« TAMRON B005 が来た | トップページ | ボスネコ定住 »

2010年10月10日 (日)

B005 フィールドテスト

2010101001レンズが届いてから、ずっと雨だったので、室内でネコしか撮れなかったのだが、明け方には雨が上がって、見事な快晴(鈴鹿も晴れてよかったね)。いつもの公園でフィールドテストとなった。今日は特に絞り値は意識せず、普段の露出で撮ったが、絞り込めば周辺減光もないし、風景を撮る限り歪曲も気にならない。

2010101002こういう撮影は手ブレ補正の独壇場である。これは1/15秒で撮影したが、B005はレンズが短いので、手持ちのバランスは悪くないから、さらに1/8かそれ以下でも、歩留まりは結構いいかもしれない。

2010101003逆光気味のこんなシーンでも、特にコントラストの低下やゴーストは発生しない。もう少し極端な逆光なら、また違った結果になるだろうが、今日は極限状態のテストではないので、普段ならこれくらいの逆光までは気にしないだろうという範囲で。

2010101004日中はようやく30度を切って、普通の夏日になったという感じだが、もうコスモスの季節なのだ。今年は秋の風景を撮るチャンスが少なくなりそうだ。

以上のように、通常の撮影では概ね良好な結果だが、このレンズは、純正のニッコールレンズに比べて、全体に露出が明るめに出るような気がする。旧型のA16では、特にそうは感じなかったので、このレンズ固有のクセかもしれない。

|

« TAMRON B005 が来た | トップページ | ボスネコ定住 »

コメント

内藤さん、お久しぶりです
さすが、これだけしっかりレンズを研究して
使いこなせば、その性能を余すところなく堪能できますね
なんにも知らずに撮ってる私とは大違いです
またこれからもいろいろ教えてくださいね

投稿: ☆ジーナ☆ | 2010年10月11日 (月) 08時20分

☆ジーナ☆ さん

私のホームページのプロファイルのページの「過去に所有していたレンズ」の項目を見ればわかりますが、必要な機材は、自分の撮影スタイルやカメラの特性など、時代に合わせて変化するので、今までずいぶん試行錯誤してきました。しかしここ数年で、ようやく少ないレンズに絞り込むことができました。
コレクタではないので、使わないものはどんどん手放してしまいますが、かなり無駄な買い物もしてきています。

投稿: 内藤敦司 | 2010年10月11日 (月) 11時58分

青と緑が効いてますね!
これからどんどん使いこなして行かれるんでしょうね
また作品見せてくださいね
楽しみにしています

投稿: ゆりあ | 2010年10月18日 (月) 08時40分

ゆりあ さん

青空は露出を落とすことで、イメージ通りに青くなることが多いですが、緑に囲まれた場所というのは、案外カメラのホワイトバランスが狂ってしまうことが多いので、こういうシーンでは、ホワイトバラバランスを「オート」ではなく「晴天」とか「太陽光」に固定して撮影したほうがいい場合もあります。
レンズのせいというより、露出やカラーバランスの方が、写真の出来に影響しますね。

投稿: 内藤敦司 | 2010年10月18日 (月) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TAMRON B005 が来た | トップページ | ボスネコ定住 »