« ネコは忘れない | トップページ | ネコの日にお墓ネコたちを »

2012年2月21日 (火)

久しぶりの市内散策

久しぶりに暖かい1日だったので、歩いて昼食を食べに行き、あちこち寄り道しながら、写真を撮ることにした。まずは公園に立ち寄るが、いつものクジャクが妙に落ち着かない様子で、ケージの中を行ったり来たり。

http://youtu.be/-Y4ua61NSDw

こういう時に限って、なかなか野良ネコに遭遇しないので、今日は市内の、以前から気になっていたところを写真に収めることにした。

2012022101ここは MR2 墓場。修理工場の横に、初代 MR2 AW11 型の廃車が所狭しと並んでいる。おそらく部品取り用のストックだろう。私も一度だけ運転したことがあるが、この見事なカッコ悪さと裏腹に、まるでカートのように敏感なハンドリングは、まさに軽量ミッドシップスポーツの神髄である。トヨタは 86 とか、つまらない車を作っていないで、こういう安価で楽しいスポーツカーを、もう少しカッコ良く作るべきなんじゃないだろうか。

2012022102続いて、なぜか住宅街に突如出現する観音様。私自身、この観音様の存在は、最近まで知らなかった。かつてはここに観音堂が建っていたのだが、例の歴史から抹殺された東南海・三河大地震の時に倒壊し、その後50年を経て、観音像だけが再建されたらしい。

2012022103地元の童話作家、新美南吉のイラストが描かれた、喫茶店の壁。「ごんぎつね」や「おぢいさんのランプ」、「手袋を買いに」のお話は、多くの小学校の教科書に載っているが、もうすっかり内容を忘れてしまった。またそのうち図書館の児童文学のコーナーにでも行ってみようか。

2012022104最後に、いつもの獣医科のカラカル。今日は珍しく台の上に登って、外の様子を見ていたので、下から見上げるようにして撮った。決して吠えているわけではなく、ネコらしく全身を毛づくろいをしている最中に、ペロッと口の周りを舐めまわした時の写真である。猛獣ではあるけれども、こういう姿は、本当にネコそのもので、実にかわいらしい。

|

« ネコは忘れない | トップページ | ネコの日にお墓ネコたちを »

コメント

「ごんぎつね」「手袋を買いに」は覚えてます。
今思い出してもじ~んとしますね。
カラカル、すごい迫力です。
口の周りをペロッとしただけと聞いても
怖いですね。

投稿: ちろ | 2012年2月22日 (水) 14時02分

ちろちゃん

子供の頃から、教科書以外では童話をほとんど読んだことがないので、新美南吉のそれらの作品は、なんとなく覚えています。
彼は愛知県半田市の出身ですが、結核で亡くなるまで安城高等女学校(現・安城高校)の教員を務めていたので、私たちの母親や祖母の世代には、彼の教鞭を受けた人がたくさんいるようです。

このカラカルは、姿は変わりませんが、行動はだんだんネコ化していますね。

投稿: 内藤敦司 | 2012年2月22日 (水) 18時50分

クジャクさん
こんなに落ち着かなくて、なにか気になることでもあるのかしらね (*^m^*)
それとも春がうれしくてソワソワかな
カラカルは内藤さんを威嚇してるのかと思ったら
可愛いしぐさだったんですか!
私も近所の風景を撮ってみたくなりました

投稿: ☆ジーナ☆ | 2012年2月22日 (水) 20時14分

☆ジーナ☆ さん

このクジャクは、いつも私の姿を見ると、威嚇してるのか喜んでいるのか、金網越しにとびかかってくるのですが、それは今回も同じでした。それでしばらくいつものように遊んでいたら、急に落ち着かなくなり、まるで動物園のクマのように、あっちにトテトテこっちにトテトテ。いったいどうしたのでしょうね。

自分の住んでいる街の風景は、時代とともに結構変化しているので、定点観測的に撮っておくと、何年か後に貴重な資料になります。コンビニができる前は、あの場所はなんだったかなって、意外と思い出せませんから。

投稿: 内藤敦司 | 2012年2月22日 (水) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネコは忘れない | トップページ | ネコの日にお墓ネコたちを »