« D7000 に触れてみた | トップページ | 電気振動剃刀 »

2010年9月30日 (木)

TAMRON A16N II が去った

20100930012年半使ったレンズ、TAMRON SP AF17-50mm F2.8XR Di II LD ASPHERICAL (IF) Model A16NII をオークションで売った。私が持っているレンズの中で、一番新しいレンズを何故? もちろん同じタムロンの手ブレ補正付き、SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II VC LD Aspherical [IF] Model B005 に買い替えるためである。

A16(手ブレ補正なし)を買った時には、まとめて手放した単焦点レンズの代わりとして、他に選択肢がなく、単焦点には手ブレ補正などついていないのだから、これで十分と思っていたのだが、実際に他の手ブレ補正付きズームレンズと組み合わせて使うと、大口径ほど手ブレ補正が活きると感じるようになってきた。そこに、新型の B005 の登場である。

最初は値段が高いので、無視していたのだが、発売後1年を経て最安値が定価の半額近く、35,000円程度にまで落ちてきた。A16 の最安値と1万円も変わらない。そこで、A16 のオークション相場を調べてみると、ほぼ2万円弱で落札されていることが分かった。これなら、うまくいけば15,000円の投資で、B005 が買える。というわけで、A16 に保護フィルタをおまけで付けて、即決価格20,000円で出品すると、わずか2日で落札された。

落札者から代金が支払われたので、昨日 A16 は私の手元を去り、現在は B005 をどこで買うか検討中である。次のブログは B005 のファーストインプレッションかもしれない。

|

« D7000 に触れてみた | トップページ | 電気振動剃刀 »

コメント

すぐに買い手がついてよかったですね
写真の趣味と言うとまずお金がかかる、というイメージですが、内藤さんは上手く計算しながら楽しんでおられますね
私も見習いたいと思います
次回の報告を楽しみにしていますね

投稿: ゆりあ | 2010年10月 1日 (金) 07時41分

ゆりあ さん

デジタルカメラと違って、レンズは買い時、売り時が難しいです。
古くなって、だんだん値が落ちていくというものではなく、新製品の評価が芳しくないと、旧製品にかえって人気が出たり、新しいカメラが発売されてから、古いレンズの評価があがったりとか、また人によって好みがずいぶん違うので、一部に熱烈なファンがいたりもます。
中古カメラ店に売ると、一般的な相場で値がついてしまいますが、オークションはその点、どうしてもそれがほしい人を、比較的簡単に見つけることができますから、自分に不要なものでも、思わぬ高値で落札されたりしますね。

投稿: 内藤敦司 | 2010年10月 1日 (金) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« D7000 に触れてみた | トップページ | 電気振動剃刀 »