« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月19日 (日)

猛暑の公園を散歩する

2015071901まずはいつも通り、コイツがとびかかってくる。鳥って恒温動物なのに、暑さとか寒さをあまり感じないのだろうか。夏でも冬でも動きに変わりがない。後ろに写っているカモも、今は生ぬるい水だろうし、真冬は凍りそうな水だろうけど、全然気にしていない様子だ。

2015071902ここに来て1か月半になるマーラは、ようやく慣れてきたのか、餌をむしゃむしゃ。しかしいつ見ても、ほとんど姿勢を変えない。普段どんな運動をしているのだろうか。ネズミというと、絶えず動き回っている印象があるのだが。

2015071903シカは鳥やネズミに比べると、いくらか人間に近そうだ。みんな暑くてノビノビ。なのになぜかいくつかの塊になっている。これは外敵から身を守るための習性だろうか。檻の中には外敵などいないのだが。それでも必ずどこかに1匹は、一人でポツンと寝ているヤツがいる。

2015071904バードケージの中をよく見ると、何やら新しい鳥がいた。大きさはカモと同じくらいだが、模様が全然違うし、泳いだりはしていない。こんなにいろんな鳥がごちゃまぜで、鳥同士は敵対しないものなのだろうか。ここの餌は、野性のスズメも一緒になって食べているが、それを追い払ったりもしていないようだし。

| | コメント (0)

2015年7月 9日 (木)

大雨の後のお墓ネコ

2015070901昨日の夜から時々どしゃ降りになるような雨が降り続いて、今日の夕方になってようやく雲が切れてきたので、仕事帰りにお墓ネコたちの様子を見に寄った。久しぶりに外に出ていたクッキー柄だけは、私が近づいても全然動じないし、向こうから声をかけてきてくれるので、しばらくモフってやった。

2015070902今日はいつも世話をしに来ているおばさんがいたので、ほかのネコたちもほぼ全員集合。私がカメラを向けると、警戒して近くにいたネコは逃げてしまうので、比較的慣れたこの子たちを撮る。2匹とも警戒しつつもモフらせてくれるし、クッキー柄と遊んでいると、混ぜてくれとすり寄ってきたりもする。

2015070903今日初めて見たかもしれない子ネコ。去年生まれた子たちは、もうみんな成猫になってしまったので、明らかに新顔である。しかしここのネコたちは、ボランティアの人たちのおかげで、ほとんど避妊手術を受けているので、誰かの子供である確率は低い。もしかして、また捨てられた子だろうか。

2015070904クッキー柄の次に人懐っこい黒ネコ。今日は見なかったが、耳血腫で両耳が変形してしまったお母さんネコの娘であるが、お母さんが人懐っこいので、この子もあまり人間を警戒しない。ただし、まったく知らない人にすり寄っていったりはしないようなので、とりあえず安心である。

| | コメント (2)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »