« 台風一過のお墓ネコ | トップページ | 暮れない夕方の半ノラたち »

2011年6月 3日 (金)

禁断のクロノグラフに手を出しちゃった

2011060301中学生の時に、初めて腕時計を買ってもらって以来、この30数年間に、何十個もの腕時計を買った。一時はあらゆるスタイルの時計をコレクションしたり、一時はあらゆるギミックの時計をコレクションしたり。ここ10数年は、そういう時計に対する興味も薄れてしまい、飽きて身に着けなくなってしまった古い時計は、友人にあげてしまったりしたが、それでも3~4個の腕時計は、常に手元にあった。

しかし、そんな私が絶対に手を出さなかったのが、クロノグラフである。デジタル時計のオマケ機能ならともかく、アナログの文字盤に、所狭しと並ぶ計測用の針。普段は止まっている、間抜けなセンタークロノ秒針。無駄に大きくなるうえに、肝心な現在時刻が見にくいではないか。第一、何を買ってもオメガ・スピードマスターのパチモンに見えてしまう。等々、いろいろとリクツをつけては、クロノグラフを買わない理由を探していた。

なのに、ここ数年、どうしても気になって、ついに Amazon でポチってしまったのが、この逆輸入品のセイコーである。7T92 と呼ばれるクォーツムーブメントのクロノグラフ。ゼンマイ式では絶対に不可能な、20分の1秒計測(12時位置)と独立した時分針(6時位置)による長時間計測が可能だ。このタイプのムーブメントを持った時計は、ケースデザインや文字盤色の組み合わせが豊富で、ネットで検索するだけで、何十種類もの機種が見つかるが、私がどうしても欲しかったのが、ルミブライトと言う放射性物質を使わず長時間発光が可能な蓄光塗料を使ったものである。もう一つの条件は、ダイバー用の回転式リングが嫌いなので、何もないかタキメータのもの。パイロット用の回転計算尺も面白いと思ったが、やはり大きくなりすぎるのでこれも却下。

というわけで、最終的にこの、SND367PC というモデルに決まった。生まれて初めて持つクロノグラフである。もっとも4月に980円で買ったカシオのデジタルなら、アナログでは絶対に不可能な、100分の1秒計測ができるのだから、本当にストップウォッチとして使いたいのなら、迷わずデジタルを選ぶべきだろう。

ところでずっと昔から疑問だったのだが、32768Hz の水晶振動子を分周して、どうやって、20分の1秒とか100分の1秒という、半端な時間が計測できるのだろう。教えてエロいひと。

|

« 台風一過のお墓ネコ | トップページ | 暮れない夕方の半ノラたち »

コメント

時計がコレクションのひとつなんですか
そしてこれって、クロノグラフっていうんだ~
いろいろな知識をもらえてうれしいです
いつもありがとう

投稿: ゆりあ | 2011年6月 8日 (水) 02時00分

chronograph とは、正確な時間を測定する時計と言う意味で、ストップウォッチ内蔵した懐中時計や腕時計を指します。
ゼンマイ式の腕時計では、ストップウォッチ計測時には、たくさんの針を動かさなければならないため、負荷が大きくなって、クロノグラフの設計は、すごく難しかったようです。

投稿: 内藤敦司 | 2011年6月 8日 (水) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風一過のお墓ネコ | トップページ | 暮れない夕方の半ノラたち »