« 入院初日 | トップページ | 入院3日目 »

2017年1月30日 (月)

入院2日目

午前中に血液検査をした結果、急激に炎症マーカー(CRP)の数値が悪化して危険な状態だというので、すぐに内科手術が決定。
夕方4時頃から手術開始。胆嚢穿刺術といって、局所麻酔を打って胆嚢に針を通し、膿を出すということだったが、手術の最中に今までに経験したことのない激痛。全身から汗が噴き出した。手術はおそらく10分程度で終わって、さらに継続して膿を出すためにドレーンチューブを挿入され病室に戻るが、翌朝まで絶対安静。

|

« 入院初日 | トップページ | 入院3日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入院初日 | トップページ | 入院3日目 »