« サービスエリアはツバメ天国 | トップページ | 猛暑のお墓ネコ »

2016年7月 1日 (金)

運転免許試験場初体験

2016070101 免許証更新のために、愛知県警察運転免許試験場に行ってきた。免許証を所持している愛知県民ならば、ほとんどが一度は来たことのある場所のはずだが、学生時代に静岡県で免許証を取得した私は、実は今まで一度もここに来たことがなかったのである。今までの免許証更新は地元の警察署で手続きしていたのだが、これだと後日講習を受けてからでないと、免許証が交付されないので、結局平日に2日休みを取らねばならず、今回は運転免許試験場まで行くことにしたのだ。
2016070102 学生時代から「平針はすげー広いぞ」というのが、ここにきて免許証を交付してもらったやつのお決まりのセリフ。「平針」というのは、愛知県民用語で名古屋市天白区平針にある運転免許試験場の通称である。確かに普通の自動車学校の教習コースとはケタが違う。
2016070103 乗用車の普通免許をここで取る人はあまりいないが、トレーラや大型バスが試験コースを絶えずびゅんびゅん走っている。大型バスが60km/hまで加速できるような直線があるのにはびっくり。もちろんトレーラの車庫入れとか、普段路上でもめったに見られないようなコースもある。
2016070104 免許証交付の講習は、とにかく平日でもとんでもなく混雑すると聞いていたのだが、見ての通りガラガラである。なんでも多くの人が平日の午前中に済まそうと、受け付け開始時間前から長蛇の列を作っているらしい。病院などでもそうだが、なぜ受け付け終了ギリギリに行かないのだろうか。
愛知県の人口が740万人、そのうち免許証所持者が500万人と聞いた。全人口の50%くらいだと思っていたので、さすがにこれにはちょっと驚いた。その500万人が3年ないし5年に一度免許証を更新するから、1年間に100万人以上が更新することになる。そのうち半数が地元警察署で手続きするとしても、ここ運転免許試験場に来る人は、年間50万人。窓口の稼働日が年間300日とすると、1日1700人弱である。確かに混雑するわけだ。せめて午前中に集中するのはやめようよ。
 

|

« サービスエリアはツバメ天国 | トップページ | 猛暑のお墓ネコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サービスエリアはツバメ天国 | トップページ | 猛暑のお墓ネコ »