« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水)

D200 を手放した

2011083101Yahoo! オークションで、Nikon D200 を売った。5年間使った、愛用のデジタル一眼レフである。もちろん現在主力で使っているのは、この次の機種の D300 なので、ここ数年間は D200 は、予備機材として、普段は外に持ち出さずに、もっぱらネコ撮り専用だったので、特に不便はない。もちろん急に D300 が故障したりした場合の、予備機材としての役割が欠けてしまうので、早急に代わりのカメラを調達するつもりではいるのだが、まだ候補を絞り込めていない。

なぜ D200 を手放したかというと、まさに予備機材として、各部が固着してしまったり、オイル切れを起こさないように、「できる限り定期的に使う」ことが面倒になってしまったからである。D200 と D300 は、スタイルはもとより、大きさも重さもほとんど変わらない。ベランダでネコを追い回しているうちに、腕が痛くなってくるほどの重さのカメラを、保守のために使うのは、いささか苦痛である。しかも、画質や機動性は明らかに D300 の方が優れているので、D200 でなければならない使い道は、全くない。そのうえ D200 のバッテリー消費は激しく、D300 の2倍以上のサイクルで電池交換しなければならないのだ。これがもちろん D200 を1台だけ所有しているというのなら、状況はまるで違う。発売から6年過ぎた現在でも、十分通用する性能と、画質。バッテリ消費が激しいと言っても、日常的に使っているのなら、常に充電を心がけておけばいいだけの話なので、何の問題もない。

D200 を主力で使っているときの、サブカメラであった D70 では、話が全く違う。画質は D200 と D300 の差よりもはるかに大きく、同じ条件で撮影した写真を、パソコンの画面で見るだけでも、明らかに違いが判るのだが、D70 は D200 に比べて、はるかに小さく軽い。その上バッテリー消費が極めて少なく、サブカメラとして何か月も待機させておいても、電池切れの心配がないのだ。

今回 D200 の放出に踏み切ったのは、D200 を売った金額で、D3100 や D5100 などの、現行の小型一眼レフが買えそうだということ。そういうカメラなら、サブカメラというよりむしろ、D300 を持って出かけるのをためらうようなシーンでも、手軽に持ち出せる軽快さ。さらに最新機種であれば、画質は D300 を凌駕しているだろうから、D300 のレスポンスや耐候性を必要としない場面では、積極的に使いたくなるだろうということ。そういうことを想定して、近いうちに小型の一眼レフを買うつもりでいたのである。

ただし、ここにきて、そういう目的のサブカメラであれば、必ずしも一眼レフである必要もないと気づき、マイクロフォーサーズや(好みの問題で NEX は対象外)、大型センサの高級コンパクトカメラなども、ターゲットに入ってきている。悩んでいる間に、D300 が故障したりしないことを祈るばかりだ。

2011083102D200 で最後に撮った写真。満足の1枚である。

| | コメント (2)

2011年8月29日 (月)

サイクリングカメラが不在

2011082901自転車を買ってから、毎日10kmほど走っているが、まだ日中は炎天下で、あまり健康的とは言えない。交通量も多く危険でもあるので、できるだけ整備された自転車用道路を走ることにしている。特にこうして植樹してあるところはいい。すでに暑さもピークを過ぎているので、直射日光さえ防げれば、かなり涼しいのだ。

散歩カメラというカテゴリのスナップ写真があるが、サイクリングカメラはもう少し行動範囲が広がって、かつ車と違って、気に入った場所で自由に止められるので、これからの季節が楽しみである。こうなると、高性能な一眼レフは大きすぎるが、従来のコンパクトカメラより多少大きくても、もう少し画質のいいカメラが欲しくなってくる。残念ながら、未だそういう要求に対する、明確な回答が得られないので、しばらくは手持ちの COOLPIX S6000 を持ち歩くことになりそうだ。

| | コメント (4)

2011年8月25日 (木)

自転車を買った

201108250120インチ、外装6段の折り畳み自転車を、隣町のイオンで買った。

今まで乗っていた自転車、27インチ、内装3段の、いわゆるシティサイクルと呼ばれるタイプが、もうボロボロになってしまい(15年前にダイエーで1万円で買った)、去年パンクしたまま、放置状態だったので、次にどんな自転車を買おうか、ずっと悩んでいたのだが、巨大なリアハッチのある車(アテンザ・スポーツ)に乗っているのだから、自転車を運ばない手はないと思い、折り畳み式を買うことにしたのだ。

もっとも我が愛車のリアハッチなら、27インチの自転車でも、リアシートを倒せば、そのまま積むことはできる。それにこの折り畳み自転車を買って、車に積んで帰る時に気付いたが、やはりこのサイズでもリアシートを倒さないと、簡単には積めない。工夫すれば何とかなりそうな気もするが。

帰ってから、10kmほどテスト走行してみた。こういう小径自転車に乗るのは初めてだったのだが、やはりサドルとハンドルが近いので、身体を伸ばせないから、早く走るのは無理だ。それに6速でもそれほどスピードが出ないし、無理にスピードを出すと、安定性が悪い。長距離ツーリングには向かないだろう。

もっとも某黒幕氏のように、1日300kmも走破して、神奈川から富山まで行くなどという無謀なマネをするつもりはないのだが。

| | コメント (8)

2011年8月15日 (月)

駅前はほぼ無人

2011081501午前中、わずかに雨が降ったし、妙な雲行きで、日中もいつ雨が降るかわからない状態だったのに、結局今日も1日猛暑となった。天気予報では明日もほぼ全国的に猛暑らしい。

お盆の平日というだけあって、駅前は閑散としており、動くものがほとんどない。去年までは、ガス管や下水、電線の地中化工事などで、あちこち掘り返されていたが、今年は見事に整備されて、それがかえって無機質な感じを助長している。

| | コメント (2)

2011年8月12日 (金)

Blu-ray 不要

2011081201_2我が家のリビング用に買った、パナソニックの HDD-DVD レコーダ、DMR XE100 が届いた。現行のパナソニックのビデオレコーダでは、最安値の機種である。というか、3D も Blu-ray もいらないとなると、もうほとんど選択肢はない。そんな中で、比較的ネットで評判のいい、しかも最安値のこの機種に決めた。HDMI ケーブルと合わせて、2万5千円ほどである。

レンタルショップに行っても、Blu-ray はほんのわずかだし、Blu-ray でリリースされていて、DVD でリリースされていない作品はまずない。まして自分で Blu-ray に録画することなど、まずあり得ないので、私にとってはまったく不要なのである。Blu-ray 対応というだけで、最廉価の機種でも、これより2万円ほど高いから、とても買う気になれない。

確かに地上デジタル放送のハイビジョンを、そのままのクォリティで録画するには、Blu-ray が必要だが、この機種には、DVD にハイビジョンを録画する、AVCREC モードがある。もちろん圧縮比が高くなり、画質は落ちるが、地上デジタル放送のエンコードが MPEG2 であるのに対して、AVCREC は MPEG4。高い圧縮率なら、MPEG4 の方が画質はいいから、単純な比較はできない。もちろん AVCREC 方式に対応した DVD プレーヤは少ないが、そもそも Blu-ray ディスクに記録してしまったら、Blu-ray プレーヤでしか再生できないのだから、我が家においては、どちらで記録しても、今後買い換えるプレーヤを選ぶときの参考にしかならないのだ。もちろん CPRM 対応の DVD-R に SD 画質で、記録すれば、パソコンや現在手持ちのプレーヤでも再生できる。

というわけで、まずは HDD に、圧縮率の低い MPEG4 でハイビジョン録画してみたが、これはもう MPEG2 による録画と全く遜色がない。それでいて、記録容量は半分以下だ。さらにそれを、やや圧縮率の高い MPEG4 で、AVCREC 方式にフォーマットした DVD にコピーしてみたが、それでも SD 画質の同程度の記録容量のモードに比べたら、はるかに鮮明である。やはり MPEG4 は一般家庭レベルの解像度の映像に対しては、MPEG2 より、かなり優秀なようだ。

と、ここまでで動作テストは終わりであるが、おそらく私は、今後 HDD に録画した映像を、DVD にコピーして保存しようなどとは思わないだろう。そもそもテレビ放送を、永久保存するということを、この数年間していない。VHS ビデオテープに3倍モードで録画し、最後まで見終わったら、また最初から上書きして繰り返し使用していただけである。それに代わることを、HDD レコーダですることが目的なので、DVD はレンタルしたものを見るくらいしか使い道はないだろう。

そういう使い方をしたいユーザは、かなり多いと思うのだが、やはり今後は利益率の高い Blu-ray レコーダばかりになっていくのだろうか。Blu-ray という、非常に中途半端な容量のディスクが、DVD にとってかわるとも思えないのだが。

| | コメント (2)

2011年8月 5日 (金)

ReadyBoost で失敗

友人のパソコンの処理能力が極端に低下してきたようなので、ちょっとチューニングすることにした。OS は Windows Vista で、メモリは2GB。CPU は低電圧版の Core 2 Duo なので、ハードウェアスペックはまあまあ。実際に新品で買った時には、そんなに遅いとも感じられなかったわけだから、まだパソコン本体の買い替えは考えなくてもいいだろう。

以前からわかっていたことだが、まず C ドライブの空き容量がほとんどない。国内メーカ製のパソコンは、すぐに C ドライブがいっぱいになって、買い替えを促すためか、C ドライブのパーティションサイズがやたらと小さい。そもそもそれほど大容量でもない HDD を、なぜ2つのパーティションに分けなければいけないのか。これにはメーカの悪意すら感じる。

まず、本人に確認して、全く使った覚えのない不要なプログラムを、どんどん削除していく。なぜかプレインストールソフトばかりである。ようやく動作が不安定にならない程度に空きを確保したうえで、フリーのパーティショニングソフト EASEUS Partition Master をダウンロードして、C ドライブと D ドライブを等分にする。ここで一気に C ドライブだけにしたいところだが、本人のワークフローが、作業領域として D ドライブを使うようになってしまっているので、それは今更変えないようにしたいのだ。

十分に領域が確保できた上で、Windows Vista SP2 と、Interenet Explorer 9 を導入する。さらに、3つもインストールされていたセキュリティソフトをすべて削除して、Microsoft Security Essentials をインストールする。そもそもワーム対策は、ルータのファイアウォールで監視されているのだから、パソコンのセキュリティは、ウィルスパターンチェックだけで十分なはずである。市販の CPU パワーを50%も消費するようなセキュリティソフトは、それ自体が悪質なワームのようなものだ。

これではっきり体感できるほど、起動とシャットダウンが速くなった。最後に今更メモリ増設はもったいないので、ReadyBoost を導入しようと(メモリ 2GB を載せた私の Windows7 ノートパソコンでは効果あり)、近所の電気店で、邪魔にならない様、できるだけ小さなサイズの USB メモリを買ってきた。これを普段使っていない背面の USB 端子に接続すると、なんと「パフォーマンス不足で ReadyBoost 不可能」というメッセージが。

私はこんなメッセージを初めて見たぞ。Class4 の microSD カードをカードリーダに入れて、USB 接続したものだって、ReadyBoost できたのに。仕方がないので、近いうちに私が高速な USB メモリを探して買っておくということで、今回はいったん終了。

それにしても、今時遅すぎて ReadyBoost 不可能な USB メモリって、一体どんなメモリチップやアクセス回路を使ってるんだ。BUFFALO の責任者、ちょっと出てこい。

| | コメント (2)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »