« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月30日 (土)

気絶するほどサラダを食う

2010103001久しぶりにブロンコビリーでランチを食べた。ブロンコビリーとは、名古屋に本社を持ち、中部地方を中心にチェーン店展開している、ステーキレストランである。

ハンバーグとかステーキとかではなく、このサラダバーが目的だ。もちろん肉料理はとてもおいしいが、1000円ちょっとのランチで、このサラダバーが付いてくることが驚きだ。

レタス、キャベツ、オニオン、コーン、トマト、マッシュポテトなどの定番に、わかめやひじきなどの海藻類、オレンジ、グレープフルーツ、パイナップルなどの果物、パスタが2種類に、今日は野菜や卵を混ぜたご飯を冷やした、ライスサラダが傑作だった。欧米ではご飯というのは、コーンやポテトと同様、肉料理の付け合せとして食べられることが多いが、冷たいご飯にドレッシングをかけて食べるというのは、日本人にとっては新鮮である。

ドレッシングも4~5種類あるが、今日の傑作は、きのこのクリームドレッシング。これも初めて経験した味だった。いつ食べても新しいサラダやドレッシングがあるのがいい。そして私自身一番うれしいのが、サラダのトッピングに、パルメザンチーズとベーコンビッツとクルトンがあるということ。普段は写真のように、シーザードレッシングの上から、たっぷりとチーズをかけて、ベーコンビッツの大盛りを添えて食べる。このベーコンビッツは、穀類にベーコンフレーバをかけてそれらしくしたカリカリのニセモノではなく、ベーコンを細かく刻んだ本物である。

皿の右側にあるのが、今日の新メニュー、自家製のポテトチップス。厚切りのポテトにチェダーチーズがたっぷりかかった、コンビニでは絶対に買えない、ぜいたくなチップスである。

そして最後は、定番のフルーツゼリーとコーヒーゼリー。ゼリーもおいしいが、このゼリーにかけて食べる、クリームが絶品である。健康の心配さえしなければ、油すましのように、1日中ぺろぺろなめていても飽きないくらいのおいしさだ。

バイキングレストランなどで、1500円以上払って、たいしてうまくもない料理を食べるくらいなら、ここでハンバーグやステーキを食べて、あとは満足のいくまでサラダバーを食べ続ける方がずっといいと思う。ちなみに、ホームページからドリンクバーの無料チケットがダウンロードできるが、食前に野菜ジュース1杯と、食後にカプチーノを1杯飲むのが精いっぱいだった。

| | コメント (4)

2010年10月25日 (月)

季節はショッピングモールからやってくる

2010102501今日は久しぶりに蒸し暑い1日となった。このところ涼しい日が続いていたが、よく考えてみれば、10月下旬としては、ここ数日の涼しさも、むしろ例年に比べたら、暖かすぎるくらいなのだ。

しかしショッピングモールのディスプレイは、そんなことに関係なく、売り上げ計画通りに季節が変わる。もうすっかり冬の装いである。

2010102502ハロウィンがクリスマスやバレンタインデーと同様に、売り出しの名目になったのはいつごろからだろうか。

いずれにしても、今や日本の四季を感じさせるのは、気候の変化ではなく、商店街やショッピングモールであることは疑いようがない。

| | コメント (4)

2010年10月17日 (日)

ボスネコ定住

2010101701雅子の後を引き継いで、この町内のボスの地位を引き継いだ、やや長毛の茶ネコ。最近は神社の横の、ネコおばさんの家で、毎朝ご飯をもらっているらしい。しかも朝ご飯を食べた後は、神社でのんびり寝ているのだ。

2010101702今日はおばさんが朝から出かけているようだったので、仕方なく神社でおばさんの帰りを待っていた。野良ネコのくせにこんなところで大胆に寝ているし、おばさんの知り合いの人間には警戒心を抱かなくなって、近づいても逃げない。私がキャットフードを一つまみ持って行ってやると、喜んで食べ始めた。相変わらず全身傷だらけでボロボロである。

ボスになるには、まず喧嘩が強くなければならない。しかし喧嘩をすれば自分もけがをする。だからボスの地位を長く維持するためには、おいしいものをたくさん食べてぐっすり眠り、けがをしても早く回復しなければならないのだ。

雅子もボス時代はそうだったように、ボスネコはネコ同志では喧嘩が絶えないが、人間との付き合いがうまく、いつでも安心して食べ物をもらえる人に懐きやすい。このボスも、おばさんの家の玄関の前では、子猫のようにかわいらしい声で鳴き、おばさんの知り合いの人間にも、顔を覚えられて、自分が安心していられる場所を、どんどん広げていく。

2010101703しばらくしてまた神社の前を通ると、私が与えたボスの食べ残しを食べていた黒ネコに遭遇した。最近流れ着いた、小柄なネコである。しかしボスと違い、私がこれ以上近づこうとすると、食べている途中でも、その場を離れて逃げてしまう。

| | コメント (6)

2010年10月10日 (日)

B005 フィールドテスト

2010101001レンズが届いてから、ずっと雨だったので、室内でネコしか撮れなかったのだが、明け方には雨が上がって、見事な快晴(鈴鹿も晴れてよかったね)。いつもの公園でフィールドテストとなった。今日は特に絞り値は意識せず、普段の露出で撮ったが、絞り込めば周辺減光もないし、風景を撮る限り歪曲も気にならない。

2010101002こういう撮影は手ブレ補正の独壇場である。これは1/15秒で撮影したが、B005はレンズが短いので、手持ちのバランスは悪くないから、さらに1/8かそれ以下でも、歩留まりは結構いいかもしれない。

2010101003逆光気味のこんなシーンでも、特にコントラストの低下やゴーストは発生しない。もう少し極端な逆光なら、また違った結果になるだろうが、今日は極限状態のテストではないので、普段ならこれくらいの逆光までは気にしないだろうという範囲で。

2010101004日中はようやく30度を切って、普通の夏日になったという感じだが、もうコスモスの季節なのだ。今年は秋の風景を撮るチャンスが少なくなりそうだ。

以上のように、通常の撮影では概ね良好な結果だが、このレンズは、純正のニッコールレンズに比べて、全体に露出が明るめに出るような気がする。旧型のA16では、特にそうは感じなかったので、このレンズ固有のクセかもしれない。

| | コメント (4)

2010年10月 7日 (木)

TAMRON B005 が来た

2010100701先月末に TAMRON A16 をオークションで手放し、その直後、同じ TAMRON の手ブレ補正付きレンズ SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II VC LD Aspherical [IF] Model B005 を注文した。販売店に在庫がなくメーカ取り寄せだったため、少し時間がかかったが、今日無事に届いた。まずは初期不良などがないか、一通りの動作確認である。

2010100702室内のアベイラブルライトのみで、感度を上げることなく、手持ちで、止まっているものなら確実に撮れる。一昔前なら信じられないような話であるが、撮影の幅が大きく広がるのは事実だ。

例によって広げた新聞紙の鳥瞰撮りで、簡単なピントチェックをすると、ほんのわずかに前ピン傾向になるようだったので、D300  の AF 微調整で、5ステップほど後ピンにしてみた。本来ならピント調整は、5メートルくらいの距離をとって、もっと厳密にチェックしてからやるべきなのだが、とりあえず室内で試し撮りするために、試行錯誤で調節してみたのだ。前ピンといっても、望遠端で絞り開放で、ごく近距離で気になる程度なので、通常の撮影なら、AF 微調整のない D200 でもほぼ問題ないだろう。

2010100703続いて簡単な描写力のテスト。ほぼ等倍で切り出した、2枚の比較である。こちらが望遠端で絞り開放。ボケるわけではないが、ピントの芯が出た、その周囲にハレーションぽい滲みが出る。いわゆる典型的なソフトフォーカスだ。

2010100704そしてこちらが絞りを1段絞ってF4で撮影したもの。わずか1段で、にじみがほとんどなくなりシャープな描写になる。この被写体はネコの前足の指先だから、ほぼ最短距離での撮影であり、レンズにはかなり厳しい条件なのだが、十分な解像力である。

まだいろいろな条件で使ってみないと、レンズの特性はわからないものだが、これだけのスペックのレンズが35,000円前後で手に入るというのは、間違いなく「買い」であろう。ただし、あちこちのブログ等でも書かれているが、手ブレ補正の動作音と、動作開始時の大きなファインダーの揺れだけは、かなりの減点である。

| | コメント (8)

2010年10月 4日 (月)

電気振動剃刀

2010100401普通の替刃交換式剃刀が、単4電池と小型モータでブーンと振動する、アレである。初めて見たときには、飽和市場で単なる高価格商品の投入だと思っていたのだが、個人のブログを読むと、使った人がほとんど絶賛しているので、昨日試しに1セット買ってみた。

剃刀の国内市場は、ジレットとシックの2大ブランドの寡占状態で、そこにフェザーと貝印が加わっているという状況であるが、この電気振動タイプも、ジレットが先に発売して、その後すぐにシックからも発売されたように思う。普通の(振動しない)剃刀では、シックの方が私の肌に合うようなので、今回もシックの方を買った。どれも値段がほとんど変わらなかったので、最新のチタンコートされた刃のものである。

さっそく昨夜風呂で試してみると、これはもう従来の剃刀とは別次元の製品である。金曜日から髭を剃らずにいたので、昨日の夜にはかなり伸びていたのだが、まったく抵抗なく肌をなでるように剃れる。何度も往復させる必要がないので、肌が痛くないし、替刃の寿命もいくらか長くなるだろう。

とにかく、これを使わないテはない。替刃の値段がとんでもなく高いが、まあこの種の商品はメーカも消耗品で儲けるしかないので仕方ない。

内蔵されているモータは、おそらく携帯電話のバイブレーション用のモータの流用だろうが、普通の剃刀に、そのモータを内蔵しつつ、ただ振動させるだけというアイデアと、それで劇的に剃り味を改善した、この刃の技術には驚くばかりである。

| | コメント (6)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »