« 連休中の珍獣いろいろ | トップページ | デンパークは紫陽花がいっぱい »

2011年5月12日 (木)

雨に濡れても

2011051201最近あまり見かけなくなったボスネコ。とはいっても、全く見ないわけではなく、町内のどこかで、1週間に1度くらいは遭遇するのだが、以前のようにネコおばさんの家の前で、ご飯をもらうのを待っているようなことがない。きっとここ以外にも、おいしいものをもらえるところを見つけたのだろうと思っていたのだが、今日は大雨の中、ずぶ濡れになって、玄関の前で、おばさんが帰ってくるのを待っているようだった。

我が家からキャットフードを少し持っていてやると、喜んで食べ始めた。やはりお腹がすいていたのだろう。しかし「もうちょっと濡れないところで待っていろよ」と言って、雨のかからないところまで連れて行ってやっても(野良のクセに、抱きかかえられるのを嫌がらない)、すぐここに戻ってしまう。お腹がいっぱいになっても、やっぱりおばさんが帰ってくるのを、玄関で待っていたいようだ。

顔はいかついが、相変わらずかわいらしい奴。

|

« 連休中の珍獣いろいろ | トップページ | デンパークは紫陽花がいっぱい »

コメント

可愛いですね~~

ボス猫も、心優しい内藤さんにかかっちゃ

いいなりになってしまうのでしょうね

自分に優しい人はわかるんですね

投稿: ☆ジーナ☆ | 2011年5月13日 (金) 01時54分

☆ジーナ☆ さん

多分ボスは、おばさんにカリカリをもらっているときに、私とおばさんが話をしていたので、安心したのでしょう。
犬に接する時も、まず飼い主と仲良くしてからと言いますからね。

ボスは町内のネコ勢力分布を把握しておかなければいけないので、人間との付き合いを大切にしているようです。

投稿: 内藤敦司 | 2011年5月13日 (金) 15時42分

だっこさせてくれるなんて
うらやましいです。
もうずっとネコを抱っこしていません。
うちの近所にもいるんでしょうかね、ボス猫。

投稿: ちろ | 2011年5月13日 (金) 18時15分

ちろちゃん

抱っこというより、よっこらしょっと持ち上げる感じ。とにかく重いです。
いつものお墓ネコたちも、何匹かは抱っこさせてくれます。

地域ネコは、本来のネコの生息密度をはるかに超えて、人間社会に依存して、ネコ社会を形成しているので、ある程度の階層構造は出来上がるでしょうね。

投稿: 内藤敦司 | 2011年5月13日 (金) 23時43分

濡れネズミ?状態ですね
でも、風格というか威厳あるな~~
やっぱボス猫だからですかね

以前、内藤さんに「長毛種は野生では生きていけない」
と教えてもらったけど、この子は
よほど条件がいいところにいるのですかね
不思議ですね
生命力があるのかな・・・

投稿: ゆりあ | 2011年5月14日 (土) 20時11分

ゆりあ さん

長毛種のネコなんて、本来自然界では発生しておらず、人間が観賞用に作ったものですから、絶対に野良にしちゃいけないんですけどね。
ネコはグルーミングするので、長毛種の場合、腸に毛玉が詰まって、腸閉塞になりやすいらしいです。

きっとこの子は体も大きく、内蔵が強いんでしょう。腸の中の毛玉を、うまく排泄できるんでしょうね。ロドリゲスも時々巨大な毛玉うんこを出してます。

投稿: 内藤敦司 | 2011年5月14日 (土) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連休中の珍獣いろいろ | トップページ | デンパークは紫陽花がいっぱい »