« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月29日 (土)

レヴェントンも買った

2012092901アヴェンタドールに引き続き、レヴェントンも買っちゃった。実車の大きさが微妙に違うので、今回のトミカは65分の1。

実車の完成度から言ったら、ムルシエラゴがベースとなっているレヴェントンに比べたら、まったく新規に開発されたアヴェンタドールの方がはるかにいいのだろうが、スタイリングだけを比較したら、そこはやはり量産車のアヴェンタドールと、わずか20台しか生産されないレヴェントンでは、造形のレベルが違う。アヴェンタドールなら、事業で大成功でもすれば、将来的に絶対に買えないわけでもないだろうが、レヴェントンは一生手に入らないだろうから(そもそも日本に1台しかない)、トミカを買っておくしかないのだ。

それにしてもステルス機を模したという、光沢感のないメタリック塗装とか、左右で形状の違うエアインテークとか、実によく再現されている。なぜかランボルギーニのモデルだけは、パッケージにランボルギーニのライセンスステッカーが貼ってあるのだ。おそらく車の意匠そのものをライセンス販売しているのだろう。タカラトミーが1台につきいくら支払っているのかわからないが。

もう一つ驚いたことは、トミカのすべての車種には、モデルナンバーが振られているのだが、アヴェンタドールとムルシエラゴは同一で、レヴェントンは別の番号だった。つまりメーカが実車をモデルチェンジした場合は、同一モデルナンバーを引き継いでいるというわけだ。おそらくディアブロもカウンタックもアヴェンタドールと同じなのだろう。

| | コメント (0)

2012年9月25日 (火)

ふたばネコカレンダー

2012092501ふたば★ちゃんねるネコ掲示板の常連で、ロシアンブルーの美ネコ「つやけし様」の飼い主、ガルフストリームことマイミクのコーキー氏から、2013年のふたばネコカレンダーが届いた。ネコ掲示板の常連ネコ12匹の写真が載っている豪華版。ロドリゲスは6月に登場する。ちょうど6月はロドリゲスが我が家にやってきた月である。

コーキー氏には去年もワンダーフェスティバルに出品するロドリゲスのミニチュアを作ってもらったが、そのクオリティは大メーカーの量産品レベルをはるかに超えている。今回のカレンダーもインクジェット出力やフロンティアによる写真出力などではなく、オフセット印刷の本格的なものである。

このカレンダーはふたばの常連さんに販売されるようだが、申し込みは直接コーキー氏のブログへ。

http://tsuyakeshisama.blog.fc2.com/

| | コメント (4)

2012年9月21日 (金)

久しぶりに公園親子ネコ

2012092101涼しくなってきたので、住宅街を歩いていても、野良ネコや外飼いのネコに遭遇することが多くなった。今日は公園の駐車場で、久しぶりに親子ネコを発見。去年から観察しているので、息子は完全に大人なのだが、まだお母さんから離れないようだ。

2012092102私がカメラを持って近づくと、母ネコはちょっと警戒するだけで、堂々としているのだが、息子の方はやっぱり逃げてしまう。こんなことでは、公園に来る人たちからかわいがってもらえないだろうに、人間から食べ物をもらうのは、相変わらず母親の仕事らしい。

2012092103まあそれでもここにいて危険な目に遭うことはほとんどないらしく、こうして気持ちよさそうに寝ているのだ。この後、もう1匹の子供に会ったのだが、一番警戒心の強い子なので、カメラを構える間もなく、茂みの中に隠れてしまった。

| | コメント (2)

2012年9月17日 (月)

コカ・コーラは190ml

2012091701以前から気になっていた市内のスーパーで、今日コカ・コーラの190ml瓶入りを飲んできた。やっぱりうまい、というか、味は同じなんだけど、明らかに瓶で飲む方がうまい。この理由には諸説あるが、ガラスの熱伝導率や比熱が、缶やペットボトルよりも、心地よく感じるとか、ペットボトルよりも内圧を高くできるので、二酸化炭素の量が多いとか、飲み口の形状が滑らかで、唇や舌に心地よいとか、190mlという絶妙な量が、もうちょっと飲みたい気持ちにさせるとか。

2012091702二酸化炭素の含有量については、測定してみないと何とも言えないが、少なくとも長期保存したペットボトルは、かなりガス漏れを起こしているので、上記の理由のどれも正しいのだろう。そしてもう一つは、このレトロな自動販売機の形状が、一層喉の渇きを誘うのも確かである。とはいってもこの販売機は、形こそ昭和30年代のものを模しているが、瓶を引っこ抜くタイプではない。お金を入れてボタンを押すと、瓶が1本ずつ出てくる新型なのである。まだこんなものを新規に開発していたとは驚きだ。

2012091703もっともこのスーパーでは、500mlのペットボトルを85円から98円で売っているので、わざわざ瓶入りを110円で買う人は少ないだろう。30代以下の人だったら、そもそも瓶入りのコーラに対して、何の思い入れもないだろうし、まあ一種のアミューズメントと言えなくもない。

| | コメント (4)

2012年9月 7日 (金)

アヴェンタドールを買った

2012090701といっても、68分の1のトミカだけど。

それにしても見事なスタイルだ。ここ数年間に発売された自動車の中で、一番美しいと思う。日本国内での価格は、あのレクサス LF-A とほとんど同じなのに、あっちは車を作るのに精いっぱいで、スタイリングにまで時間と予算が回らなかった感じで、デザインはほとんど幼稚園児のラクガキ並みである。しかしさすがにこっちは、カウンタックから40年を経て、車の見せ方がわかっている、というか、いろんな角度や距離から車を眺めた場合、見る人にどんな印象を与えるかということが、実物大模型を作る前からわかっている感じである。

こういうことはインダストリアルデザインではすごく重要で、机の上で三面図を眺めているだけでは、絶対に不可能なのだと思う。それにしても最近のトヨタのデザインはひどすぎる。かといって、かつてのメルセデスのように、美しさなど一切追求せず、機能だけを徹底的に追及しているかというと、そうでもない。いかにも紙の上に無意味な線をごちゃごちゃ引いていて、時間切れになったからここまで。みたいな感じなのだ。(そんな中でもバカ売れしているアクアのスタイルがちょっとマシなのが救い)

ランボルギーニを買収してからのアウディのデザインは、実に明快でわかりやすい。今トヨタに必要なのは、BMW からディーゼルエンジンを買うことではなくて、イタリアやイギリスのブランドから、官能美を学ぶことだと思う。

ちなみに、このアヴェンタドール、走っている実物は、数か月前に一度だけ見たことがある。皮肉にもトヨタ自動車本社工場前の国道248号線ですれ違った。実物の美しさは、トミカの比ではなかったぞ。

| | コメント (4)

2012年9月 1日 (土)

急に秋になってしまった

20120901019月になったら急に秋の風が吹き始めた。日差しは強いのだが、空気は少し冷えている感じで、日中外に出ても、日蔭は結構涼しい。今日はしばらく凶暴なクジャクの相手をしてやることにした。羽を切ってもらって、身軽になった感じである。私を見つけると駆け寄ってきて離れないので、引き寄せた後、走って檻の反対側に廻り、こっちに来る前に急いでシャッターを切らないと、全身が入らないのだ。

2012090102ツルは相変わらず観客を無視したまま。コイツはいつもエサを食っている。身体の大きさはクジャクと変わらないが、背が高いので、カメラを横位置にするか縦位置にするか、いつも悩んでしまう。こういうポーズの時は横位置でいいのだが、ちょっと首を伸ばすと、高さが2倍以上になってしまうのだ。

2012090103実はこの檻はスズメの天国なのだ。金網が張ってあるので、カラスやハトは入ってこられない。野鳥ではスズメだけがこの中に入ることができるので、ここで飼われているクジャクやツル、カモよりもはるかに多くのスズメが、いつもエサを食べている。

| | コメント (2)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »