« Nikon D500 | トップページ | D500 で夜間撮影 »

2016年5月 3日 (火)

新緑の公園で発見

2016050301 天気はあまりよくなかったが、連休後半の初日、新緑の公園に散歩に出かけると、カメラを持って散歩している人が何人かいた。むしろこの曇り空のおかげで、散歩にはちょうどいいかもしれない。
2016050302 いつも公園でハトやスズメに餌をやっている人に、カラスが松の木の上の方に巣を作っていると聞かされた。私の肉眼ではまったく見えないので、1NIKKOR 10-100mm の10倍ズームレンズを最大望遠にして言われた方向に向けてみると、何やら巨大なツバメの巣のようなものが、確かに見える。時々ここからヒナが顔を出すこともあるのだそうだ。ヒナが巣立つと、カラスは巣を落としてしまうらしい。これは珍しい写真を撮ることができた。
2016050303 それからいつも通り、私をめがけて走ってきたコイツを撮る。この後、やはりいつも通り、飛び蹴りを食らわされ、金網の隙間から差し出した指を、何度も噛まれる。久しぶりだったのがうれしかったのか、私への挑戦か、今日は私の目の前で、何度も鳴かれた。いつもなら、私が帰るときに鳴くのだが。
2016050304 次にシカの檻の前へ。するとここでも偶然貴重な写真を撮ることができた。なんとシカが大あくびをしている。イヌやネコのあくびはよく見るし、人間から伝染することもあるが、シカのあくびは初めて見た。肉食動物のように、牙を剥きだしたりしないので、何とも平和でかわいい。
2016050305 そして今日は黙々と草を食べるポニーを撮ることもできた。いつもならコイツも私を見つけると走り寄ってくるのだが、今日はよほどお腹がすいていたのか、一心不乱に草を食べている。

|

« Nikon D500 | トップページ | D500 で夜間撮影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Nikon D500 | トップページ | D500 で夜間撮影 »