« 文字は青インクで書け | トップページ | 郊外の公園に立ち寄る »

2015年8月17日 (月)

Preppy 透明化

引き続き筆記具ネタ。ボールペンのインクを考えているうちに、かつての万年筆の青インクを思い出し、黒インクより断然ノートが映えることに気付いて喜んでいたら、実は数年前にプラチナ万年筆のプレピー(Preppy)を買ったことを思い出した。たった200円で本格的な書き味を謳った当時の新製品である。あの時は久しぶりの万年筆が懐かしくてつい買ってしまったが、すでに仕事ではペンで字を書くこともほとんどなく、メモ書き程度なら圧倒的にボールペンやシャープペンシルの方が便利なので、結局ほとんど使わず、インクが詰まってしまう前に丁寧に水洗して保存しておいたのである。

しかしそのプレピーを使わなくなってしまった理由は、考えてみればボールペンの方が便利だったからだけではない。透明軸の本体に無粋に印刷された商品ロゴや説明文があまりにも目障りだったのだ。商品ロゴだけならまだデザインのうちだと思えば我慢もできるが、バーコードだけはどうにも我慢できない。消しゴムや鉛筆などの消耗品ならともかく、バーコードがついたままのペンには愛着を持てない。

2015081701ネットで検索してみると、同じように考えている人は少なくないらしく、「ごく初期のプレピーの印刷は簡単にはがせた」とか「プレピーの印刷を丁寧に磨いて削り取った」とか「マニキュア除光液で消したら本体が曇ってしまった」とか書いてある、個人のブログをいくつも見つけた。そこで考え付いたのは、万能磨き液ピカールである。本来金属用だが硬質プラスチックを侵食しないのは確認済み。ボロきれにピカールを染み込ませてゴシゴシ磨いてみた。結果は写真の通り、すべての印刷がきれいにはがれて、完全に透明なプレピーの完成である。

2015081702早速プラチナの青インク(BlueBlack)を買ってきて、数年ぶりにプレピーを復活させた。私にとってはおそらく30数年ぶりの青インクの万年筆である。残念ながら思い出はすっかり美化されていた、というよりその後次々と改良されたボールペンインクに見慣れてしまったので、鮮やかで濃い発色は、ジェットストリームやゲルインクの青に遠く及ばない。まあこれからは時々万年筆を使ってみよう(使うかな?)。

|

« 文字は青インクで書け | トップページ | 郊外の公園に立ち寄る »

コメント

万年筆使ってました。
学校では鉛筆なので家で日記書いたり友達に手紙書いたりしてましたね。
万能磨き液ピカールって世間ではよく知られてるものなのですか。
初めて見ました。

投稿: ちろ | 2015年9月 2日 (水) 10時13分

ちろちゃん

ピカールはホームセンターに行くと売ってます。家具のクロームメッキ部分が曇ってしまったり、ガラスに塗料などの汚れがついてしまった場合にも、簡単にきれいになるので重宝しています。

私たちが子供の頃って、万年筆と腕時計が、大人気の入り口だった印象がありますね。

投稿: 内藤敦司 | 2015年9月 2日 (水) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文字は青インクで書け | トップページ | 郊外の公園に立ち寄る »