« 新緑の公園で発見 | トップページ | SB-500 を買った »

2016年5月 5日 (木)

D500 で夜間撮影

2016050501 なにかと高感度性能が取り沙汰される D500 であるが、私が通常の撮影で躊躇なく使えるのは ISO1600 くらい。後処理を前提に、遅いシャッター速度で手ぶれを起こすよりはいいと考えて使うのは ISO6400 くらいまでである。しかし ISO6400 ならば、日常の撮影でまったく不自由しないので、感度自動設定の上限も ISO6400 にしている。ただ、せっかく ISO51200 まで設定できるカメラなので(拡張感度は ISO164万)、夜8時を過ぎてから、近所の神社に夜間撮影に行ってみた。
2016050502 1枚目と2枚目は、ISO25600。この時の絞りはF2.8の開放で、シャッター速度は1/20秒なので、この神社の中は本当に暗い。照明はあるが、足元は暗くてよく見えない程度である。木々のディテールは失われているが、このサイズの写真なら不自然には見えない。2L から A4 程度までのプリントには耐えられそうだ。
2016050503 続いて上限感度の ISO51200.さすがにこのサイズでも暗部が溶けたようになってしまっているのがわかる。ただしここは本当に真っ暗で、足元は全く見えない。それでも何が写っているのかは、ハッキリわかるので、この感度の使い道はありそうだ。

|

« 新緑の公園で発見 | トップページ | SB-500 を買った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新緑の公園で発見 | トップページ | SB-500 を買った »