« V3 街角スナップ | トップページ | 雲間に浮かぶ... »

2014年9月 2日 (火)

コンゴウインコ

2014090201買い物の途中で立ち寄ったペットショップにいた、超巨大インコ。しかも店内の売り場に放し飼い。店員のお姉さんに聞いたら、羽を切ってあるから飛んで逃げることはできないけど、あまり自分からどこかに行こうとは思わないとのこと。

空のお皿をつついていたので、お姉さんにヒマワリの種のようなものをもらって、食べ始めた。お姉さんが「おいしい?」と聞くと「あ゛~」とか返事をするし、なんか完全にコミュニケーションができている感じ。

私が近づくと、最初だけびっくりしていたが、その後はずっとこっちが気になるようで、自分から顔を近づけたり、クチバシで触ろうとしたり。カメラを向けても、怖がったのは最初だけで、あとはこのとおり。世話は大変そうだが、人間をちゃんと意識して、こちらの言葉や行動に反応してくれると、動物はみんなかわいいものだ。

|

« V3 街角スナップ | トップページ | 雲間に浮かぶ... »

コメント

このインコはわかりませんが
すごくご長寿なインコもいて
年老いた人間が引き取り先を探すなんてこともあるそうです。
賢いのでインコは納得いかなかったり
切ないらしいです。
インコは頭いいんですよね。

投稿: ちろ | 2014年9月11日 (木) 05時21分

ちろちゃん

インコの平均寿命は、50年とも60年とも言われていますね。鯉や亀も長生きしますが、ペットは子供と違って親離れして独り立ちさせるわけにもいかないので、飼い主の責任として、自分の生涯とどう折り合いをつけるかというのは、とても大切なことですね。

鳥って、一般的に思ったより知能が高いです。頭がいいのはカラスや猛禽類だけかと思ってたけど。
ただ、ハトだけはどう見ても何も考えていなさそう...

投稿: 内藤敦司 | 2014年9月11日 (木) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« V3 街角スナップ | トップページ | 雲間に浮かぶ... »