« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月29日 (火)

Nikon D500 を待ち切れない

2016032901 予約している Nikon D500 の発売日がなかなかアナウンスされないので、今日はニコンプラザ名古屋に、実物を見に行ってきた。もちろんまだ量産前のデモ機なので、撮影データの持ち帰りはできないが、そもそもソフトウェアのチューニング等が未完成だろうから、このデモ機を触っただけで、製品評価はできないのだが、それを念頭に置いたうえで、いろいろと触ってみた。
まずシャッターの感触。ネットではシャッター音が D750 のような音になった、と言われているが、確かに D300 のような、キレのある金属的な「カンッ」という音ではなく「ぽこっ」という感じ。これは多分ボディが D300 の金属製から CFRP のモノコックに変わって、高周波の内部損失が大きくなったためだろう。試しに D750 のシャッターを押してみると、音質は似ているが残響が全然違う。D750は「ぽこ~ん」という感じ。ミラーバランサーがなく、高速な制御もしていない D750 は、ミラーの復帰時間が D500 よりはるかに長いのだろう。
続いて、お決まりの高感度画質であるが、ショウルーム内の明るくコントラストが強い絵では、本当にノイズが目立たない。ISO6400 くらいでも問題なく使えるかなという感じ。しかし高感度は本来もっと暗くてフラットな場面で使うことが多い。そこで、ノイズリダクションオフ、アクディブD-ライティングオン(オート)といういぢわるな設定で(アクディブD-ライティングはアンダーで撮ってハイライトを飛ばさず暗部を非線形に持ちあげるからノイズが出まくる)、天井のエアコンの吹き出し口を撮ってみた。同心円状のラッパが何重にも重なる、昔ながらの吹き出し口である。色はフラットなベージュで、内部に向かってなだらかに暗くなっていくから、ノイズが非常にわかりやすいのだ。結果は、ISO1600 あたりからはっきりノイズが表われ、ISO6400 では等倍表示するまでもなくノイズまみれになる。隣に置いてあった D7200 と比較すると、まあ D500 の方が、多少ノイズが少ないかな、という程度である。D7200 自体が DX フォーマット、いわゆる APS-C サイズとしては最高の高感度性能なので、そういう意味では D500 も高感度性能は最上級とは言える。ちなみにこういう撮影条件では D610 でも ISO1600 くらいでノイズは出まくる。
D300 から一番進化したと思えるのは、やはりファインダーの大きさ。初めての DX フォーマット、すなわち Nikon D1 のファインダーを覗いた時の小ささを思い出すと、これはもう当時の普及価格のフィルム一眼レフ(もちろんフルサイズ)を上回っているんじゃないかと思えるほどだ。
2016032902 さて、ここまで来たら、やはり D5 を触らないわけにはいくまい。まずは手に取る。重い。ファインダーを覗くと、大きさは D500 とそれほど変わらないが、更に数段見やすい。フォーカスポイントの照明が非常に明るくクッキリしている。これは D1 時代からの最上級機の特権なのだろうか。D500 よりさらに速い毎秒12コマで連写しても、ファインダー消失時間は明らかに D500 より短い。もはや次元が違う。
そして先ほどと同じやり方で、高感度画質をチェックすると、これもまるで次元が違う。ISO6400 くらいまでは、等倍表示しても、ほとんどノイズがわからないのだ。ISO12800 くらいからようやく高感度らしいノイズが浮き上がる。我が家のネコを撮るには、明らかにオーバースペックなカメラだ。
2016032903 あまり時間がなかったので、ニコンプラザを出たら今日はどこにも立ち寄らずに帰るつもりだったのだが、名古屋駅まで来たところで、先日建て替えられた名古屋の名物ビル「大名古屋ビルヂング」を見てきた。この写真は1階ではなく、サンロード地下街と繋がる、地下1階の入り口である。
2016032904 低層階には、名古屋初出店の伊勢丹が入っている。今までの名古屋のデパートよりも、どことなく都会的な雰囲気。学生時代はちょっとおしゃれな気分を味わいたい時には、伊勢丹に立ち寄ったものだが、私が買いものしたくなるような店は、やはりほとんどない。
2016032905 そして低層階の屋上、すなわち旧大名古屋ビルヂングのビアガーデンにあたる所が、空中庭園になっている。ここから高層階のオフィス街を見上げることになる。真夏と真冬を除けば、非常に快適な空間になりそうだ。
 

| | コメント (2)

2016年3月28日 (月)

公園で1本だけ

2016032801 市内のあちこちの桜は、ちらほらと開花しているので、今日は様子を見にいつもの公園へ。そこで1本だけ一番早く開花する桜が、すでに5分咲き状態。遠目に見ると満開といってもいい。周りの木はまだ1割程度の開花なのだが。
今週末にはほかの木も次々開花して、来週1週間はいい花見ができそうだ。
 

| | コメント (0)

2016年3月24日 (木)

近所で開花

2016032401 我が家から徒歩30秒の神社で、桜の開花を確認。3日ほど前にカメラを持って探しに行ったときには、まったく開花していなかったので、おそらく昨日か今日からだと思われる。写真の背景が暗いのは、朝早く撮ったので神社の北側に当たるこちらは、大木の影になってしまっているからである。
2016032402 ならば東側の朝陽の当たる場所はどうだろうと思って行ってみると、こちらも開いた花もつぼみの膨らみ具合も同じくらい。それほど温度差があるわけではないので、開花時期に違いはなさそうだ。
2016032403 神社の全景はこんな感じで、まだ寒々としているが、1週間後には花見客で賑わっていることだろう。
 

| | コメント (0)

2016年3月17日 (木)

公園に春を探しに

2016031701 桜のつぼみの様子を観察しに公園へ。もう先端は緑色になってきたし、来週にはこれが濃いピンクになるだろう。今シーズンは平均すればかなり暖冬だったので、3月中に満開を迎えるかも。
2016031702 クジャクの女の子はすっかり公園に慣れてきたようで、いつも男の子の後をついて歩いているが、人間が寄ってきてもにげない。同じバードケージのカモとも仲良くなったようだ。男の子のように自分から人間に寄っては来ないが、怖がってもいない感じ。
2016031703 コイツは相変わらず私を見つけると、突進してきて飛び蹴り。指を出すと噛みついてくる。帰ろうとすると大声で鳴くし、やっぱり好かれているのだろうか。確かなことは、1か月以上会わなくても、私のことを覚えていて、必ず寄ってきてくれるということだ。
2016031704 シカもこの暖かさが気持ちいいのか、みんながくっつくでもなく離れるでもなく、それぞれに日向ぼっこを楽しんでいる感じ。2週間後にはさくら祭りで、この公園も賑やかになる。
 

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »