« 満開の桜の下でアライグマと再会 | トップページ | 桜の散った公園は動物天国 »

2014年4月 7日 (月)

今年最後の桜を撮る

2014040701 数日前に満開だった桜も、いよいよ散り始め、ひと雨降るごとに半減していくので、今日は今年最後の撮影に行ってきた。人出は少なくなかったが、平日の昼間なので、青ビニールを広げて宴会をしているグループもなく、様々なロケーションで、無理なく撮影できた。

2014040702 この公園はぼんぼりを上げたり、屋台が出たりすることもないので、観客が多くても、それなりに絵になるのだが、極彩色のトレーナを着た、健康志向のジョガーや、黄色のジャンパーを着た公園の係員の姿は、できればあまり写真に入れたくはない。

2014040703 すでに葉の出てきた樹も多く、光線の具合を工夫しないと、寂しい絵になってしまう。そして、今年の春もまた、真っ赤なツバキに世代交代である。ツバキはソメイヨシノより、もう少し長く咲いていてくれるだろう。

|

« 満開の桜の下でアライグマと再会 | トップページ | 桜の散った公園は動物天国 »

コメント

絵になる光景には人間は邪魔ですね。
どれもとても綺麗です。

投稿: ちろ | 2014年4月 9日 (水) 21時52分

ちろちゃん

市街地にある公園は、桜の本数は市内一ですが、屋台がたくさん出て、青ビニールもあちこちに敷かれるので、なかなか写真を撮りにくいです。
ここは観覧車やメリーゴーランドがあるけど、市のはずれにあって、宴会は開かれないので、人出が多くても、それなりに写真になります。

投稿: 内藤敦司 | 2014年4月 9日 (水) 22時45分

桜には、特に川と橋が似合いますね~

堤防を根っこで固めて強くしようと

したんでしょうが、そこに桜を持ってきたのは

日本人らしいなぁと思いますね

って、勝手な想像ですが  (;^ω^A

投稿: ☆ジーナ☆ | 2014年4月14日 (月) 11時02分

☆ジーナ☆ さん

この川は、公園内に後から作られた川ですから、景観を前提に設計されていますけど、、江戸時代にソメイヨシノを植樹して、ただの川べりを年に1週間だけのお花見スポットにしてしまった、当時の日本人の発想は、素晴らしかったですね。

投稿: 内藤敦司 | 2014年4月15日 (火) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 満開の桜の下でアライグマと再会 | トップページ | 桜の散った公園は動物天国 »