« 新型デミオ試乗 | トップページ | お墓ネコの社会問題 »

2014年10月 6日 (月)

台風一過のコントラストが目にしみる

2014100601朝はものすごい暴風雨で、東海地方の交通網もマヒ状態だったのだが、台風が通り過ぎた後には、お約束の鮮やかな青空が広がった。このコントラストを写真に残さないテはないので、カメラを持っていつもの公園に。木漏れ日が突き刺さるほど眩しい。

2014100602まずコイツに挨拶せねば。もちろん私を見つけて、むこうから寄ってきてくれるので、私は時々カメラを向けながら、しばらく話をする。ネコやイヌのように言葉が通じているとも思えないが、かといって人の言葉を騒音とも思っていないようだ。背景の鮮やかさがクジャクの目に映ってキラキラである。

2014100603ようやく砂場で遊べる解放感から、こんな状態になってしまったのだろう。この公園はシカの数の割に小屋の屋根が小さいので、台風の時は小屋の隅に、全員でぎゅうぎゅうに固まっていたに違いない。

2014100604低い角度から夕陽が差し込む自転車道は、青空の先に吸い込まれそうな感じだ。しかしまだ風がかなり強く、その上空気が澄んでいて日差しが強いので、案外自転車に乗っている人は少なかった。

|

« 新型デミオ試乗 | トップページ | お墓ネコの社会問題 »

コメント

あら、クジャクちゃん綺麗に撮ってもらえて良かったね。
とても凶暴なクジャクには見えませんよ。
こちらでも午前中暴風雨後は台風一過の青空が広がりました。

投稿: ちろ | 2014年10月 8日 (水) 18時24分

ちろちゃん

このクジャクは、凶暴と言うより人懐っこすぎる、と解釈しています。私には飛びついたり噛みついたりしますが、子供がたくさん来ると、いつも自慢げに羽を広げて見せているので。本当はメスを呼び寄せるためのはずなんだけど。

投稿: 内藤敦司 | 2014年10月 8日 (水) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型デミオ試乗 | トップページ | お墓ネコの社会問題 »