« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月30日 (月)

年末のお墓ネコ

2013123001平日の昼間とはいえ、もう年末でほとんどの会社や学校が休みなので、今日はこの霊園もにぎわっていた。おかげで、ネコたちはどこかに隠れて出てこないのだが、やはりボスだけは堂々と日向ぼっことパトロールをしていた。

2013123002お墓詣りに来る人に近づいて、ネコが好きそうな人だとわかると、甘えた声で「何かくれ~」と言って寄って行くのだ。私が「今日はきっと誰も食べ物をくれないぞ」と言うと、意味を理解したのか、植込みの向こうの方に歩いて行った。きっと人が少なくなれば、また近所の人が世話をしに来てくれるだろう。

2013123003私たち家族も、最後に雅子のいるお墓にお参りして帰ることにした。様子を見ていると、ここに寄って帰る人はかなり多い。そういう人は、お墓の野良ネコたちが近づいても、いじめたり追い払ったりはしないだろう。

| | コメント (4)

2013年12月25日 (水)

クリスマスは今日です

2013122501年末商戦に出遅れたくないのはわかるが、クリスマスディスプレイを、クリスマス当日に撤去して、お正月ディスプレイに入れ替えてしまう店舗だけはいただけない。クリスマスはクリスマスまでやってもらいたいものだ。

2013122502このショッピングモールでは、おそらく今日が最後のツリーが、ギリギリまで頑張ってくれていた。生憎平日の午前中だったので、客は少なかったが、まだ撤去は始まっていなかった。きっと明日にはがらりと変わってしまうことだろう。

2013122503最後の写真は、岐阜県養老町から、伊吹山の冠雪を撮ったもの。天気は良かったが、おかげで午後から霞が厚くなり、このあとどんどん視界が悪くなってしまった。

| | コメント (0)

2013年12月13日 (金)

紅葉の先でカワウソに出会う

2013121301残った秋を探しに散歩に出ると、神社の境内が黄金色に照らされていた。反対側から見ると結構赤く見えるのだが、透過光では鮮やかな黄色である。やはりもみじはこの葉の形がポイントだ。紅葉、黄葉する葉は多いが、こんな複雑な光の模様を作り出すのは、もみじだけだろう。

2013121302しばらく歩くと、近所の獣医さんでカワウソの赤ちゃんを発見。すでに結構大きくなっているが、最近ここをあまり覗いていなかったので、生まれたのに気付かなかった。人間が近づくと、食べ物をもらえると思っているのか、ものすごいはしゃぎようである。

2013121303私が手を差し出すと、金網越しに、小さな両手で私の指を握り返してきた。子ネコもよくこれをやるが、ネコは爪がとがっているので、怪我をする覚悟が必要なのだ。カワウソは爪が丸いので、その点は安心。

隣の檻には親がいたのだが、こちらをボーっと眺めているだけ。走り回ってギュウギュウと鳴くのは、子供の頃だけのようだ。

http://youtu.be/nAwLIw6lAlQ

| | コメント (6)

2013年12月11日 (水)

Surface が新しくなった

2013121101といっても、新製品の Surface2 のことではない。私の Surface (Surface2, Surface Pro2 の発売と同時に、従来の Surface RT は Surface と名前を変えたようだ)が交換修理で新品になってしまったという話。

ちょっと前から無線 LAN が頻繁に切断されるようになり、一度切断されたら再起動するまでつながらないし、ほかのアクセスポイントに切り替えることすらできない。それが次第に頻繁になり、先週にはついに、起動直後数分で切断、そしてまた再起動という手順を繰り返すことになってしまい、いくらなんでもこれは故障だろうということで、マイクロソフトのサポートに連絡すると、担当者とチャットできるようになっており(電話も可能だが、製品のシリアルナンバーや現象を正確に伝えるためには、文章の方が便利)、しばらく先方の指示に従って、デバイスドライバの更新などをしているうちに、とうとう無線 LAN デバイスが無応答になり、再起動しても OS がデバイスを認識しない状態になってしまったので、これは完全にハードウェアの不具合だということで、交換サービスとなった。

その時点でマイクロソフトの製品登録のサイトを見ると、私の登録した製品がすでに修理待ちの状態になっており、こちらから現物を送るだけとなった。データのバックアップは取っておくように言われたが、ほとんどのデータは SkyDrive に保存してあったし、内部に貴重なデータも残していなかたので、キーボードや SD カードを取り外して、そのまま本体だけを手元にあったプチプチに包んで、Amazon のダンボールに入れて、金曜日の夜、隣のセブンイレブンから発送。

翌日土曜日の夕方には、荷物の追跡でマイクロソフトに届いたことを確認。日曜日は休みだろうから、月曜日に連絡が来るだろうと思って待っていると、月曜日の午前中に荷物を受け取ったので、これから故障個所の確認をしますというメールを受け取った。そしてその日の夜には、交換品を発送したとのメールを受け取った。到着予定日や、バックアップしたデータのリストア手順なども書かれていたが、それらは気にせずに待つ。すると翌火曜日(つまり昨日)の夜に新品の Surface が届いたというわけである。同梱されていたのは、シリアルナンバーが変わってしまったので、新しい保証書が1部。製品登録サイトの登録情報は、すでに新しいシリアルナンバーになっていた。

新品になっているので、ユーザアカウントの登録から始めなければならないのは仕方ないとして、登録が終わるとすでに私がストアから購入したアプリケーションのダウンロードが始まった。そして最後に以前に登録した Surface RT の設定を引き継ぐかというメッセージが表示されたので、「はい」を選ぶと、なんとびっくり。私が修理直前に使っていたデスクトップが再現されているではないか。インストールしたアプリケーションのアイコンが表示されているだけなく、デスクトップに並べたタイルや壁紙まで、そっくりそのまま再現されているのである。これってつまり、私が使っていた Surface の環境設定が、随時マイクロソフトのサーバにバックアップされていたってこと? 便利かもしれないけど、それって個人情報満載じゃん。先日のニュースで、オバマ大統領が iPhone を使えないって報じられてたけど、理由がはっきりわかった。Microsoft と Apple と Google のデータベースを統合したら、先進国のほとんどの人の日常的な行動が(本人がデータ通信を行っているという意識がなくても)、ほぼ把握できちゃうってことじゃないだろうか。いわゆるビッグデータというやつ。

2013121102でもまあそこから逃れて社会人生活を送ることが、実質的に不可能になっているのだから、便利に生きていく方法を手に入れる方を選ぶしかないのだけれど。というわけで、NOKIA Lumia 520 でテザリングして、どこでも Surface は、安定して動作している。今話題の特定秘密保護法、あんな物今頃議決しても、全国会議員からスマートフォンとパソコンを没収して、音声電話だけの連絡網を作らないと、とっくに手遅れになってるかもよ。

写真は、Lumia 520 でテザリングしている Surface を、Lumia 520 のカメラで撮影して、Surface に転送したもの。なんだかすごく、入れ子になってる感じ。

| | コメント (2)

2013年12月 8日 (日)

Lumia 520 でテザリング

2013120801テストをするために、わざわざ外に持ち出す必要はないのだが、自分の部屋でモバイル機器の動作テストをしても気分が出ないので、いつも通りマクドナルドの電源の取れる席で、NOKIA Lumia 520 のテザリング動作テスト。もちろんノートパソコンもスマートフォンも DC 駆動可能だが、手元に電源があると、何かと心強いので。だったら家でやれば、と言う話はナシでお願いします。

今まで Xi ルータで使用していた SIM カードを Lumia 520 に入れ替えて、単体でもネット接続できるようになったのだが、Lumia 520 は LTE に対応していないので、これをルータとして使った場合の、実効速度がどれくらいのものかを確認するのが目的。Windows Phone 8 をルータとして、Windows 7 パソコンをネットに接続するなんて、なんとなく無駄なことのようにも思えるが、やはりキー入力を伴う作業は、パソコンにかなうものがない。まして Office での作業ともなると、Windows Phone に付属のものは、機能が大幅に縮小されているので、既存の帳票のセル入力くらいにしか使えない。そこはやはり、餅は餅屋と言うところである。

通信速度計測サイトを使って確認してみると、ダウンロードスピードは 1Mbps から 2Mbps。Xi ルータ経由だと 10Mbps 程度は確保されているので、やはり10分の1くらいの体感速度通りの結果となった。それよりも通信速度が不安定で、待たされるときは結構待たされるという感じである。しかし ISDN でネットに接続していた頃と比べたら、雲泥の差だし、マクドナルドの BB モバイルポイントを使うのと大して変わらない感じである。まあ実用レベルだろう。

今回この組み合わせを使ってみてわかったのは、メールのチェックや、簡単なブラウジングは、スマートフォン本体で行い、キーボードからの入力作業だけをパソコン(または Surface)から行うという分業が、一番効率が良いということである。それなら Windows Phone でルーティングする価値もあるというものだ。

| | コメント (0)

2013年12月 7日 (土)

晩秋の公園ネコ

2013120701いよいよ秋も終わりに近づいて、公園は枯葉の絨毯と紅葉が織りなす、鮮やかな風景となった。今日は気温は低かったが、快晴で風も弱く、散歩していると、寒さを感じない陽気だった。残った葉を透過光で見ると、見事な光のトンネルができる。

2013120702久しぶりに会った公園の母ネコは、降ってくる落ち葉を数えるように、じっと眺めていたが、私が声をかけると、こっちに目線をくれた。夜はかなり寒いはずだが、おいしいものをたくさんもらっているようで、冬に向けて毛がもこもこである。近くにいる息子たちは相変わらずビビリで、私が声をかけると、みんな逃げて行ってしまった。とはいっても、ちょっと離れたところから、こっちを見ているのだが。

2013120703常緑樹の中の紅葉は実に見事で、これこそまさに燃えるような紅である。「食い物、食い物...」といってわさわさ寄ってくるシカたちや、私に鼻先をこすりつけてくるポニー、木の上でずっと寝ているアライグマ、私を見つけるなり走り寄ってきて、金網越しに飛び蹴りを食らわすクジャクも相変わらず。また季節が一巡する。

| | コメント (4)

2013年12月 1日 (日)

Autoway で購入したスタッドレスを履いてみた

2013120101先月格安通販タイヤショップの Autoway で、韓国製 NEXEN のスタッドレスタイヤを購入したので、12月に入った今日、アテンザに取り付けてみた。私が購入したタイヤは WINGUARD SPORT というタイヤとアルミホイールのセットで、タイヤもホイールもそれぞれ1本約9,000円、4本セットに取り付け料込で、76,000円ほどだった。東海マツダの推奨品カタログを見ると、ブリジストンのスタッドレスとアルミホイールのセットでは、なんと20万円を軽く超えていたので、3分の1以下の価格と言うことになる。

この地方では積雪があるのは年に2~3回程度。しかもそういう時にはパトカーが出動して、幹線道路を低速で先導したりするので、そもそもスタッドレスの必要はほとんどないのだが、過去何度か高速道路でチェーン規制に引っ掛かったこともあり、スタッドレスタイヤは安全性のためと言うより、通行手形としての意味合いが強い。そういうわけで、氷上性能を徹底的に追求したスタッドレスタイヤなど、雪が降る前にあっという間に摩耗してしまい、雪が降ったとしても、スキーをやらない私には、そんな性能を活かす道路がないので、むしろドライ性能をできる限り犠牲にしないスタッドレスが好都合なのである。

2013120102この NEXEN WINGUARD SPORT というタイヤは、その名の通り、スタッドレスとしてはドライ性能を維持した製品らしく、スピードレンジはドライタイヤと変わらない V 規格である。国産のほとんどのスタッドレスが、Q や T であることを考えると、いかにドライ性能重視かわかるだろう。しかしちゃんと STUDLESS の表記があり、日本向けに出荷されていることが確認できる。ただし、ヨーロッパ向けの雪の結晶の絵柄もあり、簡易なオールシーズンタイヤなどではなく、ヨーロッパの厳冬期に対応できる規格もクリアしているようだ。

車に取り付けた後にガソリンスタンドで空気圧のチェックを行い(これもヨーロッパ規格のエクストラロードなので、空気圧の設定がやや高い)、往復50kmほどの試運転を行った。もちろん雪など降っていないので、ドライ路面での感想であるが、今までのタイヤよりやや柔らかく、乗り心地が良く感じられるが、以前履いていた国産のスタッドレスのように、フニャフニャする感触もなく、ブレーキング時も安定している。とりあえずこれならドライ路面では通常のタイヤと同じ感覚で使えそうだ。さて、今シーズン中に雪上性能を確かめることはできるだろうか。

2013120103ちなみにセットのホイールは、内部がブラック塗装で表面はヘアラインのポリッシュ仕上げという、やたらカッコいいデザインである。オフセットは標準のものより3mm浅くなるが、リム幅が0.5インチ狭いので、実際にはホイール表面は、3mmほど引っ込む計算になるが、それほど違和感はない。

| | コメント (4)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »