« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月27日 (火)

真夏を過ぎたお墓ネコ

2013082701久しぶりにお墓ネコたちの写真を撮ってきた。仕事帰りにお墓に立ち寄ることはあったのだが、しばらく写真を撮っていなかった。一昨日から昨日まで降り続いた雨で、今日は快晴でもかなり涼しかったので、ネコたちには久しぶりに快適な一日となっただろう。ボスが相変わらず堂々と寝ていた。撫でても抱き上げても、まったく動じない。

2013082702それに引き替え、まったく懐いてくれない美ネコ。しかし私がほかのネコを撫でていると、必ず近くに寄ってくるので、遊んで欲しい気持ちだけはあるようだ。なのに目を合わせると、2~3メートルほど逃げてしまう。背を向けて、しばらく他のネコの相手をしていると、また近寄ってくる。毛並みも顔をいつもきれいだから、こうして元気な姿を近くに見せてくれるだけでいいけど。

2013082703ダンボールハウスで昼寝をしていたクッキー柄。よほど気持ちよかったのか、私が撫でても出てきてくれない。この子たちにとっては、近所の人が敷いてくれた新聞紙のシュレッダーダストでさえ、贅沢なクッションなのだろう。

今までここに来るのは仕事帰りがほとんどだったから、手持ちのカメラはコンパクトデジタルだけ。しかも夕方になって、陽がかなり低くなってからの撮影だったから、あまり画質のいい写真は撮れなかったのだが、これからはコンパクトカメラを COOLPIX P330 に換えて、ワンランク上の画質の写真を撮ってやれるのが楽しみだ。

| | コメント (2)

2013年8月24日 (土)

IS12T

docomo の Wi-Fi ポケットルータを買って、NTT コミュニケーションズの MVNO データ通信用 SIM を契約したことは、先月末のブログに書いたが、おかげで今までマクドナルドでしか使っていなかった、WILLCOM 03 のブラウザが、どこでも使えるようになった。普段使っている nifty の SMTP/POP メールも、外出先ではよほど緊急でない限り、チェックはしていなかったのだが、いつでも気軽に送受信できるようになった。ところがそうなると、欲が出てくるものである。WILLCOM 03 の Opera ブラウザで、Web サイトを閲覧していると、通信速度は速いのに、画面が完全に表示できないことが多いのだ。明らかに、リッチコンテンツがブラウザの処理能力を超えている。さすがに5年前のスマートフォンでは、これが限界だろう。

というわけで、いよいよ本格的に WILLCOM 03 の代替機を探すことになった。ただし、今回は PHS 回線や 3G 回線で通話できる、スマートフォンである必要はない。ポケットルータを持ち歩いているのだから、Wi-Fi 接続できるデータ端末でありさえすればいい。しかし iOS や Android 機では代替手段にはならないのだ。なぜなら私が今まで、どうしても WILLCOM 03 を手放せなかった理由は、Excel のデータを、オフラインでもある程度編集できることと、Outlook のスケジュールとアドレス帳を、同期できることが必要だったからだ。基本はデスクトップであり、スマートフォンは外出先(主に仕事中)での、データの確認と、わずかな編集。そしてデスクトップへの同期である。Windows Mobile はこれらを完全に実現する上に、そのためにインターネットを必要としない、完璧なクライアント OS だったのだが、もはやクラウドに依存しないシンクライアントは存在しない。しかしそれでも Windows Mobile や Windows RT が唯一の代替手段となり得るのである。

ちょうど Surface RT が大幅な値下げをしたので、これもターゲットにしたのだが、実物を見ると、やはり10インチタブレットは大きすぎる。今使っている Lenovo のノートパソコンと、ほとんど変わらない。ならば、WILLCOM 03 の環境を完全に移行することはあきらめて、Excel と Outlook とメールを残し、ブラウザだけを7インチの Android タブレットに移行するか。間もなく新型 Nexus7 も発売されるだろう。

などと悩みつつ、中古品も視野に入れて、オークションを検索していると、Windows Phone IS12T がゴロゴロ出品されているではないか。しかも新品未使用箱入りなどというものも少なかなからずある。落札相場は5,000円から10,000円。そういえば、最近 au から、Windows Phone 7.5 から 7.8 へのアップデートも発表されていたのを思い出した。それで UI もほとんど Windows Phone 8 と同じになるらしい。ここで私の気持ちがほぼ決まった。あとは本当に IS12T が WILLCOM 03 の代替機になり得るかどうかの確認である。そこで約1週間にわたって、ネット上の情報を調べまくった。結果として、au と契約しなくても、SIM カードなしで、通話以外の全機能が使える。Office ドキュメントは、SkyDrive 経由ですべての PC と同期できる。Outlook は制限付きながらも、Windows Live のアドレス帳やスケジュールに同期できるアドオンツールが公開されていることを確認した。これなら何とかなりそうだ。ということで、ウォッチリストにいくつか入れておいた出品のなかから、信頼のおけそうな出品者のものを選んで入札。ちょっと申し訳ないくらいの値段でなんなく落札でき、新品ではないけれども、2~3日使った程度にしか思えないような極上品を入手することができた。

2013082401早速 Wi-Fi 経由でバージョンアップの案内が通知されたので、OS を Windows Phone 7.8 にアップデートし、Windows Live と nifty のメールアカウントを設定し、Outlook には Windows Live 同期用のアドオンをインストールして、ほぼ WILLCOM 03 の環境を移行できた。ブラウザはパソコンと変わらないほど快適だし、実際に使ってみると、Windows Phone の MetroUI は、iOS や Android など比べ物にならないほど操作しやすい。そういえば、Android を Metro UI そっくりにするアドオンツールすらリリースされているようだ。

これで5年間使い続けた WILLCOM 03 をいよいよ引退させる時が来た。もっとも先進的であるはずのスマートフォンを、今までのどの携帯電話や PHS より長く使ったのだから、性能的に不満があって当たり前であるが、特に丁寧に扱ったわけでもないのに、一度の故障もなく、よく動いててくれたものだ。今度は PHS の機種変更である。実は WILLCOM の PHS というのは、3G 携帯電話と違って、パケット通信は IP 端末となるので、ほとんどの機種でフルブラウザが使えるし、キャリアメールのほかに、SMTP/POP メールが使えて、スマートフォンで必須の機能は、最初から内蔵しているのだ。しかもパケット定額でなくても、パケット通信料の上限は、2,800円/月と、非常に安い。おそらく最新の PHS は、WILLCOM03 よりも、そのあたりのアプリケーションは進歩しているだろうから、ブラウザがハングアップすることも少ないだろう。もしかしたら、PHS を機種変更したら、IS12T の出番が少なくなってしまうかも。

| | コメント (0)

2013年8月12日 (月)

P330 フィールドテスト

2013081201猛暑の中、ようやく COOLPIX P330 に液晶保護フィルムを貼って、ストラップを付けて、フィールドテストに持ち出した。とは言っても、こちらの体力が持たないので、公園まで歩くのが精いっぱい。しかし鳥は恒温動物のくせに、暑さ寒さをあまり感じないのだろうか。さすがに望遠端ではやや解像度が落ちる(しかもこの写真は面積比で2倍くらいにトリミングしてある)。

2013081202ラチチュードは、1/2.3インチセンサーの機種より、ひとクラス上のようだ。こういう日差しの強い炎天下だと、以前の COOLPIX S6300 では、地面ですら白飛びしてしまうことがあるが、なんとか階調を保っている。しかも、露出補正を忘れていたので、撮影後にやや明るさを落としているのだが、明るい部分は破たんしていない。

2013081203喧嘩しているのか、仲良しなのかわからないハトの行動。これも露出補正を忘れていて、後から補正したものだが、ハイライトが白飛びしていないし、もちろん右側のハトの胸のシャドー部分もつぶれていない。

2013081204露出補正を忘れていることに気づいて、-1/3EV落として撮影したもの。やはり発色がしっかりして、奥行きのあるトーンだ。このカメラのデフォルトは-1/3EVが正解。コントラストは強すぎないし、色飽和も起こしていない。レタッチ耐性が高い絵だと言える。Nikon1 よりも、むしろ一眼レフのサブカメラとしての位置づけを狙ったのではと思わせる仕上がりだ。

| | コメント (2)

2013年8月 8日 (木)

COOLPIX P330

2013080801このカメラも、発売された時に必ず買おうと決めていたのだが、キタムラのオンラインショップで、今日いきなり値が下がって、価格.comの最安値と1000円ほどしか変わらなかったので、店頭受け取りで注文し、すぐに近所の店から入荷の連絡があったので(在庫があったのだろう)、即日入手することができた。まだカメラのクセ(特に露出傾向)を掴むまでは実戦投入できないので、今日はテスト撮影。

2013080802まずは洗車した直後の愛車を撮影。3:2フォーマットにトリミングして、リサイズしたもの。今まで使っていた COOLPIX S6300 と明らかに異なるのは露出である。こちらはかなり渋くアンダー目になるので、今まではコンパクトカメラではデフォルトの露出補正を-2/3EVとしていたが、この機種では-1/3EVくらいが妥当だろう。

2013080803同じアングルで COOLPIX S6300 との比較。これは逆に明るくなりすぎたので、さらに露出を落として-1EVにしたが、それでも P330 の-2/3EVより明るい。しかもコントラストが強いので、全体に明るく感じるように味付けされている。

2013080804P330 で撮った、上の写真を等倍にしてみると、これはもう今までのコンパクトカメラとは次元の違う画質だ。撮影は午後6時半頃で、もうかなり陽が傾いているが、1000万画素超えのコンパクトカメラにありがちな、画面のザラザラ感がまるでない。画素数は1200万画素と、S6300 よりかなり少ないが、同じサイズで鑑賞すれば、明らかにこちらの方が解像感が上である。

2013080805その証拠が、この写真。S6300 で撮ったものを、等倍ではなく、P330 の画素と同等になるまで縮小したものである。つまり条件はこちらの方が有利なのに、この程度のリサイズでは、画面のザラザラ感は全く消えていない。もともとシャープネスが強めにかかっているので、一見解像感があるように見えるが、タイヤとフェンダーの境界あたりを見れば、その差は歴然としている。

2013080806夜間の室内で、照明は蛍光灯のみ。フラッシュは使用しないという、コンパクトカメラでは絶望的な状況でも、P330 はここまでディテールを再現できている。少なくともこのサイズにして、掲示板やブログに貼りつけるなら、十分な画質である。陰になっているお尻の部分ですら、毛並みが再現できているのは驚きだ。

RAW 撮影とか、GPS を使っての位置情報の取得とか、まだこのカメラ独自の機能はまったくテストしていないので、今後何が有用かも見極めなければならないが、少なくともコンパクトカメラの性能の大幅な底上げになったことは確認できた。これが今後の私の写真の最低クオリティになるかと思うと、いい加減な撮影はできなくなる。

| | コメント (2)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »