« V3 フィールドテスト2日目 | トップページ | コンゴウインコ »

2014年8月27日 (水)

V3 街角スナップ

2014082701ものすごく暑い割には、1日のうちで必ず1度は雨が降るという、なんとも不安定な天気が続いたので、Nikon1 V3 を持ち出して撮影する機会がないまま、購入から3週間以上過ぎてしまった。今日も午前中は雨だったが、午後から晴れて怪しい雲も出ていなかったので、久しぶりに街角スナップ。ということで、まずは近所のイヌ。ようやく庭で気持ち良く昼寝できる気温になってきたようだ。

2014082702半野良のネコも久しぶり。今までずっと家の中に入れてもらっていたのだろう。数か月ぶりにもかかわらず、私が声をかけて近づくと、「ここ撫でれ」と言わんばかりに、頭の向きを変えてくる。かわいがられ方を完全に身に付けているな。

2014082703そしてもうちょっと先の家のイヌ。暑いときは家の中にいるようだが、今日はガレージで昼寝していた。相変わらずカメラはちょっと苦手なようで、レンズを向けるとむくっと起き上がって、警戒の眼差し。尻尾が持ち上がっているし、逃げ腰でもないので、怖がっているというより、「なんか用か?」といったところだろう。

2014082704市街地を歩いていくと、最近新しくできた地元の童話作家新美南吉の等身大ブロンズ像。もちろんこのベンチはベンチとして使えるのだが、この動かないおっさんの微妙な位置のおかげで、3人座るのはちょっと窮屈かも。南吉もすごく小柄な人だったようだが、両脇の昭和初期の女子高生も、現代の小学生並みに小さい。

2014082705新しい都市計画で拡張された、駅前の一番広い道路の歩道に南吉が勤務した市内の女子高(現在は共学)の校舎を模した掲示板が去年建てられ、今回はその横に南吉自身と教え子たちのブロンズ像が建てられたということだ。

2014082701新美南吉生誕100周年ということで、今は市内循環バスも、こうして南吉の作品にちなんだラッピングが施されている。新美南吉の作品のほとんどは、青空文庫から無料でダウンロードできるので、子供の頃を思い出して、是非もう一度読んでもらいたい。

2014082707続いてこれも久しぶりの、近所の獣医さんのところのカラカル。この部屋はもちろん温度管理されているのだが、それでも日本の夏は、この大型ネコたちには暑すぎるようだ。こうしてダラけた姿は、2枚目の写真のネコと全然変わらない。世界最大のヤマネコの威厳はどこへ行った?

2014082708動物の檻の方を見に行くと、しっかり私のことを覚えていて、大きな声で私を呼ぶハクトウワシ。以前は帽子をかぶっているとわからなくて、帽子を取ると鳴いたものだが、最近では帽子をかぶっていてもちゃんと私だとわかるようだ。人間の数倍の視力を持っているのだから、ずっと遠くの方から、わかっていたはずであるが、私がこちらに足を向けた時だけ鳴くのは、やはり喜んでくれているのだろうか。

2014082709ワシと話している私の声を聞いてか、カワウソの兄弟が部屋の奥から走って出てきた。相変わらずぎゅうぎゅう鳴きまくるし、私の指を掴んで離さない。大人になったらおとなしくなると思っていたのだが、そういうわけではないのかもしれない。そうすると、この子たちがこのまま成長して、お父さんカワウソと同じくらいになっても、私にじゃれ付いてくるのだろうか。カワウソって、近くで見ると中型犬くらいの大きさがあって、凶暴ではないけど、結構怖いんだよなぁ...

|

« V3 フィールドテスト2日目 | トップページ | コンゴウインコ »

コメント

半ノラさんもカラカルさんも、どっちもダラケっぷりが可愛い(´∀`*)
指を掴んで話さないなんて、カワウソ兄弟はすごく人懐こいんですね。
私もそこの獣医さんへ行ってみたいです。

投稿: みやび | 2014年8月28日 (木) 08時31分

みやびさん

ここの病院にはとんでもない大型動物がたくさんいて、ネコが病気じゃなくても遊びに行きたくなります。

でもやっぱりネコ科の昼寝はイイですね。トラやライオンでも、基本はこんな感じですから。

投稿: 内藤敦司 | 2014年8月28日 (木) 13時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« V3 フィールドテスト2日目 | トップページ | コンゴウインコ »