« いつもの散歩コース+ | トップページ | 包囲された »

2014年6月29日 (日)

ボスがタマ無しに

2014062901ボスをはじめ、お墓ネコの男の子たちが、みんなタマ無しになってしまった。地域猫の世話をしている人たちがお金を出し合って、まずは雄の成猫たちから、去勢手術を始めたのである。タマ無しのしるしとして、名誉の耳欠け。

今回のプロジェクトは、毎日ここに世話をしに来ているひとたちの呼びかけで、ネコと人間のリストを作り、みんなの同意を得て、近所の人が代表として、お金を集め病院に連れて行き、手術後1週間、自宅で面倒を見てくれるということで、話が進んだ。私は普段、仕事帰りにあまり遅くならなければ、様子を見に立ち寄るくらいしかできないのだが、それでも快くカンパを受け取ってもらい、世話係に名を連ねることとなった次第である。

ただ、このボスだけは、手術後1週間も飼いネコの立場に甘んじることが我慢ならず、世話をしてくれた人の家をこっそり抜け出し、なんと一人でこの墓地まで帰ってきたらしい。ボスとして、縄張りを1週間も空けることはできなかったのであろう。見た目はボロボロだけど、やっぱりすごいやつだ。

|

« いつもの散歩コース+ | トップページ | 包囲された »

コメント

さすがボス!
縄張りの見回りが欠かせないとは。
しかし玉とっちゃってもその辺りのど根性には変化ないですね。

投稿: ちろ | 2014年6月30日 (月) 11時55分

猫は毎日縄張りを巡回しなきゃいけませんもんね。
ボスとなれば、なおさら縄張りが気になる事でしょうw
地域の皆さん、オス猫さん達、お疲れ様でした。

投稿: みやび | 2014年6月30日 (月) 18時53分

ちろちゃん

ご近所だとは言っても、その人の自宅からこの墓地まで1kmほどあります。
ロドリゲスは手術後3日ほど動けなかったのに、やっぱり野良は強いですね。
今は中身のなくなった小さな玉袋がぷらぷらしてます。

投稿: 内藤敦司 | 2014年6月30日 (月) 22時27分

みやびさん

コメントありがとうございます。
獣医さんが地域猫の保護を支援してくれて、安く手術をしてくれるようなので、これからもできる限り協力したいと思っています。
子ネコがみんな成長したら、今度はメス猫の避妊手術をしていくそうです。

投稿: 内藤敦司 | 2014年6月30日 (月) 22時30分

責任感の強いBOSS

ってBOSSなら当然なのかな

でも、痛みもあるでしょうにね

愛おしいですね♥ 

投稿: ☆ジーナ☆ | 2014年7月 7日 (月) 23時23分

☆ジーナ☆ さん

我が家のロドリゲスは、手術の後2日ほど、ほとんど動けなかったので、やはりかなり痛かったのだと思います。
でもケンカで大けがをした雄ネコが、近所をウロウロしてたりしますから、その程度の痛みは、耐えてこそボスなのでしょうね。
この後、何度か様子を見に行きましたが、もうすっかり元気です。でもちょっと甘えん坊になったような気が...

投稿: 内藤敦司 | 2014年7月 8日 (火) 00時20分

ちょっと甘えん坊に?

可愛いですね♥ 

そして、なんかわかる気がするなぁ (*^m^*)

投稿: ☆ジーナ☆ | 2014年7月 9日 (水) 01時20分

☆ジーナ☆ さん

以前から人懐っこい子でしたが、手術後は人が来るとすぐに寄ってきて、撫でてやるとお腹を見せるようになりました。
でももしかしたら、人間たちを全部下僕とみなしていて、「ほら、ニンゲンたち、おれの腹をモフらせてやるぞ。」って言ってるのかも。

投稿: 内藤敦司 | 2014年7月 9日 (水) 07時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつもの散歩コース+ | トップページ | 包囲された »