮れなかったのだが、今日は1匹はずっと窓際で日向ぼっこしていたので、じっくり撮ることができた。ネコやイヌと違って、身体が大きいので陸上ではあまり素早く動かないのだが、実際にカメラを構えてみると、結構あっちを向いたりこっちを向いたり、表情もコロコロ変わるので、なかなか撮影は難しい。

| | コメント (0)

2017年1月 1日 (日)

初詣と初マック

2017010101 朝早めに起きて、近所の神社に初詣。午前零時過ぎには、かなりにぎわっていたようだが、わざわざ寒い深夜に出かけていかなくても、朝の気持ちいい時間に参拝すればいいのだ。それにしても元旦は快晴の日が多い。
2017010102 そして午後から初マック。近所のマクドナルドにはいつも行っているので、今日はちょっと離れた、マックカフェのある店舗に行って、ホットラテを飲む。店が広くて、食事もできるマックカフェの方が、スターバックスより断然いいのだが、店舗が少なく車で30分以上走らないといけないのが難点。
 

| | コメント (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »