« カワウソの赤ちゃん、その後 | トップページ | デンパークにも春が来ていた »

2014年3月 3日 (月)

公園の梅とネコ

2014030301 あまりに暖かいので、公園に梅を見に行ってきた。紅梅白梅が入り乱れ、つぼみもあれば落ちた花もありで、今まさに満開の状態である。しかも雲一つない快晴で、背景の青さがまた梅を引き立たせる。

2014030302 今日は久しぶりに、Nikon1 J1 に、望遠ズームの 30-110mm を付けて、空を背景に梅のクローズアップ狙いで出かけてみた。こういう小さなフォーマットのカメラが、一番本領を発揮するシーンだろう。一眼レフだと、いくら本体の小さな機種でも、200mm から 300mm クラスの望遠レンズを付けると、三脚が必須となり、次々と荷物が増えてしまう。

2014030303 公園ネコたちも気持ちよさそうに昼寝していた。いつもなら人間を警戒しない、三毛の母ネコしか画面いっぱいに撮れないが、今日は望遠レンズを付けているので、ビビリの息子たちも警戒させずに撮ることができた。

2014030304 コイツが一番の甘えん坊で、いつも母ネコのそばにいる。望遠端ではないが、約 200mm 相当で、ようやくここまで近づけた。これ以上近づいたら、数 cm ほど、車の下にもぐってしまい、影になってしまった。

2014030305 コイツはもう少し自立していて、母ネコとは離れた場所にいた。兄弟でもこれだけ成長すると、かなり性格に差が出てくるようだ。上のネコよりずいぶん近づいて撮ったが、それほどビビッている様子もない。

|

« カワウソの赤ちゃん、その後 | トップページ | デンパークにも春が来ていた »

コメント

わ~!
綺麗な空と梅ですね
望遠で撮った梅、好きだなぁ・・・

猫ちゃんたちも春の日差しが嬉しそう
また1年、厳しい冬を乗り越えられたんですものね

投稿: ゆりあ | 2014年3月 6日 (木) 20時09分

ゆりあさん

梅や桜は透過光で撮ると、色が濁って汚くなってしまうので、花びらに太陽光が当たって、空の明るさよりも明るくなっていないと、きれいに見えないのです。だから花と背景(空)と太陽の位置関係がとても難しいですね。
望遠レンズで撮ると、写る角度がすごく狭くなるので、その位置関係をスポットで狙えるという意味もあります。

もちろんビビリのネコには、望遠レンズは必須ですね。お母さんネコはすぐ近くで撮らせてくれるのですが。

投稿: 内藤敦司 | 2014年3月 7日 (金) 15時07分

望遠レンズ必須ですか。
荷物がただでさえ多い私には無理ですね。
梅が咲いたのに今日はまた寒いです。

投稿: ちろ | 2014年3月 7日 (金) 23時54分

ちろちゃん

そういう時のために、小型のレンズ交換式カメラ、Nikon1 を買いました。これなら望遠レンズもコートのポケットに入ってしまうので。
おかげで最近一眼レフを持ち出す機会がめっきり減りましたけど。

投稿: 内藤敦司 | 2014年3月 8日 (土) 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワウソの赤ちゃん、その後 | トップページ | デンパークにも春が来ていた »