« Surface が新しくなった | トップページ | クリスマスは今日です »

2013年12月13日 (金)

紅葉の先でカワウソに出会う

2013121301残った秋を探しに散歩に出ると、神社の境内が黄金色に照らされていた。反対側から見ると結構赤く見えるのだが、透過光では鮮やかな黄色である。やはりもみじはこの葉の形がポイントだ。紅葉、黄葉する葉は多いが、こんな複雑な光の模様を作り出すのは、もみじだけだろう。

2013121302しばらく歩くと、近所の獣医さんでカワウソの赤ちゃんを発見。すでに結構大きくなっているが、最近ここをあまり覗いていなかったので、生まれたのに気付かなかった。人間が近づくと、食べ物をもらえると思っているのか、ものすごいはしゃぎようである。

2013121303私が手を差し出すと、金網越しに、小さな両手で私の指を握り返してきた。子ネコもよくこれをやるが、ネコは爪がとがっているので、怪我をする覚悟が必要なのだ。カワウソは爪が丸いので、その点は安心。

隣の檻には親がいたのだが、こちらをボーっと眺めているだけ。走り回ってギュウギュウと鳴くのは、子供の頃だけのようだ。

http://youtu.be/nAwLIw6lAlQ

|

« Surface が新しくなった | トップページ | クリスマスは今日です »

コメント

残った秋を探しに散歩に出る

気持ちに、こんなゆとりを持った生活いいですね、

荒んだ心,歪んだ心の人間が多すぎる今
こんな時間を持つことが出来る幸せを感じませんか、

育った環境の良さ、心の豊かさなのでしょうね。

「かわうそ」折の中で飼うことできるのですね。

投稿: アンポンタンのママ | 2013年12月16日 (月) 12時22分

例の獣医さんの動物園にカワウソが加わったのですね。
特に赤ちゃんの頃はかわいいですね。

投稿: ちろ | 2013年12月16日 (月) 23時22分

アンポンタンのママ さん

ここは獣医さんですから、檻の中に小さなプールもあり、自由に遊べるようになってます。

残った秋を探しに散歩に出ると言う言葉は、ブログを書くときに考えたものですよ。気持ちがどうあれ、それを伝える表現方法が重要ですね。

投稿: 内藤敦司 | 2013年12月17日 (火) 00時11分

ちろちゃん

カワウソは以前からいたのですが、大人のカワウソは泳いでいるか、べたっと寝ているだけなので、金網越しに写真を撮るのが難しかったのです。
やっぱりどんな動物でも、子供は活動的で好奇心旺盛なので、写真にしやすいですね。

投稿: 内藤敦司 | 2013年12月17日 (火) 00時13分

.
内藤さん
ものすごいご無沙汰になっちゃいました
(忘れていませんからね  (b’v`●))

カワウソくんまで居るんですか!!
素晴らしい病院ですね
しかもカワウソの爪が丸いって
初めて知りました
内藤さんの優しい目線の写真ですね

投稿: ゆりあ | 2013年12月28日 (土) 10時28分

ゆりあ さん

カワウソの爪が丸いと言っても、ネコ科のようにとがっていないというだけで、人間ほど平坦なわけではないですよ。イヌに近い感じです。
こっちの指を、金網越しにしっかり握ってくる姿は、本当にかわいかったです。こんなこと、イヌやネコはやってくれませんからね。カワウソの手は、物をつかむように、サル並みに進化しているようです。

投稿: 内藤敦司 | 2013年12月29日 (日) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Surface が新しくなった | トップページ | クリスマスは今日です »