« お墓ネコの悲劇 | トップページ | サービスエリアはツバメ天国 »

2016年6月 8日 (水)

お墓で子ネコを保護

また怪我をした黒ネコのことが気になって、仕事帰りに霊園に寄ってみた。するとダンボール箱の中に、まだ目も開いていない、干からびたへその緒がついたままの子ネコを発見。どうやら捨てられたばかりで、お腹を空かして鳴きまくっているし、怪我をした黒ネコは、さすがにたくさんのネコのお母さんだけあって、心配そうに見守っているが、ほかのネコたちは少し混乱している様子である。
2016060801 とりあえずいつもここにネコの世話をしに来る人に電話して、今日の夕方来るなら、水で薄めたミルクを持ってきてくださいとお願いして帰った。家に帰って外出中の奥さんに電話し、とにかく我が家で引き取ろうということになって、用事を済ませてもう一度霊園に。ちょうど世話をしている人に会えたので、事情を話して持って帰ることにした。
2016060802 家に帰って身体を拭き、ペットショップで買ってきた子ネコ用ミルクを飲ませて、へその緒を切ってやると、安心したのかまたスヤスヤ寝始めた。こんな大きさだから、まだちゃんと育てられるかどうかわからないが、できるだけのことはやってみるつもり。
2016060803 ロドリゲスはちろを保護した時と同じように、子ネコのそばにいて、ずっと様子を見ているけれども、ちろはどうしていいかわからない様子。1階に降りてきてしまって、2階にいる子ネコを、下から窺っているようである。
 

|

« お墓ネコの悲劇 | トップページ | サービスエリアはツバメ天国 »

コメント

こんな可愛い子を捨てる人がいるんですね・・・。
でもアツジさんに拾われるなんて強運の持ち主!
頑張ってすくすく育ちますように。

投稿: ちろ | 2016年6月 9日 (木) 08時00分

プニーが無事に育ちますように。
ここまで小さいとお世話が大変でしょうけど、頑張ってください。
プニーも頑張って、元気に大きく育つのだ!

投稿: みやび | 2016年6月 9日 (木) 19時26分

ちろちゃん

本当に、放置したら死んでしまうとわかっているのに、なぜこんなことをするのでしょう。
昨日は夜中に大雨になったので、私が気づかなかったら、確実に身体が冷えて死んでいたでしょう。まさに奇蹟的な出会いでした。

投稿: 内藤敦司 | 2016年6月 9日 (木) 23時31分

みやびさん

ちろを拾ってきた時は、もう目が開いていたので、ロドリゲスがすぐに世話をしてくれたのですが、この子はまだ目が開いておらず、ロドリゲスもちろも、ちょっと怖いみたいです。
なんとか元気に育ってほしいですね。

投稿: 内藤敦司 | 2016年6月 9日 (木) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お墓ネコの悲劇 | トップページ | サービスエリアはツバメ天国 »