« さよならクッキー柄 | トップページ | 文字は青インクで書け »

2015年8月14日 (金)

Windows10 一気に4台

2015081401Windows10 ダウンロード提供開始日の7月29日には、普段まったく使っていない、Lenovo ideaPad S10-3 をまずアップデートした。このネットブックと呼ばれていた小さな PC は、ディスプレイの解像度が1024*600ピクセルしかないので、Windows8 のサポート対象外だったのだ。したがって Windows7 のまま放置してあった。しかし Windows10 では、最低解像度が1024*600ピクセルまで引き下げられたので、この PC を甦らせようと、早くからダウンロード予約をしておいたのだ。

そして先週末に3台の PC を一気に Windows10 にアップデートした。まずは一番新しいノート PC の ASUS X200MA。これはメーカも正式に Windows10 対応を表明しているし、すでにタッチパッドのデバイスドライバも、Windows10 対応のものがメーカサイトにアップロードされているので問題ないだろう。しかしその前にやるべきことがある。この PC は、購入時に Windows8.1 with Bing がインストールされており、これは Windows10 にアップデートされる。しかし私は手持ちの PC の OS を、Windows10 Pro に統一したいので、まずは持っている Windows8.1 Professional のライセンスで、インストールしなおさなければならない(ideaPad はすでに Windows7 Professional に変更済み)。さらにこの時不要なリカバリ領域等を削除し、C ドライブと D ドライブに分割されていたパーティションも統合したいので、まず Windows8.1 Professional のインストールメディアで起動したのち、diskpart コマンドで、ハードディスク内のパーティション再設定から始める。時間はかかるが、慣れた作業なので、順序通り進めて、Windows8.1 Professional のクリーンインストールを完了する。再起動するといきなり Windows10 へのアップデートを勧められるので、迷わずこれを選択。すぐに Windows10 のダウンロードが始まった。あとは ideaPad の時と同じ手順で、Windows10 Pro のもっともクリーンインストールに近い形で完了した。やはりタッチパッドの動きが怪しいので、あらかじめダウンロードしておいたデバイスドライバーをインストールして、無事完了。

次はもっとも古いノートパソコンである、Lenovo ideaPad S9e。すでに ideaPad S10-3 が問題なくアップデートできたので、これも Windows10 で延命させようと、ダウンロード予約をした。こちらはプリインストールされていた OS は WindowsXP だったが、すでに Windows7 Professional に変更しておいたので、そのまま Windows10 Pro にアップデートできる。ダウンロード予約から実際にダウンロードが始まるまで、半日以上待たされたが、無事にインストールまで終了。ただし事前にアプリケーションはすべてアンインストールしておいたので、これもほとんどクリーンインストールに近い状態である。

2015081402最後の1台は、デスクトップ PC のサブ機である自作機。PentiumDualCore E6300 に、メモリ4GB のマシンであるが、Windows8.1 に Office2013 や VisualStudio2013 などがインストールされている。これはメイン機とほぼ同じアプリケーション構成なので、このマシンで Windows10 に環境が引き継ぎできれば、のちにメイン機も安心して Windows10 にアップデートできるという考えだ。こちらはそのための先行テストでもあるので、あえて大量のアプリケーションをインストールしたままアップデートしてみた。ノートパソコンと違い、無線 LAN ではなく、Ethernet 接続なので、6GBものインストールイメージのダウンロードもあっという間に終わり、CPU 性能も ideaPad などよりずっと余裕があるので、インストール時間もかなり短かった。再起動後、すでにスタート画面にアプリケーションのアイコンがいっぱい並んでおり、これからそれら一つ一つを動作確認して、問題がなければ数か月以内にメイン機も Windows10 に移行する予定である。

ところで、今回思わぬ拾いものをした。古すぎて放置状態だった、2台の ideaPad だが、S10-3 のディスプレイは10インチ、S9e のディスプレイは9インチである。そして Windows10 と同時にリリースされた無料の Office Mobile。これは10.1インチ未満のディスプレイをサポートしている、本来はタブレットやスマートフォン(まだ Mobile 版 Windows10 はリリースされていないが)向けのユニバーサルアプリである。2台の ideaPad はその小さなディスプレイゆえに、Windows10 で甦り、さらに無料で最新の Office まで手に入れてしまった。

|

« さよならクッキー柄 | トップページ | 文字は青インクで書け »

コメント

パソコン使ってるとWindows10にしませんか?みたいなお誘いが出るのですが、
うちはカメムシくんがWindows10を信用していないため試せません。
アツジさんはプロだからささっと出来ちゃうけどパソコン音痴な私には土台からわかりません。

投稿: ちろ | 2015年9月 2日 (水) 10時06分

ちろちゃん

信用するしないにかかわらず、いずれ Windows10 にしなければならない(Windows8.1 もやがてサポート切れになり、Windows10 は今後ずっと無料で更新されます)のだから、早く使って慣れた方がいいです。

投稿: 内藤敦司 | 2015年9月 2日 (水) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さよならクッキー柄 | トップページ | 文字は青インクで書け »