« 電気振動剃刀 | トップページ | B005 フィールドテスト »

2010年10月 7日 (木)

TAMRON B005 が来た

2010100701先月末に TAMRON A16 をオークションで手放し、その直後、同じ TAMRON の手ブレ補正付きレンズ SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II VC LD Aspherical [IF] Model B005 を注文した。販売店に在庫がなくメーカ取り寄せだったため、少し時間がかかったが、今日無事に届いた。まずは初期不良などがないか、一通りの動作確認である。

2010100702室内のアベイラブルライトのみで、感度を上げることなく、手持ちで、止まっているものなら確実に撮れる。一昔前なら信じられないような話であるが、撮影の幅が大きく広がるのは事実だ。

例によって広げた新聞紙の鳥瞰撮りで、簡単なピントチェックをすると、ほんのわずかに前ピン傾向になるようだったので、D300  の AF 微調整で、5ステップほど後ピンにしてみた。本来ならピント調整は、5メートルくらいの距離をとって、もっと厳密にチェックしてからやるべきなのだが、とりあえず室内で試し撮りするために、試行錯誤で調節してみたのだ。前ピンといっても、望遠端で絞り開放で、ごく近距離で気になる程度なので、通常の撮影なら、AF 微調整のない D200 でもほぼ問題ないだろう。

2010100703続いて簡単な描写力のテスト。ほぼ等倍で切り出した、2枚の比較である。こちらが望遠端で絞り開放。ボケるわけではないが、ピントの芯が出た、その周囲にハレーションぽい滲みが出る。いわゆる典型的なソフトフォーカスだ。

2010100704そしてこちらが絞りを1段絞ってF4で撮影したもの。わずか1段で、にじみがほとんどなくなりシャープな描写になる。この被写体はネコの前足の指先だから、ほぼ最短距離での撮影であり、レンズにはかなり厳しい条件なのだが、十分な解像力である。

まだいろいろな条件で使ってみないと、レンズの特性はわからないものだが、これだけのスペックのレンズが35,000円前後で手に入るというのは、間違いなく「買い」であろう。ただし、あちこちのブログ等でも書かれているが、手ブレ補正の動作音と、動作開始時の大きなファインダーの揺れだけは、かなりの減点である。

|

« 電気振動剃刀 | トップページ | B005 フィールドテスト »

コメント

やはり、ロドリゲス君が最初の被写体なのですね。

優雅さの中に貫禄があり、思わず見とれてしまいました。

まったく素人の私から見ても、その違いがわかるような気がします、前足の二枚目のシャープな写り、それにしても、ロドリゲス君よくモデルになってくれましたね。

投稿: アンポンタンのママ | 2010年10月10日 (日) 10時02分

さすが、計画的に良いお買い物をされてますね
ロドリゲス君、「またテストね」って
まるでわかってるみたいな表情に見えます
これからどんどん使いこなしていろいろな写真を撮ってくださいね

投稿: ゆりあ | 2010年10月10日 (日) 10時28分

本文とは関係ないことですが
今朝、こちらに変なコメントが入っていましたね(^^;
迷惑なコメントもあるんですね。

ロドリゲス君、ちろちゃんにはいつも癒されます。
特にちろちゃんは1年半前に天国に行った
我が家の猫によく似ていますので。

投稿: yumejo | 2010年10月10日 (日) 12時16分

アンポンタンのママ さん

ロドリゲスの写真を撮る前に、ピントのチェックとか、周辺の歪みや収差のチェックとかで、何十枚も撮ってますけど、そういうものとは別に、日常的な撮り慣れたものを撮って、レンズの持つ固有の雰囲気を把握したいですから、この写真は最終チェックの1枚ですね。

こういうテスト撮影は、おやつをもらって、満足している時に撮ります。

投稿: 内藤敦司 | 2010年10月10日 (日) 13時00分

ゆりあ さん

おやつをもらって満足しているので、触ったりしない限り「好きなようにしろ」ってところですかね。
黒幕さんが遊びに来た時もそうですが、ロドリゲスはおやつの前と後では、全く別のネコですよ。

投稿: 内藤敦司 | 2010年10月10日 (日) 13時02分

夢女 さん

ああいうコメントは、サイトの営業活動なので、毎日投函されるダイレクトメールや、駅前で配っている風俗店のティッシュと同じです。
何の害もないので、迷惑とも思っていないですけど、インターネット上に流れているデータパケットの8割はスパムだという調査結果も出ているようで、一方で高速回線云々と言っているのを見ると、なんだかすごく無駄なような気もしますね。まあそれが自由主義経済ですが。

ちろは本当にネコらしいネコです。一緒にいて疲れないし、かといって、ちゃんと懐いてくれるし、こんなネコばかりなら、何匹いてもいいですね。
子供の時に、将来どんなネコに成長するのかわからないところは、人間と全く同じですけど。

投稿: 内藤敦司 | 2010年10月10日 (日) 13時09分

ロドリゲス、相変わらず貫録たっぷりの
いい顔してますね~
新しいメカはまず自分で試されることを
わかっているみたいですね (*^m^*)
描写力のテストの写真
ほんとにド素人の私が見てもわかります!
さすが、内藤さんが目をつけていたレンズですね♪

投稿: ☆ジーナ☆ | 2010年10月11日 (月) 08時25分

☆ジーナ☆ さん

室内で、フラッシュなしで撮るためには、どうやっても、1.明るいレンズ、2.高感度なカメラ、3.手ブレ補正、が必須ですからね。
もちろん照明(フラッシュなど)を工夫して、均一な光を得るのが、室内撮影の原則ですが、じっとしていてくれない動物には通用しません。
ペット写真は、デジタル時代になって、一番身近なものになったといえるでしょう。

投稿: 内藤敦司 | 2010年10月11日 (月) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電気振動剃刀 | トップページ | B005 フィールドテスト »