« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月24日 (水)

グループとオーケストラのための協奏曲

2012102401今日が発売日である。事前予約しておいたので、今日アマゾンから届いた。ジョン・ロードの遺作となってしまった Concerto for Group and Orchestra のスタジオ録音版。初回限定として DVD が添付される。よくあるメイキング・ビデオかと思ったら、なんと同じ曲が5.1chで録音されたものだった。

本作品の初演は、1969年。当時ディープ・パープルのキーボードプレーヤだったジョン・ロードが、ロックバンドとオーケストラの共演のために書いた、約1時間にわたる大作である。これがライブ盤として日本で初めて販売されたディープ・パープルのレコードとなった。(もちろんそれ以前に3枚のスタジオ版と1枚のベスト盤がリリースされているが、日本国内のレーベルからは、当時未発売だった。)

初演から約40年を経て、2007年にふたたびディープ・パープルの新メンバーとロンドン・シンフォニー・オーケストラとの共演が、ライブ盤として発売された。その後この作品のスタジオ版を製作すべく、2011年からレコーディングに入り、1年がかりで各パートの録音とミキシングを終え、最終マスターが完成したのが、今年の7月。そして7月16日、レコーディングをしながらも癌の療養中だったジョン・ロードは、息を引き取った。

私が最も敬愛し、小学生の頃、少しだけ楽器を習っていた私に、もう一度鍵盤に向かわせた、唯一無二の音楽家の、まさに遺作となってしまった作品である。

| | コメント (2)

2012年10月23日 (火)

絶品チーズバーガー5段に挑戦

2012102301ロッテリアには滅多に来ないのだが、これは見逃すわけにはいかないし、前回は販売開始後30分で品切れになってしまったので、今日は少し早く並んでみた。

こういってはなんだが、ロッテリアのハンバーガーメニューで、まあおいしいと言えるのは、この絶品チーズバーガーだけだと思う。しかし、初めて絶品チーズバーガーを食べた時、あまりの小ささにブチ切れ、それ以来一度も食べていなかったのだが、今回はパティ5段重ねで500円だから、悪くはない。さすがに広告写真のようにきれいに積めるわけではないようだが。

半分までは、難なく食べられるし、3分の2ほど食べたところで、十分肉を食べたという満足感が得られる。しかしさすがに残り4分の1になると、ちょっと飽きてくるかも。3段か4段くらいがベストバランスだろう。3段で500円をレギュラーメニュー化してくれたら、ロッテリアに行く機会はもう少し増えるかもしれない。

20121023022時から販売開始後30分で、店内の様子はこんな感じ。3時頃には行列もなくなっていたが、来週もう一度来ることはないだろう、多分。ちなみに私の隣のテーブルにいた若い兄ちゃんは、5段バーガー2個をあっという間に平らげ、軽い足取りで帰って行った。

| | コメント (4)

2012年10月15日 (月)

お墓ネコ勢揃い

2012101501仕事帰りに立ち寄ったいつもの霊園で、今日はお墓ネコたちが勢揃いしていた。まずは人懐っこい茶ネコ。モフられ放題で、抱っこもok。ちょっと失礼して、尻尾を持ち上げてみたら、女の子だった。性別確認したので、これからはもうこんな失礼なことはしませんよ。

2012101502続いてこちらもモフり放題、抱っこokの隻眼ネコ。この子は男の子だった。相変わらず毛並みがきれいで艶もあるが、今日は鼻水を出していた。ここ数日の冷え込みで風邪をひいたか? 本格的に寒くなる前に、回復してほしいものだ。

2012101503ちょっと怖がりの牛柄は、男の子。怖がりなのを知ってか、クッキー柄がいつもそばにいて、面倒を見てやっているようである。クッキー柄がここで一番長生きなのは、こういうやさしい性格と、人懐っこさがその理由なのだろう。牛柄も警戒心は強いが、決して人間に懐かないわけではない。私がなでてやると、それはそれでうれしそうなのだ。

2012101504今日初めて見たかもしれないキジトラ。この子はまったく触らせてくれない。もう子供ではないので、この子を手懐けるのは難しいかもしれない。後ろにクッキー柄がいるが、こうして子ネコ以外のネコとも、仲良くやっている、というより、若いネコたちの母親代わりなのかもしれない。

2012101505そして久しぶりにボスを見た。相変わらずデカい。クッキー柄やキジトラの2倍はあるが、外部のネコたちとの縄張り争いが絶えないらしく、あちこち傷だらけである。なのに、人間には激甘。こうして、世話をしてくれる近所の人たちから、いつも一番おいしいものを、たっぷりもらっているのだろう。

| | コメント (6)

2012年10月13日 (土)

気の早いカボチャ祭り

2012101301図書館で借りている本を延滞しないように、今日はスーパーの店内にあるミスタードーナツで、久しぶりに一人でコーヒーを飲みながら、読書で過ごした。

ふと店内を見回すと、もう完全にアメリカのカボチャ祭りの装いである。そういえば、ミスタードーナツでもパンプキンなんたらというドーナツばかりが売り出されていたな。私はカボチャのケーキ類が大嫌いなので無視したが。

これから春までは、インドアの撮影ネタに事欠かないだろう。

| | コメント (4)

2012年10月12日 (金)

一瞬の風景

2012101201夕方車を運転していると、厚い雲に隠れた夕陽が、上空のうろこ雲に反射して、あまりにもダイナミックな秋空を演出していたので、急いで近くのスーパーの屋上駐車場に昇り、シャッターを押した。実はその数分間で、随分印象が変わってしまったのだが、それは仕方ない。

秋の夕陽は加速するように落ちるのだ。

| | コメント (2)

2012年10月 5日 (金)

ハトが太ってネコが増える

マクドナルドで昼食を食べた後、いつもの公園の中を通ったら、若いお母さんたちが、小さな子供を連れて、シカやハトにパン屑を与えたりしていた。ハトはともかく、公園で管理されているシカなどは、十分なエサをもらっているのだから、あまり客が食べ物を与えるべきではないのだが、まあ子供たちに動物と触れ合わせるのも、大切なことなので、そこはほどほどにということだろうか。

2012100501それにしてもここのハトは人間に慣れ過ぎである。私が自転車で突っ切ろうとしても、まったく逃げようとしないのだ。自動車が入ってこないからいいようなものの、これでは簡単に野良ネコに食われてしまうだろう。しかも見ての通り、超肥満体型である。首の周りが肉で膨れ上がっているではないか。

2012100502もしかしたら、ここにいるネコ家族も、人間がいないときに、こっそりハトを食ってるかもしれない。と思ってネコを探してみると、新入りの子ネコが1匹。まだ生後半年くらいだろうか。ここでよくネコやハトにエサをやっているおじさんに聞くと、どうやら三毛の母ネコの子供ではないらしい。

2012100503あのネコ家族と仲良くやって行けるのかどうかわからないが、ちょうど親離れして、人間に懐きやすい年齢だ。私のことを警戒はしていたが、好奇心の方が強く、自分から寄ってきては、モフらせ放題。もしかしたら、最近人間に捨てられたのかもしれない。

| | コメント (4)

2012年10月 1日 (月)

台風一過のお墓ネコ

昨日の台風のおかげで、今日は空気が澄んで涼しい快晴の1日となった。3か月ぶりにお墓ネコたちの様子を見に行くと、そこは子ネコパラダイスになっていた。

2012100101おそらく前回クッキー柄と一緒にいた子ネコ。ずいぶん大人っぽい顔つきになったが、まだまだ成猫の半分くらい。前回はクッキー柄の後ろをついて歩いていたが、ずいぶん人に慣れてきたらしく、今回は好きなだけモフらせてくれた。

2012100102隻眼のネコ。痛々しいが健康状態は良好そうで、見た通り毛並みもよく、この子もモフり放題。目の病気から右目を失ってしまったのか、カラスにやられたのかわからないが、少なくとも人間の虐待を受けてこうなったわけではなさそうだ。

20121001033匹の中ではやや警戒心が強い牛柄。それでも私が2匹の茶トラをモフっていると、恐る恐る近づいてきて、ちょっとだけ背中をモフらせてくれた。モフられるのはちょっと怖いが、一緒に遊んで欲しいらしく、私の手に何度もアタックしてきた。慣れれば懐いてくれるだろう。

20121001043匹の子ネコを見守るようにしていたクッキー柄。この子が妊娠していた様子はないので、子ネコたちの母親は別にいるのだろう。あるいは生まれたばかりの頃に捨てられたか。いずれにしても、今はこの子が母親役を務めているようだ。

2012100105まさにネコパラダイス。ここにいる4匹ともモフることができたのは、奇跡に近い。これから少しずつ寒くなり、この子たちにとっては初めての冬を経験することになるだろう。寒さは厳しいだろうが、元気に成長してほしい。

| | コメント (2)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »