« 季節を見落とさないように | トップページ | D500用に電池を交換 »

2016年11月28日 (月)

急いでイルミネーションを撮る

2016112801 毎年恒例のデンパークのイルミネーション。この時期は閉園時間を9時まで延長しているので、仕事帰りに行ってきたのだが、いくら遅くまでやっているとはいえ、暗くならないと撮影できないし、暗くなれば当然寒い。ということで、イルミネーションを楽しむというより、撮影に専念して、急いで園内を周ることになってしまう。今年は例年よりもかなり電球の数が増えている感じである。
2016112802 屋外はとにかく寒いので、まずは温室の中へ。LED の照明は自然光にはない色調なので、ホワイトバランスの設定が非常に難しい。取り敢えず AUTO で撮影し、現像時に調整するしかないので、露出だけに注意して撮影を進める。
2016112803 外せないのはデンパーク名物の白いクリスマスゾーン。確かに白っぽい花と、白色 LED の織り成す世界は、雪景色のようにきれいだが、実は本当に白い色などどこにもないので、ここの色設定が一番難しい。記憶色だけを頼りに、現像時にホワイトバランス調整を試行錯誤してみる。
2016112804 そしてこれもデンパーク名物、アンデルセンの人魚姫ブロンズ像。ポインセチアを意図的に入れてみたが、背景のツリーが鮮やかすぎるかも。昔のようにすべて白熱電球だけの方が絵になった気がする。
 

|

« 季節を見落とさないように | トップページ | D500用に電池を交換 »

コメント

アツジさんは体調が悪いんですね。
男性にありがちな病院嫌いではなくてちゃんと診察してもらってるのでしょうか。
心配です。
白色電球はエコではないけれど、物が綺麗に見えますよね。
以前ちらっと電気屋さんに寄ったら、白色LED電球とかいうのを売ってたような気がするので寒々しい印象のないLEDイルミネーションも出来るのかも知れませんね。

投稿: ちろ | 2016年12月10日 (土) 00時00分

ちろちゃん

心配かけてごめんなさい。かかりつけの内科で検査してもらって、特に悪いところはないと診断されたので、対処療法しかないのがつらいです。まあ少しずつ良くはなってきている感じなのですが。

白熱電球色のLEDは、私も読書スタンドに使ってます。ただ、本当に白熱電球色かというと、LEDは輝線スペクトル合成なので、なかなか本物の色にはなりませんね。

投稿: 内藤敦司 | 2016年12月10日 (土) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 季節を見落とさないように | トップページ | D500用に電池を交換 »