« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月27日 (水)

V3 街角スナップ

2014082701ものすごく暑い割には、1日のうちで必ず1度は雨が降るという、なんとも不安定な天気が続いたので、Nikon1 V3 を持ち出して撮影する機会がないまま、購入から3週間以上過ぎてしまった。今日も午前中は雨だったが、午後から晴れて怪しい雲も出ていなかったので、久しぶりに街角スナップ。ということで、まずは近所のイヌ。ようやく庭で気持ち良く昼寝できる気温になってきたようだ。

2014082702半野良のネコも久しぶり。今までずっと家の中に入れてもらっていたのだろう。数か月ぶりにもかかわらず、私が声をかけて近づくと、「ここ撫でれ」と言わんばかりに、頭の向きを変えてくる。かわいがられ方を完全に身に付けているな。

2014082703そしてもうちょっと先の家のイヌ。暑いときは家の中にいるようだが、今日はガレージで昼寝していた。相変わらずカメラはちょっと苦手なようで、レンズを向けるとむくっと起き上がって、警戒の眼差し。尻尾が持ち上がっているし、逃げ腰でもないので、怖がっているというより、「なんか用か?」といったところだろう。

2014082704市街地を歩いていくと、最近新しくできた地元の童話作家新美南吉の等身大ブロンズ像。もちろんこのベンチはベンチとして使えるのだが、この動かないおっさんの微妙な位置のおかげで、3人座るのはちょっと窮屈かも。南吉もすごく小柄な人だったようだが、両脇の昭和初期の女子高生も、現代の小学生並みに小さい。

2014082705新しい都市計画で拡張された、駅前の一番広い道路の歩道に南吉が勤務した市内の女子高(現在は共学)の校舎を模した掲示板が去年建てられ、今回はその横に南吉自身と教え子たちのブロンズ像が建てられたということだ。

2014082701新美南吉生誕100周年ということで、今は市内循環バスも、こうして南吉の作品にちなんだラッピングが施されている。新美南吉の作品のほとんどは、青空文庫から無料でダウンロードできるので、子供の頃を思い出して、是非もう一度読んでもらいたい。

2014082707続いてこれも久しぶりの、近所の獣医さんのところのカラカル。この部屋はもちろん温度管理されているのだが、それでも日本の夏は、この大型ネコたちには暑すぎるようだ。こうしてダラけた姿は、2枚目の写真のネコと全然変わらない。世界最大のヤマネコの威厳はどこへ行った?

2014082708動物の檻の方を見に行くと、しっかり私のことを覚えていて、大きな声で私を呼ぶハクトウワシ。以前は帽子をかぶっているとわからなくて、帽子を取ると鳴いたものだが、最近では帽子をかぶっていてもちゃんと私だとわかるようだ。人間の数倍の視力を持っているのだから、ずっと遠くの方から、わかっていたはずであるが、私がこちらに足を向けた時だけ鳴くのは、やはり喜んでくれているのだろうか。

2014082709ワシと話している私の声を聞いてか、カワウソの兄弟が部屋の奥から走って出てきた。相変わらずぎゅうぎゅう鳴きまくるし、私の指を掴んで離さない。大人になったらおとなしくなると思っていたのだが、そういうわけではないのかもしれない。そうすると、この子たちがこのまま成長して、お父さんカワウソと同じくらいになっても、私にじゃれ付いてくるのだろうか。カワウソって、近くで見ると中型犬くらいの大きさがあって、凶暴ではないけど、結構怖いんだよなぁ...

| | コメント (2)

2014年8月13日 (水)

V3 フィールドテスト2日目

2014081301今日はもう少し足を延ばしてデンパークへ。雨は降っていないが、今にも降り出しそうな天気なので、温室内を中心に撮ることにした。もっともこの時期は、屋外にあまり色とりどりの花は咲いていないのだが。まずは大温室の中心にある人魚姫のブロンズ像。この周りのレイアウトは1年を通してほとんど変わらないので、カメラのテストにはもってこいの被写体である。

2014081302真夏には、花だけでは色彩が足りないので、それなりの演出も必要。RAW で撮影する場合、ピクチャーコントロールはニュートラルが基本なので、現像時にやや彩度を上げた。J1 より高画素になっているが、色飽和は起こしにくい印象。センサーの性能は確実に上がっているようだ。

2014081303レンズの解像度を超えた高画素のセンサーを、ローパスフィルターレスで使用しているので、等倍表示にすると解像度不足のように感じるが、J1 と同じサイズにまで縮小すると、確実に解像度が上がっているのがわかる。また露出は J1 より全体にアンダー気味なので、デフォルトの露出補正は 0 から -1/3EV 程度が基準になりそうである。

| | コメント (2)

2014年8月12日 (火)

V3 フィールドテスト初日

2014081201朝から大雨だったので、今日は屋外でのテストは無理かとあきらめていたのだが、お昼前に雨が上がり、猛暑でもない適度な天気になってきたので、昨日届いた Nikon1 V3 にストラップを付けて(もちろんニコンのプロ巻き)、いつもの公園に出かけた。そして私を見つけて、さっそく飛びかかってきたクジャク。久しぶりなので、うれしかったのか。

2014081202肝心の V3 は、とにかく速い。Nikon1 というシステム自体が、速さがウリなので、それは前機種の J1 の時からわかっていたのだが、一層速さに磨きがかかった感じ。AF の性能が上がったのか、新しい標準スームレンズのレスポンスが早くなったのかは、まだわからないが、通常の一眼レフなら、シャッターを半押しして合焦した直後、シャッター全押しして撮影というリズムなのだが、これはいきなり全押ししても、その間にピッと合焦する感じである。だから動きの速い動物たちが、一瞬止まったところで、シャッターを一気に全押ししても、ちゃんとピントが合っている。

2014081203カメラを持って近づくと、すぐに逃げるビビリネコが、一瞬立ち止まった瞬間も、こうして捉えることができる。コンパクトカメラやスマートフォンでは到底不可能なシーンだし、一眼レフでこのレスポンスを得ようとしたら、カメラとレンズ一式で100万円コースになってしまうだろう。

ただ一つ残念なことは、キットの標準ズームレンズ(パワーズームの新型)、望遠端ではかなり解像度が落ちるということ。ここまで無理をして小さくすることもなかったと思うのだが、V3 よりも一回り小さな、J4 や S2 のキットレンズとしては、この小ささが必要だったのだろう。

| | コメント (2)

2014年8月11日 (月)

Nikon1 V3 がようやく到着

2014081101 1か月前にキタムラネットショップで注文した Nikon1 V3 が、今日ようやく入荷したと、近所のキタムラから連絡があり、さっそく引き取りに行ってきた。電子ビューファインダーの初期不良のため、生産が立ち上がらず、発売後半年近くたつのに、まだ受注残が捌けない様子である。しかもこのテのデジタルカメラとしては全く値落ちしていない。

2014081102 今日のところは、まだ動作確認だけで、いろいろとチェックしているうちに夜になってしまったので、試写はしていない。今まで使っていた Nikon1 J1 と比べると、大きさはほとんど同じなのに、ずっしりと重い。手に取った感じも剛性感があり、コンパクトカメラよりも一眼レフに近い手触りである。

2014081103 私としてはグリップは必要ないと思っていたのだが、EVF とグリップと標準ズームレンズがセットになったプレミアムキットの値段は、本体、EVF、レンズをバラで買うよりも安いくらいだったので、キットを買うことにした。おそらく望遠レンズ中心で撮る場合以外は、グリップなし、EVF 付きで運用することになるだろう。

実はこのカメラのために、先月知人から古い Android 機のスマートフォンを譲ってもらった。Wi-Fi 経由でリモート撮影するためである。ベランダに飛んでくるスズメやカラスを撮れたら素晴らしいと思うのだが、まずは我が家のネコたちの、人間に見せない表情を撮ってみたいのである。

| | コメント (2)

2014年8月 2日 (土)

スーパーだれとでも定額

20140802001Willcom と E-mobile が合併して、Y!mobile になり、8月1日からホームページも統合された。そして新しいオプションプラン、「スーパーだれとでも定額」の受け付けも始まった。(店頭での受け付けは7月1日から)

スーパーだれとでも定額とは、PHS の月額基本料1,381円に、1,500円(それぞれ税別)を加えると、すべての通話とパケットが無料になるというもの。携帯電話各社の、いわゆるカケホーダイと違って、通話もパケットも両方定額なのである。Willcom の PHS は、3Gフィーチャーフォン(ガラケー)と異なり、パケット通信は AIR-EDGE と呼ばれる、Willcom のアクセスポイントに接続して IP 通信を行う。つまりスマートフォンと同じ仕組みを、2001年から提供しているのだ。だから一般的な Web サイトや任意のプロバイダのメールサーバに接続して、パソコンの同じようにホームページの閲覧やメールの送受信ができる。キャリアメールだけではなく、どの POP/SMTP サーバにも接続できるのである。このパケット料金は、従来月額2,800円を上限とする従量制だったが、これも定額になったわけである。

従来よりも月に600円ほど料金が高くなるが、通話時間を気にせずに通話できるし、固定電話や IP 電話からの発信を、すべて PHS からに切り替えれば、トータルの電話料金にそれほど違いはないし、この小さな PHS 1台を持っているだけで、外出時に簡単な Web 検索とメールができるのは非常に便利である。通信速度がベストエフォートの最大200kbpsというのは、ちょっと心もとないが、PHS の場合、通信が非常に安定しているので、3G のパケット通信と、体感的に大きな差はない。

よく考えたら、10年以上前に「京ぽん」で実現した、ポケッタブルなインターネットアクセスに回帰したわけである。もちろんあの当時に比べてはるかに高機能になったブラウザと、リッチな Web コンテンツと無制限の通話時間を伴って、月額3,111円の定額料金で。

| | コメント (2)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »