« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月26日 (火)

開花したら寒くなってしまった

2013032601先週から公園の桜が咲き始めた。今日は天気は良くなかったが、そのぶん太陽光線が柔らかく、写真は撮りやすい。平日でしかもかなり寒いので、花見客も少なく、ロケーションもしやすいだろうと、カメラを持って昼食に出かけた。まだ半分以上つぼみだが、どのつぼみも花弁と同じくらい色付いていて、かなり鮮やかである。

2013032602池の中ではアヒルとカモが優雅に泳いでいた。しばらくは花見客が大騒ぎするだろうから、こういう静かな日は、動物たちにとっても安心できるだろう。それにしても、まるで梅の花のように、寒々とした写真になってしまった。

2013032603そして今日は珍しくクジャクが羽を開いていた。毎週のようにこの公園を歩く私が、この姿を見るのは数年ぶりだ。羽を広げているとき、このクジャクは実に自慢げに、ポーズをとって、観客の前で左右に向きを変えるのだ。しかし私がこの写真を1枚撮ると、さっと羽をたたんでしまった。まるで、「もうおしまい!」と出し惜しみしているかのように。そのあと、いつも通り私を追いかけて、時々金網越しに飛び蹴りを食らわせてきた。

| | コメント (4)

2013年3月25日 (月)

GJアテンザセダン、フロアマット作成

2月22日(ネコの日)に、新型アテンザを契約してしまったのだが、ネットで騒がれている通り、現在電気系の部品の一部に不具合があり、全車部品交換ということで、納車前の車に関しては、全面的に納車がストップしているらしい。私の注文分の生産予定日は3月15日だったのだが、この件がニュースになったのは3月14日。その後ディーラーからの連絡で、案の定工場出荷直前で止まっており、納車が大幅に遅れるとのことである。

そんなわけで、それまでの時間を楽しみたいと思い、ディーラーでフロアマットの採寸をさせてもらってきた。オプション品のフロアマットは3万円以上もする上に、色が黒しかなく、室内も黒一色のアテンザには、もう少し明るい色のフロアマットを使いたいと思っていたので、フロアマットは納車までにゆっくり考えることにしていたのだ。

時間が十分にあるならということで、オートバックスなどで売られている、フリーカットタイプのフロアマットを買い、取り敢えず自作してみることにした。色はやや暗いベージュである。これだけ見るとちょっと汚れたような色合いだが、真っ黒な内装の車の中に敷くにはちょうどいいし、これくらいの色の方が汚れも目立たないだろう。

2013032501しかし、ディーラーで新聞紙にオリジナルのマットの型を写し取り、買ってきたマット生地の上においてみると、面積は十分足りているのに、寸法がかなりキビシイ。まるでパズルのように、型紙を並べ替えたり回転させたりしながら、何とか過不足なく切り出せる目処がついた。

2013032502今度は型紙からマット生地に、フェルトペンで型を写す。コピーのコピーだから、誤差が伝搬しないように丁寧に写し取らなければならない。オリジナルが手元にあれば、時々確認しながら作業できるのだが、ディーラーで見せてもらった時の自分の記憶だけが頼りである。

2013032503最後に、フェルトペンで書いた線の内側に沿って、丁寧に切り取る。直線部分は定規を当てて大型カッターで。曲線部分は万能ばさみで。一番苦労したのは後席中央の小さなマットである。この部分には直線がほとんどないし、完全に左右対称だから、生地の模様もうまく中心出しをしておかないと、すごく見苦しい。

2013032504そして今日、切り取ったマットを持って、再びディーラーへ。運転席側のマットに、位置決め用の穴を開けなければならないが、こればかりはちょっとでもズレると、取り付けられなかったり、盛り上がってしまったりするので、最終確認である。切り出したマットの形や大きさは、実際に試乗車に敷いてみたが、見事にピッタリだった。家に帰って、マットに穴をあけ、ハトメ打ちをして完成。

材料費2700円。工期3日(1日1時間程度)。でももうやりたくない。

| | コメント (4)

2013年3月22日 (金)

桜が咲いていた

2013032201近所の神社の前を歩いていると、日当たりのいい南東の角にある桜に、ポツポツと小さな花が開花しているのを発見した。ほとんどはまだつぼみの状態だが、そのつぼみも、こうして近くで見ると、赤からピンクに変わり、花弁が広がりかけている。

2013032202満開は10日後くらいだろうか。例年通りの4月を迎えられそうだ。ところで、この写真を見て驚いたのだが、このカメラ(COOLPIX S6300)のレンズは、点光源が妙なボケ方をする。この1年間に撮った写真を見返してみたが、こんなシチュエーションで撮ったものがなかったので、今まで気付かなかったようだ。高倍率のズームレンズで高い解像度を得ようとすると、複雑な非球面レンズを使うことになるから、どうしてもボケにクセが出やすくなるようだ。まあ私はピントの合っていない部分の画質に文句を言うより、ピントが合っている部分の解像度の方がはるかに重要だと思っているので、この程度のことは一向に構わないが。

| | コメント (2)

2013年3月17日 (日)

つぼみがいっぱい

2013031701何日も暖かい日が続いているので、私の知る限り、市内で一番早く桜が咲く川べりの様子を見に行った。残念ながら開いている花はまだ見つけられなかったが、どのつぼみもあと一息というところだ。1週間後には咲き始めるかもしれない。

2013031702ここは川べりと言っても、数年前に市内に下水道が完備されるまでは、生活排水路だったために、汚れたどぶ川だったが、最近は流れる水が透明になって、桜の似合う場所になってきた。できれば道路だけでなく、早くこういう川の両岸も、花見が気持ちよくできるように整備してもらいたいものだ。

| | コメント (2)

2013年3月11日 (月)

さらに梅がいっぱい

2013031101今日はデンパークに併設された、農林高校の実習農園に、満開の梅を見に行ってきた。実は昨日もデンパークに行ったのだが、午後から曇ってしまった上に、大雨に降られたりして、温室内からほとんど出られなかったのである。

2013031102普段公園や個人の庭などで見る梅は、満開と言っても桜のように風景を埋め尽くすほどみっしり咲くわけではないが、ここの梅は桜と見間違うばかりの密度で咲いている。しかも、赤、ピンク、白と色とりどりのいろいろな品種が植えられているから、梅だけでも色彩が楽しめるのだ。

しかし残念ながら公開目的の農園ではないので、デンパークに併設されているとはいえ、開催期間が短く、今週いっぱいで閉鎖されてしまうらしい。

| | コメント (2)

2013年3月 8日 (金)

梅がいっぱい

2013030801前回まばらに咲いていた梅が、そろそろ満開だろうと思って、公園に行ってみると、紅梅が満開で白梅が半分ほど咲いて、実に見事な具合だった。最近20度近い暖かい日が続いているので、一気に咲き始めたようだ。

2013030802午前中は快晴で、写真を撮るには日差しが強すぎると思ったが、午後から適度に曇ってきて、コンパクトカメラでも、実にいい色合いが出せる。これから半月くらいは、見頃が続きそうだ。そして梅が終わるころに桜が咲き始めるだろう。

2013030803暖かさのせいか、池のほとりではアヒルとカモが仲良く日向ぼっこしていた。いつもはここまで近づく前にゲゴゲゴ言いながら逃げられてしまうのだが、今日は動くのもめんどくさそうな感じだった。

| | コメント (4)

2013年3月 2日 (土)

アライグマは洗わない

2013030201ここ数日、春を感じさせる暖かい日が続いたが、ちょっと暖かくなると、公園のコイツが出てくるのだ。そしてなぜか木の上で1日中寝たまま。子供たちが声をかけると、鹿やポニーは愛想を振りまくのに、コイツは背中を向けたままであることが多い。

しかし今日はよほど気持ち良かったのか、こっちに顔を向けて、しっかり目を開いていた。かわいいからもっと人気者になれるはずなのに、しばらくしてもう一度檻の前に行ってみると、またいつも通り背中を向けて寝ていた。

| | コメント (6)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »