« アテンザ試乗 | トップページ | デンパークの紅葉 »

2012年11月30日 (金)

ブルーリフレックスマイカ

2012113001新型アテンザで一番気になっていたボディカラー、ブルーリフレックスマイカの実物を見てきた。近所のディーラーで東海マツダ各店の展示車や試乗車を調べてもらい、たった1台だけ、名古屋市内の某店舗に展示車があるとわかったので、見に行ってきたのだ。

2012113002買うならメテオグレーマイカかこの色だと思っていたが、これはいい(って、買いたい気持ちを自分で高めてるけど)。基本はチタニウムグレーとかチャコールグレーといった、やや濃いめのグレーがベースで、決してシルバー系の明るい色ではない。そこにわずかに薄い青が混ぜてある感じで、ちょうどグレーの車体を青空の下で眺めた時に、空の色が反射して、明るいところだけ青っぽく見えるような印象である。ブルーリフレックスという名前の意味がよくわかった。

ところで、先週の試乗記の続きだが、今回の新型で一番感心したのは、エンジンよりもむしろ新開発のオートマチックトランスミッションである。スペックは一見平凡なトルクコンバータ付き6速オートマチックだが、既報の通りトルコンを使うのは極低速と変速時の一瞬だけで、走行時のほとんどはロックアップ状態でドライブされる。実際に運転してみても、非常に運転のうまい人が、マニュアルトランスミッションで瞬時に変速し、スムーズにクラッチをつなぐような印象を受ける。それゆえ従来のオートマチックより変速したことがハッキリわかるから、CVTのような変速感のないものが好みの人には好かれないかもしれないが、速度計と回転計の針が、キッチリ連動して動く感覚は、安心感がある。それでいて極低速時は従来のオートマチック同様スムーズである。ヨーロッパの高級車はこの部分のぎくしゃく感を減らそうと、デュアルクラッチと7段8段という多段ギアで対応しようとしているようだが、そこはどうやってもトルクコンバータにはかなわないだろう。

さらにパドルシフト操作や、シフトレバー操作による手動変速も非常に素早く、しかも見事にブリッピングしてくれるので、高速からシフトダウンしても、まったくショックがない。右足でスロットルを煽りながら、左足でブレーキを踏んで、減速しながらシフトダウンなんていう(私が日常的にやっている)テクニックは、もはや過去のものになってしまったようだ。

一方ギア比に関して言うと、このオートマチックは6速で100km/hで走っているときには、エンジン回転数は2000回転に満たない(ガソリン車の場合)。私の4速ATのアテンザでは2800回転にもなってしまい、非常にもったいないと思いながら高速道路を走っていたが、それでも高速燃費は13km/lを超えていた。新型で高速道路を巡航した時の燃費は、いったいどれくらいになるだろうか。一般道走行時以上に、高速燃費が期待できそうである。

|

« アテンザ試乗 | トップページ | デンパークの紅葉 »

コメント

海外と日本と両方で受ける大きさにしたという話なので
きっとちょっと大きいのでしょう。
運転に自信のある方向けなんですかね。

投稿: ちろ | 2012年12月 4日 (火) 16時04分

ちろちゃん

車の大きさって、そんなに運転に影響するものではありません。国産車で一番小さな普通乗用車と、一番大きな普通乗用車で、幅の違いは20cmくらい。長さで1m50cmくらい。その範囲の中にほぼすべての車種が収まっています。
それよりも、自分の車の正確な寸法を知らずに、気分だけで運転しているドライバーが多いのが困ります。

投稿: 内藤敦司 | 2012年12月 4日 (火) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アテンザ試乗 | トップページ | デンパークの紅葉 »