« 主は再び降臨された | トップページ | P330 フィールドテスト »

2013年8月 8日 (木)

COOLPIX P330

2013080801このカメラも、発売された時に必ず買おうと決めていたのだが、キタムラのオンラインショップで、今日いきなり値が下がって、価格.comの最安値と1000円ほどしか変わらなかったので、店頭受け取りで注文し、すぐに近所の店から入荷の連絡があったので(在庫があったのだろう)、即日入手することができた。まだカメラのクセ(特に露出傾向)を掴むまでは実戦投入できないので、今日はテスト撮影。

2013080802まずは洗車した直後の愛車を撮影。3:2フォーマットにトリミングして、リサイズしたもの。今まで使っていた COOLPIX S6300 と明らかに異なるのは露出である。こちらはかなり渋くアンダー目になるので、今まではコンパクトカメラではデフォルトの露出補正を-2/3EVとしていたが、この機種では-1/3EVくらいが妥当だろう。

2013080803同じアングルで COOLPIX S6300 との比較。これは逆に明るくなりすぎたので、さらに露出を落として-1EVにしたが、それでも P330 の-2/3EVより明るい。しかもコントラストが強いので、全体に明るく感じるように味付けされている。

2013080804P330 で撮った、上の写真を等倍にしてみると、これはもう今までのコンパクトカメラとは次元の違う画質だ。撮影は午後6時半頃で、もうかなり陽が傾いているが、1000万画素超えのコンパクトカメラにありがちな、画面のザラザラ感がまるでない。画素数は1200万画素と、S6300 よりかなり少ないが、同じサイズで鑑賞すれば、明らかにこちらの方が解像感が上である。

2013080805その証拠が、この写真。S6300 で撮ったものを、等倍ではなく、P330 の画素と同等になるまで縮小したものである。つまり条件はこちらの方が有利なのに、この程度のリサイズでは、画面のザラザラ感は全く消えていない。もともとシャープネスが強めにかかっているので、一見解像感があるように見えるが、タイヤとフェンダーの境界あたりを見れば、その差は歴然としている。

2013080806夜間の室内で、照明は蛍光灯のみ。フラッシュは使用しないという、コンパクトカメラでは絶望的な状況でも、P330 はここまでディテールを再現できている。少なくともこのサイズにして、掲示板やブログに貼りつけるなら、十分な画質である。陰になっているお尻の部分ですら、毛並みが再現できているのは驚きだ。

RAW 撮影とか、GPS を使っての位置情報の取得とか、まだこのカメラ独自の機能はまったくテストしていないので、今後何が有用かも見極めなければならないが、少なくともコンパクトカメラの性能の大幅な底上げになったことは確認できた。これが今後の私の写真の最低クオリティになるかと思うと、いい加減な撮影はできなくなる。

|

« 主は再び降臨された | トップページ | P330 フィールドテスト »

コメント

夜の室内で蛍光灯だけで
こんなに写るんですね。
ロドリゲスがとっても可愛く撮れてます。

投稿: ちろ | 2013年8月 9日 (金) 10時12分

ちろちゃん

部屋の中でも明るいところはどんなカメラでも写るんですよ。
難しいのは影の部分ですね。昼間だと周りが全体に明るいので、影の部分にも結構光が回っているのです。夜は天井の照明だけなので、思いのほか影が暗いのです。

投稿: 内藤敦司 | 2013年8月 9日 (金) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 主は再び降臨された | トップページ | P330 フィールドテスト »