« お墓で新顔に遭遇 | トップページ | 真冬の夕焼けははかない »

2012年1月24日 (火)

40年ぶりの天そば

2012012401日清カップヌードル復活総選挙の第1位、カップヌードル天そばが、先日発売された。オリジナルカップヌードル、カップヌードルカレーに続いて、1972年に発売され、カップヌードル御三家として1977年まで販売された、カップヌードルシリーズ唯一のそばである。この後どん兵衛が発売され、より本格的なそばやうどんになっていったので、カップヌードルとしての役目は終えたということだろう。

復活総選挙第1位という日清の発表を信じるなら、このカップヌードル天そばに投票したのは、現在45歳から55歳くらいの、非常に狭い年齢層に、圧倒的に支持されていたということになる。おそらくレギュラーメニューでありながら発売期間が短く、我々の年代ならだれでも知っている割には、食べた回数が少ないうえに、随分時間がたっているので、懐かしさが倍増されたということだろう。

2012012402残念ながら完全な復刻版というわけにはいかず、実際に食べてみると、当時のものよりかなり(よく言えば)おいしくなってしまっている。おそらく調理方法や材料が上質になったのであろう。初期のカップヌードルの、あのしつこい油っぽさがないのだ。具の天ぷらがまた不思議なものになっている。これはえびのミンチの天ぷららしいが、お湯を注いで3分たっても、衣がぶよぶよにならないのだ。かといって、サクサクでもない。なにか特殊な加工をして、内部に水分が染み込まないようになっているのだろう。えびの味がする、乾いたスポンジのような食感なのである。

カップめんとしては決してまずい部類ではないのだが、40年前のカップヌードル天そばの再来だと思って食べると、ちょっと残念な感じである。もっとも我々の年代が、当時のあの油っこいカップヌードルを今食べたら、きっともう2度と食べたくなってしまうだろうから、これはこれでいいのかもしれない。喉が痛くなるほど甘い合成甘味料と、舌が真っ赤になる人口着色料の入ったジュースのようなものを、いくら懐かしくても、今更我々の身体は受け付けないのだから。

|

« お墓で新顔に遭遇 | トップページ | 真冬の夕焼けははかない »

コメント

へ~~!
今も昔もカップラーメンにあまり縁がなかったので知らなかったなあ
ちょっと食べてみたい気になりました
要望があるから復活したんだろうし
あの頃の人たちが懐かしがって食べてる光景
想像したらちょっと楽しいです

投稿: ゆりあ | 2012年1月24日 (火) 19時19分

ゆりあ さん

カップヌードルのレギュラー商品は、オリジナル、カレー、天そば、そして1980年頃に発売されたチリトマトと、その数年後に発売されたシーフード。この5種類しかないのです。その中で現在絶版になっているのは天そばだけ。だから、他の限定メニューに比べて、圧倒的な支持があったのでしょうね。
40年前に比べると、ずいぶん低塩ローカロリーになって、お腹にやさしくなりましたが、逆にジャンクフードの味わいが薄れてきてしまったように思います。

投稿: 内藤敦司 | 2012年1月24日 (火) 22時49分

これ全然思い出せません。
天ぷらそばはやっぱりどん兵衛です。

投稿: ちろ | 2012年2月 1日 (水) 15時45分

ちろちゃん

私が小学生から高校生の頃ですからね。ちろちゃんは覚えていないかもしれません。当時はカレーと合わせて、カップヌードルトリオの CM が毎日流れていました。
どん兵衛で本格的なそばができるようになったので、カップヌードルの方は販売終了したようです。

投稿: 内藤敦司 | 2012年2月 1日 (水) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お墓で新顔に遭遇 | トップページ | 真冬の夕焼けははかない »