« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

異常寒波か?

2011013101前回のブログから2週間も放置して、再び今朝雪が積もっていたので、同じネタのブログである。今回は雪の量はほんのわずかで、午前中にはすっかり溶けてしまったが、寒さは一段と増している。ほんのわずかな時間の外出でも、全身が凍り付きそうだ。

最近駅前を中心に、次々と電線が地中に埋められ、電柱がなくなったので、こんな写真を撮ると、一層寒々しく感じられる。

2011013102しかし、大型犬には、これくらいの寒さがちょうど心地よいのか、近所の飼い犬が、のんびりと昼寝をしていた。なんかすごく気持ちよさそうで、うらやましい。まあコイツは夏には死にそうなくらい伸びきっているので、それはそれでかわいそうなんだけど。

| | コメント (4)

2011年1月16日 (日)

久しぶりに雪が積もる

2011011601この地方では珍しく、昨夜から雪が降り始め、今朝は庭にほんのり雪が積もっていた。この程度の雪なら1年に1度くらいは降るのであるが、翌日まで雪が残ることはまずない。午後にはすべて解けてしまうだろう。

2011011602と思っていたのだが、一向に降りやまないし、気温も0度付近で全く上がらない。湿っぽい雪質なので、どんどん積もるということはないのだが、さりとて溶けるわけでもなく、人の歩かない場所、車の通らない道は、真っ白になってきた。

2011011603陽が落ちてもまだ降り続いており、午後7時を過ぎた今、外の景色はこんな感じ。これは1年に1度どころか、10年に1度の積雪になるかもしれない。

| | コメント (8)

2011年1月 8日 (土)

TEXAS2 うますぎ

マクドナルドの限定メニュー Big America 2 が始まったが、その第1段、テキサス2バーガーがうますぎ。

バンズ3段重ねで、下にはクォーターパウンダーと同じ1/4ポンドのパテとチーズ、上段はチリコンカーニとベーコンである。チリ大好きな私としては、たまらないうまさ。毎日チリとタコスでもいいくらいである。日本人はもっとメキシカンを食べるべし。

でも、なぜマクドナルドのメニューは、大きくなればなるほど割高なのだろう。このテキサス2バーガーも、チーズバーガー4個分の価値があるかというと、甚だ疑問である。

2011010801写真は、誰もいないマクドナルドのテラス席で、落ちているパンくずをうまそうに食べるスズメ。スズメにしては随分のんびりと、日向ぼっこを楽しんでいるようだった。人間が室内にこもっているこの時期は、スズメたちは伸び伸びとしていられるようだ。

| | コメント (2)

2011年1月 3日 (月)

Canon PIXUS MP490

2011010301年末に奥さんのプリンタがいよいよ怪しくなってきたので、スキャナ付き複合機に買い換えた。キヤノンの最廉価機、PIXUS MP490 である。すでに昨年の秋に後継機が発売されているが、これは明らかにコストダウン機で、消費電力がわずかに少ない以外は、いろんな便利機能を大幅にカットしているので、在庫払拭しないうちに、旧機種を買うことにした。仕様表で両機種を比較する限り、主要なプリンタやスキャナのモジュールそのものは、完全なキャリーオーバーのようである。新型が省電力なのは、小型の液晶モニタが装備されていないからだろう。

インクは顔料黒と染料カラーのヘッド一体複合型だが、奥さんの印刷頻度からして、独立インクよりもヘッド一体型のこちらの方が、将来的に安心である。

これまで使っていたのが、同じキヤノンの名機 BJ-F210 で、予備機としてオークションで確保しておいたものも含め、10年以上使っていたし、その前に使っていた BJC-400 系のものも含めると、あのコンパクトな縦型プリンタは、我が家で15年ほど使われていたことになる。

しかしさすがにこれだけ世代が違うと、新型の高性能ぶりには目を見張るものがある。とにかく印刷が速い。印刷だけでなく、スキャナも私が以前使っていた CIS 型のものに比べたら、圧倒的に早い。複合機にしたのは、奥さんが結構図書館で借りてきた料理の本のレシピを、コンビニでコピーしていたからで、スキャナとプリンタの両方を同時に使うコピー機能に至っては、もう業務用のカラーレーザー機など、全く不要だと思わせる速さである。

こんなプリンタが6千円ちょっとで手に入る。しかも、12月30日に Amazon で注文したら、元旦に届けられるという過激なまでの便利さ。もう古いものを長く使おうなどと考えるのは、あらゆる意味で無駄なのかもしれない。省資源の面でも、製造工程まで考えたら、安い機械ほど生産時のエネルギー消費は少ないはずである。

| | コメント (2)

2011年1月 1日 (土)

元旦カラカル

年末に買った COOLPIX S6000 を持って、さっそく元旦の風景を撮ってみた。

2011010101晴天屋外での画質そのものは、前機種(ほぼ2世代前)の S620 とほとんど変わらないが、AF スピードはかなり速くなっている。コントラスト AFで、一眼レフの位相差 AF 並の速度を実現するのは、そう遠い将来ではなさそうだ。もっともコンパクトデジタルの、非常に小さな慣性質量のレンズなればこそであって、一眼レフの超望遠レンズを、コントラスト AF で高速駆動させるためには、やはり何らかの方法でピントのズレ量を検知して、レンズの往復動作をなくす必要はあるだろう。

2011010102昨日までの大荒れの天気がウソのような快晴である。散歩の帰りに、獣医科の前でカラカルを撮る。飼いネコのように好きなだけ食べさせて、ゴロゴロ遊ばせているわけではないので、体つきは野生のままだが、目つきはなんとなく飼いネコ化しているような気がしないでもない。

2011010103オスの方は、なぜか今日は機嫌が悪いらしく、メスに何度も唸り声をあげていたが、喧嘩になるようなことはなさそうだ。この声を聞くと、やはりこれはネコではなく、ジャガーやチータに近いんじゃないかと思わせる。

| | コメント (2)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »