« 桜が咲いていた | トップページ | 開花したら寒くなってしまった »

2013年3月25日 (月)

GJアテンザセダン、フロアマット作成

2月22日(ネコの日)に、新型アテンザを契約してしまったのだが、ネットで騒がれている通り、現在電気系の部品の一部に不具合があり、全車部品交換ということで、納車前の車に関しては、全面的に納車がストップしているらしい。私の注文分の生産予定日は3月15日だったのだが、この件がニュースになったのは3月14日。その後ディーラーからの連絡で、案の定工場出荷直前で止まっており、納車が大幅に遅れるとのことである。

そんなわけで、それまでの時間を楽しみたいと思い、ディーラーでフロアマットの採寸をさせてもらってきた。オプション品のフロアマットは3万円以上もする上に、色が黒しかなく、室内も黒一色のアテンザには、もう少し明るい色のフロアマットを使いたいと思っていたので、フロアマットは納車までにゆっくり考えることにしていたのだ。

時間が十分にあるならということで、オートバックスなどで売られている、フリーカットタイプのフロアマットを買い、取り敢えず自作してみることにした。色はやや暗いベージュである。これだけ見るとちょっと汚れたような色合いだが、真っ黒な内装の車の中に敷くにはちょうどいいし、これくらいの色の方が汚れも目立たないだろう。

2013032501しかし、ディーラーで新聞紙にオリジナルのマットの型を写し取り、買ってきたマット生地の上においてみると、面積は十分足りているのに、寸法がかなりキビシイ。まるでパズルのように、型紙を並べ替えたり回転させたりしながら、何とか過不足なく切り出せる目処がついた。

2013032502今度は型紙からマット生地に、フェルトペンで型を写す。コピーのコピーだから、誤差が伝搬しないように丁寧に写し取らなければならない。オリジナルが手元にあれば、時々確認しながら作業できるのだが、ディーラーで見せてもらった時の自分の記憶だけが頼りである。

2013032503最後に、フェルトペンで書いた線の内側に沿って、丁寧に切り取る。直線部分は定規を当てて大型カッターで。曲線部分は万能ばさみで。一番苦労したのは後席中央の小さなマットである。この部分には直線がほとんどないし、完全に左右対称だから、生地の模様もうまく中心出しをしておかないと、すごく見苦しい。

2013032504そして今日、切り取ったマットを持って、再びディーラーへ。運転席側のマットに、位置決め用の穴を開けなければならないが、こればかりはちょっとでもズレると、取り付けられなかったり、盛り上がってしまったりするので、最終確認である。切り出したマットの形や大きさは、実際に試乗車に敷いてみたが、見事にピッタリだった。家に帰って、マットに穴をあけ、ハトメ打ちをして完成。

材料費2700円。工期3日(1日1時間程度)。でももうやりたくない。

|

« 桜が咲いていた | トップページ | 開花したら寒くなってしまった »

コメント

す、すごい!
自作できるものだったんですね。
いや~しかし、これは自分でする気はしません。

投稿: ちろ | 2013年3月26日 (火) 11時18分

ちろちゃん

今乗っている車のマットも、実は同様に自分で作りました。というか、その前に乗っていた車で作ったものを、ちょっと修正して流用。
マットを切ることは、それほど面倒な作業ではないのですが、新しい車はオルガン式スロットルべダル(吊り下げではなく、床からアクセルが生えている)なので、正確にマットを作らないと、干渉して危険なのです。そこでディーラーの試乗車のマットを採寸させてもらって、型紙を作りました。型紙もマットも、柔らかい素材なので、写し取るのがすごく難しかったのです。

投稿: 内藤敦司 | 2013年3月26日 (火) 13時53分

わ~~すご~~い!!

まぁ内藤さん、器用ですものね
こんなの楽勝かな (*^m^*)

それにしても、大幅の遅れは待ち遠しいですね

私も乗せてほしいな♪

投稿: ゆりあ | 2013年3月31日 (日) 22時15分

ゆりあ さん

こんなのは器用でなくても誰でもできるんですよ。ただ前の車に乗っているときに一度作ったので、その時の経験で、100円ショップで万能ばさみを買ってきたのがよかったですね。
新聞紙の型紙から、ぐにゃぐにゃのマットに型を書き写す時に、根気が必要でしたけど。
納車されたら乗りに来てください。

投稿: 内藤敦司 | 2013年4月 1日 (月) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜が咲いていた | トップページ | 開花したら寒くなってしまった »